長男(中1)の言葉に凹んだ話 | ワーキングマザーのための時短勤務でも目標達成できるようになるコーチング

ワーキングマザーのための時短勤務でも目標達成できるようになるコーチング

ワーキングマザーのための時短勤務でも目標達成できるようになるコーチング


テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

子どもを育てていると、ときどき、やるせない気持ちがこみ上げるときがあります。

 

かわいい子どもたちですから、いつも彼らの喜ぶ顔を見たいです。

だから、いくらでも好きなようにさせてあげたいけど、発育上よろしくないこと(三度の食事に影響するほどお菓子を食べる、お行儀・マナー・エチケット違反、ゲーム中毒、深夜まで夜更かししてマンガ等・・・)は、放置できません。

心身共に健やかに育てる責任?義務?があるので。

 

・・・なんだけど、親から注意されるのが気に入らないのですね、子どもは。

 

もっとゲームやりたい!もっとお菓子食べたい!深夜まで夜更かししてマンガ読みたい!自由にやりたい!・・・ワケです。

気持ちはとってもよくわかりますけどね。

 

家庭内では、私と子ども(とくに中1長男)の間で大小様々な攻防が日常的に繰り広げられるわけですが、先日は『ママってさ、僕が何を言っても逆切れするよね』と言われ、凹みました。

 

逆切れとは・・・

対人関係において何らかの迷惑を被った被害者が迷惑を与えた加害者に怒りの感情を表しているとき、加害者が自分が怒られていることに耐えきれず、開き直り的に被害者に向かって逆に怒り出す現象を指す(by Wkipedia)

 

つまり、長男は被害者で、私が加害者、ってことですか。

 

おそらく長男が言いたかったのは『自分が何を言っても大人の正論で打ち負かしてくるよね?我々子どもなんて、無力なもんだよね』ということだったのだと思いますが・・・逆切れという言葉に打ちのめされて、しばらく茫然としてしまいました。

 

 

子どもの健やかな成長を願って日々奔走しています。

もちろん怒鳴ったり叩いたりしません。

が、ときどき裏目に出るというか子どもに伝わらないときがあって、虚しくなります。そんなときはヤケ酒です。

 

 

昨日はその後、私が能面みたいな顔で『じゃぁもうあなたの好きにしなさいな。どうぞどうぞご自由に』と静かに言ってその場を去ったら長男が焦ったように『もういいよ、僕が悪いんだからいいんだよ』とか取り繕うようなことを言っていましたが、母の耳には入りません、しばらく凹ませていただきます。

 

 

どんより気分でヤケ酒をあおりながら、自分もかつて、親に反論(反抗?)して、勢いあまって親を傷つけるようなことを口走っていたことを思い出しました。

 

そして母から時々言われました。

『叱りたくて叱ってるんじゃないの。あなたも親になればわかるわ』

 

今、あの時の母の気持ちがしみじみわかります。

歴史は繰り返される(T_T)

 

子どもたちが将来子どもを持って、この気持ちを味わう日が来るのかしら。

 

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします

◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

時短勤務ワーママの目標達成サポート・石崎舞子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス