人気ブログランキング

人気ブログランキング 

↑↑
感謝~ご覧いただきましてありがとうございます

~斎王~

すご~~く、話すのをためらいましたが、あまりにもお二人の批判的な記事が多いので、思い切って書こうと思います

ここで、お話することは、わたしが霊視してこの眼でみえたことです

素人の霊能者?ですが、たまに本気でみえます(笑)

わたしの守護神様の前世は、その昔、斎王をされていました

宇迦之御魂神様と縁あって、眷属神様をおかりして、わたしの守護神様にさせていただいています

一度、守護神様の前世について、くわしく説明してくださいました

日の本の神々と天子様と民のために、眷属神になるためだけに、天の遣いになられた斎王様

その一生を捧げること、恋も、結婚も、子を宿すことも許されない、できなかった過去世

ずっと栫の中に、匿われて、禊だけの日々

顔もさらすことも、身体もさらすことも許されない

それは、なぜか?

選ばれるは、天命。徳を持って生まれて、そして、その徳は、全ての民の平安と富のための祈りに流される

崇高な魂でなければ、なることはできなかった

転生最後の魂は、内の姫御子でなくてはならなかった

神に選ばれし魂

すごいですね、いまじゃ、考えられない時代です

しかし、そうではない魂もあるんですね

やはりいまの現代に、その身分に生まれることは

逆に、とてもラッキーなのです

それは、それは、その昔に、沢山の斎王様たちが、神になるために選ばれ、眷属神になられ、いまも頑張ってらっしゃるおかげですね

その昔に、好きな相手と結婚も許されなかったある斎王様

そして、それを泣きながら送りだした王子様

やっと、自由に生きれる時代に、恋ができるその身分でお生まれになられて、お二人が未年生まれで同じく誕生月も一緒。宿命です

わたしからしたら、本当に喜ばしいことです


内なる姫御子様が、お泣きになられている姿がみえました

ソファーがみえ、そこに横たわるように、「わたしは、お友達がほしい」と大粒の涙を流されているところに、あやされている妃殿下様

そうでしょう、自由に普通に生きたいですよね

いまの時代は、普通学校に通えて、電車にも、車にも乗れて、旅行にもいけますもんね

彼との出会いを許して欲しかったのでしょう

お友達として、お付き合いなさりたかったのでしょうね

やっと出会えたのですから、祝福してあげましょうよ!!


普通に生きたい、自由に生きたい、叶わなかったあの時代ですから

いま、その身分にとらわれない時代だから、お二人は恋愛をできたのです

月を内の姫御子様、太陽を若王子

それは、皇子の御子、だから太陽です

この方の前世は、王子だと思います

月を、内なる姫御子様になぞらえたのは

きっと前世の影響でしょうね……
斎王様であるがゆえ、月を、日々眺めていたようです

姫御子様は、斎王のようですね

今でも男系でしか皇子になれないです
お遣いにはなれますが、この国の天子様にはなれません
あの時代は、お二人の身分は、彼の方が上だから


だから婚約会見のときに、本音が出たのでしょう
お二人には、もうわかってらっしゃるんですよ

あの時代のいとこ同士か、それよりは少し遠い身分かもしれませんが、幼少期は、一緒にお過ごしになられていたようですね

今世は、その真逆でお生まれになられている

王子が、つぎは身代わりになられた

だから、この方の家庭のこととかを避難することが間違っています

いまの時代、借金なんてどの家庭だってあることですし、非難することが間違いです
借金を理由に、彼と結婚はできないような記事は間違っているかもしれません

身分を理由に、差別しているような感じですが
凄く残念ですね

お二人には、本当に幸せになってほしいです

あの時代に、その高貴な生まれであるがゆえに

結婚できなかったお二人です

今世紀は、必ず結婚できるはずですから

また、今世でしばらくの間、遠距離で離れ離れなのは、前世も離れ離れだったからです

斎王様であった、あのときに、同じ太陽をみて
月を見て、恋心をいだいたまま、永遠に会うことが叶わなかった

いまは、その学びですね

次こそは、試練を乗り越えてほしいものです

あの時代は、王子の方が、その身分から反対されているようですね

出自が大事だったあの時代は、皇位も母親の身分で決まっていたとか

内なる姫御子様と王子も、また母親の出自で反対されたのでしょう

だから、その身分から姫御子は、斎王にならざるおえなかった

斎王にさせてしまい、そして、都から追いやってしまったあの日

今の時代も、マスコミもお母様をこぞって批判してますよね

酷いな、、ほんとに。

でも、それをわかっていて、承知で生まれたのでしょうからしかたない。今世では、彼が批判され、母親のことで非難されるのは、因果応報なのかもしれません

王子の血縁者が、逆に姫御子を非難したのかもしれませんから

なんとしてでも、頑張ってほしいです

乗り越えてほしいですね

かげながら応援しています

王子なら、乗り越えることできるよ

内なる姫御子様との縁は、永遠だと思います

だから、だから、太陽と月に願いを込めて

千年の時を乗り越えて

あのときの恋を叶えて、無事に結婚式あげてくださいね

楽しみに待ってます




人気ブログランキング 

↑↑
感謝☆福の神
ご覧いただきましてありがとうございます