世界一の宝もの つむぎちゃん(仮名) | 環の会 -Motherly Network-           育ての親からの声

環の会 -Motherly Network-           育ての親からの声

環の会で子どもを迎えた家族からの声をご紹介します。

つむぎは3歳と5か月になりました。
生後6日目の出会いから、濃密かつ長くて短い子育ての日々。
楽しくて、辛くて、眠くて、笑っちゃう、育児の喜怒哀楽とともにある幸せ。は~、毎日あっという間ですね。
最近、アラフォーの母は、減りゆく体力と増えゆくつむぎの体重に耐えかね、抱っこからおんぶにスタイルチェンジ宣言。かなり楽になりました。
「らっこ、らっこ(だっこの意)」とすがられて困り果てている、そんなあなたにおすすめです。

さて、つむぎのマイブームは「リアルケーキ作り」です。
朝でも夜でも、隙あらば「ケーキ作りたい!」とせがみます。内心、『うぅ!すっごい散らかるから、正直避けたいタスク来た!』と思いつつも、母は、彼女の忠実な召使い兼、口うるさい小姑として作業をサポート。

小さいながらに、ちゃんとボール・泡だて器など用意し、ガスの着火や火加減調整も出来るようになったのでつむぎはホントすごいなぁ!

おかげで毎日のように焼き立てのパウンドケーキ・ビスコッティ・ホットケーキと、粉まみれの台所が生産されています。

材料として、我が家で飼っている三羽の鶏の卵集めからつむぎは体験しています。やっぱり何事も、実際作業しないと出来るようにはならないですよね!
「生きる自信と飯のタネは自身の手技から湧く」が私の大事にしている事柄。体験から気づきがあり、そこから創意工夫がうまれる。つむぎにも、人生の色々を乗りこなすスキルを増やしてあげたいです。

心配性の父は、私とつむぎが一緒に包丁でリンゴを剝いていたりするとドキドキのようですが。


最後に、つむぎを「世界一愛している」産みのお母さんと、毎日をこんなに豊かにしてくれるつむぎに心からのありがとう。