バレンタインデーが近づいています。

 

バレンタイン・・・と言えばチョコレートですね。

 

 

オーガニックチョコレート

 

あなたは、そのモノを、お目当ての方に

・いつ渡すのか
・準備はいつからか・・・など考えたことはありますか?


バレンタインデーの日にちは毎年固定の2月14日です。


なので、
曜日はその年によって違ってきます。


今年は、平日ですね。

 

平日なので、
お仕事や学校お休みの方は少ないかと思います。


仕事が終わり、夕方からデートするのもアリだと思います。

 

実は、
2月14日はキリスト教の聖職者ヴァレンタインが
処刑された日なのです。

 


当時のローマ帝国皇帝、
クラウディウス2世は兵士の士気が下がると言う理由で、
兵士達の婚姻を禁止していました。

 

 

婚姻禁止していましたが、
キリスト教の司祭だったバレンタインは、
婚姻を禁止され悲しんでいる兵士たちのために
内緒で結婚式を行っていました。

 

しかし、
その噂が皇帝の耳に入ってしまい、
皇帝はバレンタインに2度としないように命令しました。

 

その皇帝の命令を無視してしまった為、
彼は処刑されてしまったのです。

 

その処刑の日が2月14日であり、
ローマでは女神ユノの祝日なのです。

 


それが後に、
キリスト教の記念日となり、2月14日が愛を誓う日となりました。

 

こうして知ると、
以外にも深い日でもあるバレンタインの日なのです。


現代では、女性が好きな男性に告白してみたり、
チョコレートをあげる日になっています。

 

そして、
年々、その日が加熱気味になり、
チョコレートを本命の人のあげるだけでなく
関係のない人にも、義理であげるようになっています。


これは、日本独自の風習のようです。

 

西欧では
男女関係なく2月14日に
ケーキ、
花、
メッセージカードなどをを恋人に贈るという。

 

そして、
西欧やアメリカでは、ホワイトデーなんていう物はありません。


なので、
このホワイトデーも日本独自の風習とも言えます。

 

義理で頂いた男性もホワイトデーにお返し・・などを考えると
面倒くさいし、義理なのでもらえたくはない・・・が本音でしょう。

 

日本のバレンタインデーは、
お菓子会社が作り上げた商戦のような気がしてならない。


西欧のように軽く考えた男女関係なく2月14日に
ケーキ、
花、
メッセージカードなどを送る・・・という
シキタリになれば良いのになァ~と思います。

 


お菓子会社が作り上げた商戦に
ハマってしまわないように、
義理のチョコなどは考えたくないですね。