Youthのつどいを開催しました | 環の会 -Motherly Network-           育ての親からの声
新型コロナウイルスに関する情報について

環の会 -Motherly Network-           育ての親からの声

環の会で子どもを迎えた家族からの声をご紹介します。
※子どもの名前はすべて仮名です。

環の会で縁組みをした子どもたちのおしゃべり会・「Youthのつどい」をオンラインで開催しました。

「子ども」と言っても、10代半ば~20代半ば。思春期真っ只中もいれば、「思春期・・・懐かしい」と、あの頃を達観できる人もいて、それぞれの立場からお話ししてくれました。

「産みの親」さんへの思い、育て親さんたちから受けた「テリング」、友達への「テリング」、「育て親」さんへの思いなど、養子として迎えられたからこそ話せることがいっぱい出ました。

 

最初に今年のおしゃべり会をどう進めていこうかと何人かの子どもたちに相談したとき、「同じ境遇の子と話してみたいって思ったことがない」と言っていた人もいました。しかし、終わってみると「おもしろかった」「みんな、愛情深く育ててもらってるんだなって思った」と話していました。

そしておしゃべり会の最後には「定期的におしゃべり会やろうよ。テーマとか設定しなくていいから、近況報告とかちょっとやったり・・・」という声がみんなから上がりました。

そして、「コロナが空けたら、リアルで集まりたいね」と。

 

3月21日のシンポジウムには何人かの子どもたちが「シンポジスト」として登場し、その後のグループトークにも参加してくれます。

環の会は子どもたちにも支えられているなぁと、改めて実感しました。

みんな、ありがとう!

(事務局M)

 

↓一昨年の「Youthのつどい」。来年はリアルで会えるといいなぁ