ロンドン補習校の説明会へ★ ワタクシ、補習校をナメてました・・(TдT) | ★帰国子女3兄弟ワーママの人生味わい尽く師ライフ★

★帰国子女3兄弟ワーママの人生味わい尽く師ライフ★

約4年のロンドン生活を経て帰国。帰国子女3兄弟の教育・育児に奮闘しつつ仕事する中で、自分らしい働き方を模索し、実践中⭐︎
アクシデント満載な日々を楽しみながら、こどもと共に成長したい。


テーマ:
日本でいうと、4月から年生のジャン。
ロンドンで毎週土曜日開校のロンドン補習校に4月から入学するため、
その説明会へ行ってきましたー!

ジャンが通う予定の学校は平日は日本人学校。
歴史を感じる趣きのあるステキな校舎♪
photo:01

補習校の存在は、帰国子女の友人から聞いていたので昔から
知っていたのもあり、時期がくれば当然通うものとして受け入れて
いたものであり。

しかも勝手にお稽古事の延長か塾的な存在という位置づけでいたのだけど、
その考えはとんでもなかった・・・Σ(´∀`;)。。。

photo:02

まずは、入学について。

入りたい人は手続きさえ踏めば入れると思っていたのだけど、
そんな甘いものではなく、手順も何もかも学校と同じ。

願書を書き、
期限までに提出し、
説明会への参加必須で、
その後面接の日程が送られてきて、
決められた日時に面接を受けて審査をまち
その結果、入学OKとなってやっと入学!となる。

面接で落とされることはよっぽど日本語がチンプンカンプンとかでなければ
まずないみたいではあるけれど、一連の手順を踏まねばならないのは
結構大変!!

photo:03

補習校の目的としては、日本での授業についていけるように日本語の
勉強をすることが主なので、9時30分から12時30分までの授業は
すべて日本語。 というか、国語。

当然のことながら親の送迎必須。

入学すれば毎週土曜日は補習校通いとなるのだけど、我が家の場合
夫が土曜日勤務なのでその送迎は全て私がやらねばならない( ;∀;)。

今日の説明会にしても、子供同伴NGという記載があったので
3人をシッターさんに預けて参加し、その費用は£80弱。
日本円にして12,000円程。 結構痛い出費。

その上、補習校の実態を知るにつれ、涙ナシには語れない(笑)状況が
明らかに!!!

ツラツラ書くと話がなが~くなってしまいそうなので、
かい摘んでご説明。

題して”スミマセン! 私、補習校をナメてました!!” 

ナメポイント①

宿題たっぷり!!
一週間分の宿題を土曜日に渡されるので宿題がたっぷり出るそうな。
日本の学校の勉強と同レベルを保つためには結局は家での勉強が
必須ということらしい・・・(-_-;)

ナメポイント②
学級委員、代表委員、図書係、古本セール係、わらべの会係、読み聞かせ係、
交通整理係・・。
と、親の係がたくさんある。
そして、それらは
皆それぞれに割り振られ、学校に赴きお仕事をしなければ
ならない。
我が家の場合、夫婦で分担することが出来ず(シツコイようですが、夫が
土曜日勤務(>_<))、全てそれらを私がやらねばならない上に、4歳&2歳の
boysがおりまして・・・。
かなりブルー。 
2人をオンブに抱っこで交通整理するか?!

ナメポイント③
土曜日開校の補習校関連のことは夫にお願いすることが出来ないということを
現実問題として状況把握していなかったので、今更ながら4月以降
土曜日のことを考えて気が重くなっている。

ナメポイント④
補習校は日本の小学校と同じ休み体系でスケジューリングされているので
現地校のお休みと合わないため、旅行等を見直す必要が出てくる可能性アリ。

ナメポイント⑤
当然認識していたけれど、毎週土曜日の送迎必須。
車で行くつもりだけど、9時過ぎに送って12時過ぎに迎え。
行き帰りの時間を抜くと2時間ちょっとの時間をそうやってすごすか。
一旦家に帰る? 学校で待機??
いずれにしても、ケン&ポン連れとなるから何か策をねらねば・・。


あぁ。。。。_| ̄|○
大変ですわ。
海外育児。

平日の学校の宿題に加えて土曜日の補習校の宿題。

親も大変だけど、子供も大変だわねー。。

という現実に直面してきている今日このごろなのでした。

またお勉強事情については随時レポートします★


補習校行きのバスを個人手配できないか探ってみようかなー。。
同じエリアの子たちを募って園バスつくっちゃえばいいんだよねぇ。
ブツブツ。。。

何とか良い手はないかと妄想中な私(=^・^=)



YUI ☆ 人生味わいつく師さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス