我が家の仲良しやんちゃ兄弟 | 環の会 -Motherly Network-           育ての親からの声

環の会 -Motherly Network-           育ての親からの声

環の会で子どもを迎えた家族からの声をご紹介します。

兄の柊々人(ひびと・仮名)は9月に7歳に、弟の桧友(ひゆう・同)は4月で1歳になりました。
やんちゃで元気な男の子2人に囲まれ、バタバタしながらも家族4人元気に過ごしております。


兄の柊々人は今年の4月に小学校1年生になりました。

小学校には同じ幼稚園から入った友達がひとりもいなかったため、父母は「友達ができるかな」「学校に馴染めるかな」ととても心配しましたが、持ち前の明るさで今では放課後に家を行き来する程仲の良いお友達がたくさん出来て、学校にも楽しく通っています。
5月までは緊張からか何事にも一生懸命で、家に帰ってきても着替え、宿題を自分から進んでやっていましたが、6月ごろから疲れがでてきたのか、母が「そろそろ宿題やったら」と言うと「今やろうとしていた」「いちいちうるさい」と口答えするようになり、また、思い通りにいかないとすぐ腹を立て、弟の桧友にも当たるようになりました。
そんな柊々人の変わりように戸惑う父母ですが、これも成長の過程と思い、日々試行錯誤しながら接しています。
一学期は3日ほど学校に行きたくないと言いましたが、片道1.7㎞、40分の道のりを汗だくになりながら登校しました。
毎朝、父は大通りまで見送るのですが、歩く後ろ姿を見ると毎日頑張っているなあとつくづく感心しました。
お蔭さまで一学期は病気もせず、一日も休まず学校に行く事ができました。


弟の桧友は1歳までは食欲旺盛で皮膚は少し弱いものの、健康優良児そのものでした。

今年の3月頃より急に高熱がでて酷く咳き込み、月一ペースで風邪を引くようになりました。
この7月にも、急に咳が出て39度の熱が4日続き、咳もなかなか治らずとても心配しましたが、元気になり今は食欲も戻り、ほっとしています。
2歳になり、他の子と比べると少し遅めですが、少しずつ言葉も話せるようになってきました。イヤイヤ期にも突入し「やらない」「いらない」など嫌な事ははっきり言います。
柊々人兄ちゃんが大好きで、母が「お兄ちゃん学校から帰ってくるよ」と言うと「おんもいく」と玄関に一目散に行きます。
5歳離れている兄弟ですが、二人のブームはドラえもんの歌を歌いながら踊る事です。夜寝る時は二人ともハイテンションになりふざけ合い、とても楽しそうです。


いつまでも健康で笑い合える、仲の良い兄弟でいてほしいと願う父母です。