訪問日:2017 / 7

訪問回数:初

 

愛媛麺活3軒目に向かったのは2016年12月オープンの「【錦 iwamoto】MATSUYAMA Ramen-Bar」。

 

この店名を見てピンと来た方は、間違いなくラヲタw

 

こちらは惜しくも閉店してしまった、かつての神奈川の超人気店 麺やbar 渦@本鵠沼がプロデュースした店です。

 

愛媛に行ったら、絶対に行こうと思っていた店の1つです。

 

 

店名のとおり、ラーメン店というよりもオシャレな居酒屋のような外観です。

 

店内もバーのような感じで照明もうす暗くオシャレ、テーブル席でマダム達が昼から女子会をしていました。

 

店主のワンオペですが、ハキハキとしていて気持ちのいい接客。

 

メニュー表はブックタイプで券売機はありません。

 

 

渦の紹介もされていました。

 

この頃は、まさか渦が閉店するとは思わなかったですね。

 

 

昼はシンプルなメニュー構成。

 

ごはんが雑炊のようにして食べるために、無料で付くみたいですが、改めて見ると、デフォルト900円はなかなか強気の価格。

 

鯛塩らぁ麺 寿(900円)を。

 

 

鯛塩らぁ麺 寿(900円)

 

 

店内が結構暗いのと、光の当たり方が悪いのか、影が出来てしまってちょっと映えないのがもったいないですね。

 

あと丼が大きいので、スープ量が極端に少ないように見えてしまいます。

 

 

真鯛のあら、骨を使用したというスープは白湯まではいきませんが、やや濁りがあります。

 

鯛ならではの上品な味わいに、まろやかな塩ダレ、動物系は塩には使っていないようですが、塩分濃度もあってお吸い物感はなく、麺を食べさせるスープになっていてなかなかうまいです。

 

焼いた鯛の切身が乗っているので、徐々にスープに旨みが移っていくので、不足感はないですね。

 

 

麺は麺屋棣鄂の中細ストレート、パツッとした麺ではなく、スープに馴染むように合わせられたようなシルキーな感じです。

 

麺を食べ終えた後は、少量のごはんが雑炊用として提供されるので、スープに入れて雑炊風に。

 

鯛を使用している店って絶対コレやりますよねw

 

うん、これは普通にうまいです。

 

ランチタイムだとラーメンのみの提供なので、店の魅力をしっかり味わうには、メニューがフルラインナップになる夜営業なのでしょうね。

 

とは言え、しっかりしたラーメンで美味しかったです。

 

これは女性なんかにも人気ありそうなのも、よく分かります。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:鯛塩らぁ麺 寿 82点