ひろくん、ありがとう | 環の会 -Motherly Network-      育ての親と養子として育った子どもたちからの声

環の会 -Motherly Network-      育ての親と養子として育った子どもたちからの声

環の会で子どもを迎えた家族からの声をご紹介します。
※子どもの名前はすべて仮名です。

我が家のひろくんは1歳になる少し前から、指差しで自分の意思を伝えるようになりました。

「あっちにいく」「すべり台にいきたい」・・・

そして食事の時は「あれが食べたい」「これが食べたい」とはっきりしていて、う~う~と食べたいものを指さして何度も催促します。

食べさせてもらうのが嫌で、自分で食べないと口を開けてもくれません。おかげで、支度をして並べてあげれば自分で食べてくれるので、手がかかりません。

食べっぷりがいいので、パパもママも「えらいなぁ」と感心しながらびっくりしています。

というのも、おねえちゃんは未だに食べさせてもらうことが多いからです。私たちが手をかけすぎたせいもあり、また、ひろくんが来てから赤ちゃん返りをした部分もあるようです。

 

ひろくんはお隣のおばさんが大好きで、来ると必ず抱っこをせがみます。いつもよく遊んでもらったり、食べさせてもらっています。この間の誕生日には、おばさんの娘さんがケーキを作って持ってきてくれました。

会えば必ず声をかけてくれる人がいたり、周りの方々に見守られてきました。

ひろくんを迎えてこの一年は私たちにとっても大変だったなぁと思います。でも、ひろくんの笑顔がいつも私たちをしあわせにしてくれました。

ひろくん、ありがとう。これからもよろしくね。