訪問日:2017 / 5

訪問回数:2回目

 

2015年4月オープンの「らぁ麺 紫陽花」へ。

 

東海ナンバー1と呼び声高い鉢ノ葦葉などで修行経験がある店主の独立店となります。

 

オープンしてすぐに話題になり、一気に超人気店へ。

 

一時期は休日は開店時約80人の並びになったとかも聞きました、すごいですね。

 

前回、初で醤油を食べてかなり感動したので、今回再訪して違うメニューを食べることに。

 

 

開店時間は11:30ですが、約1時間半前の10時頃に到着すると、なんと既に1人待っていましたw

 

絶対PPだと思ったのにすごいですね......

 

そこから、しばらく次が来なかったですが、1時間前くらいになると、どんどん来て、開店時には約50人ほどの並びに。

 

これは本当に早く来て正解ですね。

 

 

麻辣担々麺もめちゃくちゃ気になりつつも、濃厚つけ麺(800円)を。

 

程なくして着丼。

 

 

濃厚つけ麺(800円)

 

デフォルトのルックスはかなりシンプルですが、麺線などがキレイに整えられていて、うまそうに見えますね!

 

道とか、あの辺のつけ麺のルックスに似ています。

 

ちなみに他のお客さんは具が盛りだくさんになる特製を頼んでいる方がかなり多かったです。

 

 

つけ汁は濃厚鶏白湯魚介、ドロまではいきませんが、かなりの粘度のある鶏白湯がベースで魚介がバランスよく合わさっていて、出るとこも出ています。

 

よく思うんですが、濃厚動物系魚介って突出しないとこがほとんどの中、うまいお店って1口目で「あっ、おいしい」と思えるんですよね。

 

この違いってなんなんですかね?出汁の厚みなのか、塩分濃度なのか、タレの具合なのか?

 

デフォルトだとトッピング類も通常のものしか入ってはいないので、食事の満足度って、麺とつけ汁だけに重点がいくわけですが、見栄えだけがよく満足度は低い店が多い中、紫陽花は流石のうまさ。

 

 

自家製の麺は中太のやや平打ち気味の麺。

 

滑らかで、噛みしめた時の小麦のギュッと詰まったような食感もしっかりしていて、麺自体も美味しいです。

 

 

つけ汁が結構粘度があるので絡みも抜群によく、麺だけのうまさだけではなく、しっかり麺を食わせる強さになっていて、シンプルながらもうまい!

 

前回の醤油ほどの感動はなかったですが、間違いなくうまいつけ麺で満足でした。

 

次こそは麻辣担々麺を食べたいと思います。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:濃厚つけ麺 85点

 

愛知県名古屋市中川区八剱町4-20-1 コーポ源1F