子どもの失敗をいかし、成長につなげる親テク! | ★帰国子女3兄弟ワーママの人生味わい尽く師ライフ★
新型コロナウイルスに関する情報について

★帰国子女3兄弟ワーママの人生味わい尽く師ライフ★

個性をいかし自信をつける
”AI時代の子育てバイブル”
[STIメソッド]をお伝えしています。
日本・海外での三兄弟育児で確信した、
<AI時代を生きる子ども達に必須な力>を
簡単に家庭で育めるよう体系化しました!
ペアレンツアカデミー東京主宰。

☆ランク入り記事☆

✳︎汗かき男子が感動!ユニクロの逸品で快適♪

https://ameblo.jp/wa-iku/entry-12601258158.html

 

✳︎夜オムツ卒業!までの軌跡

https://ameblo.jp/wa-iku/entry-12014470167.html

 

✳︎食べ盛り3兄弟焼肉の流儀

https://ameblo.jp/wa-iku/entry-12584280872.html

 

✳︎一目惚れ購入し、2年未使用だった白ホットプレートを検証

https://ameblo.jp/wa-iku/entry-12595786876.html

 

✳︎スーパーで小銭払いを拒否された三男がとった行動

https://ameblo.jp/wa-iku/entry-12596477039.html

 

✳︎中2男子のコミュ力の磨き方

https://ameblo.jp/wa-iku/entry-12596958742.html

 

___________________________

 

こんにちは!

 

個性をいかし、自信をつける

AI時代の家庭教育クリエイター


YUI@ペアレンツアカデミー東京

 

です。

 

 

先日、ポン(三男・小4)が

サッカーの某セレクションに

チャレンジしました。

 

(全2回で合否決定のセレクション)

 

 

COVID-19明けとしては

初となった公式な場でのサッカー。

 

 

数ヶ月ぶりに私も観戦できる

チャンス♫

 

だったので、

 

予め予定を空けておき、

 

セレクション会場に送って、

そのまま観戦。

 

 

会場に行ってから知ったのは

合格するにはかなり熾烈な倍率を

勝ち抜かねばならないということ。

 

 

想像していた倍率とは

かなり違ったので

 

「大丈夫か?」

と一気に不安に…(・_・;💦

 

 

ポンは、本人なりに頑張って

いたように思うけれど、

 

”いかに自分をアピールできるか”

 

が明暗を分けるセレクション

でのプレーとしては

 

物足りなく、親としては

歯がゆい思い感じ(^_^;)。

 

 

「なんでもっと声を出さないの?」

 

「そのシュートは外しちゃダメな

 やつだよね?」

 

「もっと積極的にボールに

 絡まないと!!!」

 

「指示出ししてないで自分が

 動こうよ!」

 

 

もう、心の中でいっぱい

叫んじゃって。。。(^_^;)

 

 

思わず声が漏れてしまっていたかもw

 

 

 

ギャラリーの親達は皆

必死に我が子が活躍するのを

祈りながら見守っていたので、

 

とにかく熱気がすごい!

 

 

そんな中で、キラリと光る

プレーはやはり目をひき、

 

 

「あの子は合格だな。」

 

とか勝手にジャッジしたりして。

 

 

そして、

我が子のアピール不足に

焦りを感じる。

 

 

そんな繰り返しの2時間。

 

 

 

セレクションが終了し、

 

帰宅した後ポンに質問。

 

 

私:「どうだった?」

 

ポ:「よく動けたと思う。」

 

私:「たしかに。

   で。今日は何点のプレー?」

 

ポ:「60点」

 

私:「そっか。

   60点で合格できるかな?」

 

ポ:「いや。。。ダメだと思う。

   でもさ。チームが悪かったよ。

   だってさ・・・。」

 

 

と、セレクションで

組まれたチームメイトの

ダメだしを始めたではないかっ!

 

 

私:「ちょっと待って。

  もしかして、自分が思うように

  プレーできなかったのを仲間の

  せいにしようとしてる?」

 

ポ:「だって。

  確実に当たり外れあるじゃん!」

 

 

たしかに。

 

突然集められたメンバーで

その場でチーム分けされるので

メンバーの当たり外れはあるかも

しれない。

 

 

でも、それは皆同じ条件

 

そこでいかに実力を発揮できるか

セレクションだし。

 

運も実力のうち!

 

 

そんなことも説明し、

引き続き会話。。。

 

 

私:「あのね。たった2時間の

  セレクションで、

 

  ”仲間のプレースタイルを

  変えよう” とする発想は

  捨てた方がいいと思う。

 

  プレー中のポンの一言で

  その子の動きが

  激変するくらいなら、

 

  はじめからその動きしてるよ。」

 

 

ポ:「たしかに。。。

  じゃ、どうすればいいわけ?

 

  だって、ディフェンスなのに

  守らず攻めちゃうんだよ?

 

  そしたらこっちが攻めれなく

  なるじゃん!!」

 

 

私:「人は変えようとするんじゃなく、

  どう活かすかを考えるんだよ。

 

  ちょっと難しいかもしれないけど、

  変えるのは自分の方。

  人じゃない。

 

  どうすればよかったと思う?」

 

 

ポ:「・・・・。

 

   あぁ。そういうことか。

 

   アレがコウでソレがアレで。」

 

 

私:「ソレ、サッカーノートに

  書いておいたら?」

 

 

ポ:「そうする!」

 

 

で。

 

ポンは黙々と

サッカーノートに記入。

 

 

 

私はソレを見守りながら

ちょっと覗き見。

 

すると、

 

ダメだったポイント”しか”

書かれていない!!!

 

 

 

私:「反省点を書いて、次どうするか

  決めているのはすばらしいけど。

 

  できた事についてはなんで

  かかないの?」

 

 

ポ:「え?できているのに書くの?」 

 

 

私:「できてた点は更に伸ばせば

  強みになるよね?

 

  できなかった点は改善すれば

  それも強みに変えられる。」

 

 

ポ:「おーーーーーーっ!!!

   無敵(^-^)v」 

 

 

私:「そうそう。だから両方ちゃんと

  書いて、自分で知っておくことが

  大切!

 

  明日から頑張って

  次回満足いくプレーをしよう!

 

  応援してるよ!」

 

 

ポ:「うん♫」

 

 

 

 

はい!

 

長々読んでくださり

ありがとうございます!

 

 

この件で、何をみなさんに

伝えたかったかというと。

 

 

「できない点」に着目して

改善点を見つけるだけじゃなくて、

 

「できている点」もしっかり

認識して、そこを褒めて

更に伸ばすことも大切!

 

 

ということ。

 

 

できなかった点ばかりに目が

いきがちだけど、

 

できた点も

見ることを習慣づけると、

 

それぞれを

どうしていけけばいいか

考えることができる♫

 

 

すると、

 

自己評価がたかまり、

自信がつくし、

 

 

しっかりと、達成感を

味わうことができるので

 

次へのやる気に繋がって

いきます!

 

 

我が子の失敗をいかして

ぐんと成長♫につなげる

「親テク」。

 

 

お試しください!

 

いつも読んでくださって

ありがとうございます(^^)

 

 

 

 

 


 

☆__指示出し子育てから探究する子育てへ

    個性をいかし、自信をつける

   AI時代の家庭教育クリエイター__☆

 

ペアレンツアカデミー東京]

【子育てがもっと楽になる!

親テク満載☆ メルマガ登録】
https://patokyo.jp

 

【話してスッキリ!オヤトークカフェ】

https://www.facebook.com/groups/oyacafe/

 

【インスタグラム】

https://www.instagram.com/yuiodagi/

 

【フェイスブック】

https://www.facebook.com/yui.odagi

 

【子育てを楽しく!公式LINE登録】

https://lin.ee/mDwlBjZ

 

ーーーーーーーーーーーーーー