訪問日:2018 / 6

訪問回数:43回目

 

新限定をリリース中の「啜磨専科」へ。

 

 

閉店間際の22:50頃到着でなんと店内満席、待ち1!

 

金曜の夜だしね!

 

今回の限定はこちら。

 

 

「冷しミソラーメンにラッキョが必要かどうかは別として」という後藤さんらしいネタ的要素があるフレーズが気になってしまいますねw

 

 

というわけで冷やしミソラーメン(930円)、味玉(100円)を。

 

程なくして着丼。

 

 

自家製ラッキョと冷しミソラーメン(930円)

味玉(100円)

 

 

全体的にちょっと茶色的要素が強いので少し色にアクセントを加えると良さそうな気も?

 

だけど、昔から何回か出ている冷やし味噌シリーズ、これめっちゃうまいんですよね。

 

 

味噌と言っても味噌自体はスッキリとしていて生姜やつけ麺Hの醤などアクセントを効かせながらサッパリ感とジャンク感を融合した味わい。

 

冷やしラーメンのスープって個人的に醤油でも味噌でもスープというより、麺を浸けて食べるようなタレ的要素が強いものが多いなと思う中、G麺7グループの冷やしってスープとして美味しく飲めちゃうのが好きなところ。

 

野菜のシャキシャキした食感も心地よく、うまいですね!

 

 

〆られた時の自家製麺のうまさは言うまでもなく、ムギュッとした密度の高い食感が特徴的。

 

いつの間にか無くなってしまい、普段滅多にしない大盛りにすればよかったと後悔。

 

 

らっきょうの酢漬けは正直私は苦手なんですが、酸味も柔らかく食べやすい仕上がりで美味しく食べられましたし、「合うかどうかは別として」というのは完全に合うから狙っているなというw

 

G麺7の冷やしもよかったけど、こちらもやはりうまいですね!

 

ロ麺ズの冷やしも行かないとですが、ロ麺ズ行ったら久々にレギュラーの醤油や汁無担々麺も食べたいし、どうしようw

 

遅い時間に行ってもほぼ売り切れがなく、食べたい時に食べられるというのも私にとってはかなり嬉しいところです。

 

自家製ラッキョと冷しミソラーメンは現在リリース中、気になる方は是非。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:自家製ラッキョと冷しミソラーメン 94点

 

神奈川県横浜市港南区上大岡西2-14-15