訪問日:2017 / 2

訪問回数:3回目

 

2015年5月オープンの「麺庵 ちとせ」へ。

 

大喜からの連食でこちらへ。

 

 

丁度12時くらいの到着で店内6割ほど。

 

店主と女性スタッフの2人体制、いい感じの柔らかい接客は相変わらずで、この雰囲気だけでもまた行きたいなと思わせてくれます。

 

 

恐らく、今は夜営業で別ブランドやったりしているようなので、今のメニューラインナップは少し変わっているのかな?

 

訪問時は↑のような感じでした。

 

未食だった塩が気になって塩(800円)を。

 

接客も柔らかいですが、落ち着いた感じでせかせかしている感じがしないのに遅いと思わせないオペレーションも、こちらの店主ならでは。

 

程なくして着丼。

 

 

塩(800円)

 

 

見た目は結構キレイでうまそうに見えるんですが、チャーシューのレア度が結構すごいw

 

大丈夫だろうかw

 

 

スープは魚介がふんわりと香る塩清湯、鶏や昆布も使用しているようですが、タレにしょっつるなども使用していて、動物系 < 魚介というような感じです。

 

塩ダレもキレていますが、ちょいキレすぎかな。

 

タレや油でハッキリとした強調さを出して、飲ませてくれるスープですが、後半にかけてがちょっと強く感じすぎてしまう気も。

 

 

麺は中細のストレート、プチッと歯切れのいい麺でサクッとした感じが小麦感とも取れるけど、固めに茹で上げているので、食感重視のような感じです。

 

 

そしてチャーシューがやはりかなりレア度が強く、ちょっと臭みも気になります。

 

スープに沈めてみたけど、そこまで変わらず。

 

訪問当時のものなので、既に参考にはならないですし、今はSNSなどを中心に結構見ることが多くなった店ですが、今のラーメンのルックスはまた結構変わったものになっていてチャーシューも変わっているので、また行ってみたいなと思います。

 

こうやって思えるのも、店主の感じ良さかなと思ったり。

 

夜営業の麺や 花よもややハードル高めですが、行ってみたいですね。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:塩 79点

 

東京都新宿区市谷台町18-5