訪問日:2019 / 10
訪問回数:43回目
 
新限定を発売開始したG麺7へ。
 
啜りの復刻やロ麺ズのカルボナーラも行かなくちゃいけない中、G麺7でも新しい限定がw
 
もはや遠征以外はG麺関連か森やしか食べていない気がしますw
 
17時過ぎに到着すると、さすがにこの時間は空いてます。
 
 
新しい限定は亮強さん作のこちら。

 

 

だけど券売機見たら売り切れ表示!

 
長島さんに限定売り切れですか?って聞いたらハッスーさん来ると思って一杯ありますよと!
 
ありがとうございますありがとうございます!
 
という訳でウルメイワシ出汁のラーメン(900円)を。
 
 
ウルメイワシ出汁のラーメン(900円)
 
 
ラーメンを作っている時から香ってきていた魚介の香りがなんともうまそうです。
 
 
スープはレギュラーのものにウルメイワシのスープを合わせたものとのこと。
 
元々動物系のみのスープをコンセプトとしているG麺7ですが、それをベースに限定では魚介を足したりなど、結果複合スープになってより旨味が強化されるわけですからうまくないわけがない。
 
それに加えて小松菜とレモンの油で味変を楽しめるわけですが、最初レモンと聞いた時は正直言って「えっ?」って思いました。
 
結構キワモノな限定なのかなと思っていましたが、味が変わった所でビックリしてしまいました。
 
う、うまい!!!
 
魚出汁とレモンがこんなに相性がいいとは!
 
もっと酸味が強いラーメンなのかと想像していて、その結果がキワモノなのかと思っていたんです。
 
が、いい意味で予想を裏切られました。
 
よく考えてみたら、白身魚にレモンのソースを合わせたりする料理もあるし、魚と柑橘系の相性っていいんでしょうね。
 
柔らかい酸味と皮のちょっとした苦味がスープのいいアクセントに。
 
いやあうまいですね。
 
 
ハリのある自家製麺は当然うまいですし、キノコや先ほどの小松菜とレモンの油が麺にも絡んできます。
 
写真は撮っていませんが、いつもと違う豚モモのチャーシューもミシっとした肉らしい質感に肉本来の味を損なわないような控えめな味付けで、これまた激ウマです。
 
 
別皿でさらに味変でトマトが入った先日の冷やしにも使用されたマッシュとバジルかな?
 
 
レモンの酸味に、さらに酸味が加わる形となりますが、不思議とこれがまた自然に調和します。
 
お決まりの玉子丼は鉄板。
 
 
亮強さんの限定は攻めた感じのものが多いですが、その中にもしっかりセンスとバランスを併せ持ったメニューとなっていて、特に今回の限定は最高でした。
 
レモンの酸味を敬遠しがちになってしまいそうですが、だまされたと思って食べてみた方がよいかと思います。
 
ウルメイワシ出汁のラーメンはG麺7で発売中です。
 
ごちそうさまでした。
 
神奈川県横浜市港南区上大岡西3-10-6