ご覧いただきましてありがとうございます

 ↓↓

人気ブログランキング

霊視ランキング
全世界の人々の幸せをお祈りいたします

今日は、鏡について、ちょっと怖いお話をしたいと思います
> わたしのブログをみてくださる方へ、わたしがみる、みえるほんとうの真実をお伝えできればと思っております

能力者であっても、得意不得意があるのかもしれませんし

真に、信じられないと思われるかもしれませんが

わたしは、神社によく詣でにいきますが

お願いごとばかりしているわけでもありません

体調が悪いときは、魔を祓うためにその念を堕としに行きます

神社に行かれたことある方は、わかるとおもいますが、ご神殿前に大きな鏡、ご神鏡がありますよね

 

神様が宿ると言われている

 

「依代(よりしろ)」

ここからは、わたしの見解ですが

魔を祓う、跳ね返すもののように感じるのです


いつも目があわないですよね…

 

ほんとうに、ご神鏡が依代であるなら…

 

人の目につく場所に置くものなのでしょうか?

だから、あわない、あわせられない場所に置いてありますよね


わたしのようなものが

もし、念を写して、憑してしまっては大変なことになるからですね(笑)

だからちゃんとご神殿の前にご神鏡があります

わたしは、過去世でも色々とヤラカシておりまして
(※興味ある方は、わたしの過去ブログをみてくださいね。)

元より、人ならぬ、人であり、人にないものを

神より賜っておりました

その能力は、罪を冒したことで、すでに封印されてしまい

現世では、遣うことはできないのです

しかし、遣うことはできなくても

そのある一部の不思議な力は、与えられております

現世で、過去世を知ることで蘇ることになりましたが

最近は、少しずつですが、その力が強くなってきております


人の念をうける方、うけやすい方もいらっしゃると思いますので、少しお伝えできればと思います

何か具合が悪いな、なんなんだろ、この変な思考が勝手に入ってくるな?

とか、ありませんか?

皆様、いつも見る鏡には、ほんとうは何が写ると思いますか?


無意識に見る、何処にでもある鏡なんですが

よく公衆トイレや、学校、職場の鏡とかも何気なく
みてしまいますよね…

わたしは、朝、起きたら身支度するために一度しかみないようにしています

家にある、自分専用の物だけです

家族用の洗面台は、使いません

皆様は、いつも何を思いながら、その鏡を使っていますか?

もし、心ない人々が

嫌いな人を妬みながら、その怒りを
ぶつけていたら

もし呪いながら、誰かを妬み、そして死んでしまったら

その鏡がもし、その相手に渡されたら…

考えただけでも、恐ろしいのです


信じられないかもしれませんが、その念は、生きながら鏡に写り込みます

そして、呪いたい人に、自分が憑くものも

移動します

もし、その人が、そのような能力があって

何かを使役していたなら

それらも、もれなく憑いてきます

生きながら、自分自身の念も、相手に憑きますが

そういう方は、死霊もたくさん憑いてることもごさいますので、もれなくセットで憑いてきます

写した人は、自然と体調も良くなるはずなのです

魔をうつすから

これは、わたしが体験したほんとうにあった出来事です

わたしの元上司からプレゼントされた物=モノ

【あなたの顔、怖~いんだから、仕事する前にこれで見て】って、渡されたモノ

これ、言われただけでも、充分腹立たしいことなんですが(笑)

嫌味に聴こえて、怒りがこみ上げてきたけど

首から上が見えるほどのその大きな鏡を渡された瞬間、鏡をたたもうとしたその一瞬のすきに、自分の顔と目があいました

ヤバイ……

そう、思ったけど、遅かったのです

わたしには、それがもうみえていましたが

一般の方には、きっとわからないかもしれません

元上司は、良かれ?と思って、そう言ったかも?しれませんが

わたしには、そうはおもえませんでした

いま、憑ったな……

そう感じても、もう時はすでに遅しでした

元上司は、無意識にかな、それができる人なんですよね

もしかしたら、わかっていて?している可能性があるのですが

鏡をプレゼントする行為が

呪術者がすることのようにおもえるのです

憑った魔、それは元上司に憑く悪魔でした

貰ってしまったのですが(笑)

わたしは、たまらずその場所、そして上司から逃げました

ま、このように、以外と人の輪を乱すことが

好きな人がいるのです

元上司は、職場のみんなに、その鏡で顔を確認?するために

プレゼントしたと言っていました

怖い顔をしないように?!?だそうです

そこで、元上司を慕っている数人は

何も知らずに、わからないから、毎日顔をみていたようですが

しかし、その数人の職場の方に、やはり魔は憑っていました

本人たちには言えませんでしたが

わたしに悪魔が憑ったように、一体ずつ憑いてると思いますよ


そうやって!自分の思うように、人を操ることが

できるのです

人に、笑顔になってほしいから?!?

でも、魔物を遣ってするものではありませんよ

その職場の数人は、無理して笑顔を作って、人に接しておりました

とくに、精神的に弱い子ほど、必死になって頑張っていましたが

わたしには、やがて精神的に疲れがでてきて

これは大変な事になるな、とは思っております

必死に、元上司のために、気に入られるようにしてするものではなく

作られた作る笑顔ではなく、自然にでる笑顔が大事なんです

鏡ではなく、愛情でできるものです

言葉でできるのではないでしょうか?

【あなたの、いつものその笑顔は素敵よ】そんな感じで

それだけで、救われるものです

自身のなくなった人が目の前にいるのなら

その怖い顔みてみたら?ではありません

わたしは、魔物たちと契約するつもりは一切ありませんので

職場は離れました


そのように、悪魔を使役して、職場の人に憑かせ

操ること

なんとも恐ろしいことです

あの魔の黒い影が漂う顔をしている元上司さん

わたしには、あなたがそのような人だとはわかっていましたが

言えませんでした

許されてないから

本人が気づくまで、それは神様がすることなのでしょう

わたしではないですね…

もし、そのような方が改心して

わたしを頼って来られるなら、神にお願いして悪しき魔を祓うならば、新しい良きものを託してさしあげることもできなくはないです

こちらは余談ですが…

神社のご神鏡のお話をしましたが

何年か前に、テレビ心霊番組で、結婚式場で結婚式をあげているカップルをビデオで撮影された映像があったのですが

唯一、本物であるかな?と思えたものでした

それはご神鏡に写りこんでいたのものでした

黒い憎しみを持って、影となった顔が、憎いその醜い顔になって(※もうすでに顔は半分崩れておりましたが)睨んでおり、一瞬、振り向き、そして消えました

わたしには、女性に視えましたが

なぜ、あの結婚式場のご神鏡に写ること※憑ることができたのか

わたしは結婚式場に勤めたことないのでわからないのですが

その映像のカップルには直接関係ないかもしれません

かつて、その結婚式場に勤めたことある方か、その時に勤めていた方で、結婚式に対して非常に憎しみを持っていたその念が写り込んだものであるように感じました

清掃ついでに……もしかしたら、そのご神鏡を睨みつけたのではないかと思います


その結婚式場で結婚式をあげた方には気の毒ではありますが

このように、鏡とは表裏一体

反するもの二つのものが、おおもとでは一つであること
または、二つのものに関するものが密接で切り離せないもの

だから、信用していたとしても

鏡だけは、いただかないほうが良いと思います

鏡は、自分で選んで決めましょう

どこか出掛ける場合は、手持ちの自分専用の手鏡がよいです

そして、特に結婚式場などで式をあげるのではなく

その結婚式場は披露宴だけにして

神前式は、氏神様で結婚式はあげたほうが良いですね

魔が入り込めないご神殿のご神鏡前であげたほうが安全です


これから、結婚式場を決める方はお気をつけください

 

そのご神鏡に何が写って?※憑っているかわかりませんから……


人気ブログランキング

霊視ランキング 

↑↑
ご覧いただきましてありがとうございます