どこが「改」なのかは、簡単に言うと充当車両と運行区間です。

 

まず車両は現行だとHK100形ですが、北越急行がJR東日本から651系4両編成2本(K205、K207編成)を買い取って”スノラビ塗装”にして当列車の運用に充てます。

 

そして区間は、現行だと越後湯沢~直江津間ですが、これを金沢まで伸ばします。

 

そう、何がしたいか端的に述べると「1往復でいいから特急はくたかを復活させたい」ということです。

 

以下は下り電車のダイヤです。

 

(東京発新潟行き「Maxとき307号」に接続)

越後湯沢 9:57 (もとは越後湯沢発直江津行き3832M)

 

十日町 10:20/10:21

 

直江津 10:51/10:52

 

糸魚川 11:16/11:16

 

黒部 11:47/11:47

 

魚津 11:51/11:52

 

(滑川で546Mを追い抜き)

 

富山 12:03/12:05

 

高岡 12:16/12:17

 

金沢 12:42

 

ところで今回から文字に色をつけてみましたが、どうですかね。

 

それでは!