古民家

テーマ:

今、日本全国空き家が問題になっている。

なんと、7件に1件が空き家だそうだ。

 

あと15年経つと、

3軒に1件が空き家になるそうだ。

 

片や、岩出の街を眺めると

田んぼがどんどんなくなって、

次から次へと分譲の嵐。

 

こんなに宅地造成して

住んでくれる人あるんやろかと思ってしまう。

 

そんな心配をしている中、

最近、古民家をリフォームして住んでいる人に

何人か出会う機会があった。

 

実は私の住まいも古民家で

築100年以上のあばら家だ。

 

ご先祖さんから頂いた家なので、

そう簡単にリフォームする気にもなれず、

いわゆる昔ながらの田の字型の家で

隙間風は吹くわ、

天井裏でイタチが運動会するわ、

悩ましい問題のオンパレードだ。

 

ところが前述の古民家の主は

人さまから譲り受けた家なので、

ご先祖様のしがらみ

なんてものを気にする必要もなく、

うまくリフォームしてお住まいになっている。

 

ある意味自由で、しかもリッチフル (^_-)-☆

 

おまけに敷地も広いので、

クルマの2台や3台やってきても

「その辺へ適当に停めといて!」

みたいな感じだし、

 

何かを買い置きしたくなれば

少々買い置いても

置き場所には困らない。

 

まあ、このあたりの話は

我が家でも同様で、

事情があれば

一部屋が突然幼稚園の倉庫に早変わり

なんてことも、何回かあった。

 

さらにはネットで売却価格なんかを見るとびっくり (@_@)

ほとんど土地代程度で

広々とした物件が買えてしまう。

 

良い話ばかりを真に受けて

無鉄砲に飛びつくことはいかがなものかと思うけれど、

 

といいつつ一考の価値はあるかもしれない。

 

一生で一番大きな買い物といわれる

住宅購入をお考えの皆さん。

 

日本の空き家対策の魁になってみようという

心意気のある人がいればなー (^^ゞ