ただ、言ってみただけ……!

テーマ:

◆ 占星術独学の3つの壁……(4)


「 シンボル & 事実 」



「 集合 & 要素 」

の違いについて

説明を続けます。 音譜



数学の集合の考え方では

「偶数」

という集合の要素は

「2、4、6、8、10、12……」

というように具体的にはっきり

そのものとして示すことが出来ますね。


また要素の方からも、たとえば

これは2で割り切れる 36 という数だから

間違いなく偶数だ、といった断定が出来ます。 おにぎり



これに対して

西洋占星術で用いるシンボル


たとえば蠍座は、深入りの人間関係

切っても切れない人間同士の縁

などを象徴(シンボライズ)しますが


だからと言って

いま或る人物が

ずぶずぶの人間関係で悩んでいるとして ぶどう


それは

蠍座というサインや


蠍座が司る第8ハウス

また蠍座の支配星である冥王星


あるいは副支配星である火星

にきっと関係している……とは、言い切れないのです。カチンコ


単に

「言ってみることができる」

というのに過ぎません。






(つづく)

AD