訪問日:2018 / 6

訪問回数:34回目

 

新限定を発売中の「G麺7」へ。

 

後藤さんから今回の冷やしはかなり自信作と話を伺っていたので、後藤さんがお店にいる日を確認して行ってきました。

 

 

POPを撮るのを忘れてしまいましたが、冷し醤油ラーメン(900円)を。

 

 

冷し醤油ラーメン(900円)

 

 

スケルトンの丼が涼しげでいいですね!

 

しかも予め冷蔵庫で冷やしてあるので丼もキンキンです。

 

そして見た目も美しく、濃い醤油のスープに色鮮やかなトッピングが栄えます。

 

 

スープは醤油の旨味をダイレクトに感じられるサラサラの清湯スープ。

 

なんと言っても今回の主役の醤油は長野の有名店 麺酒房 熊人が使用している松本の大久保醸造の紫花仙という醤油。

 

 

濃口醤油ということもあって醤油らしい力強さ、濃いけど決してしょっぱくはなく、旨みがしっかりしています。

 

醤油は本当はスープが温かい方が香りとかも出て、より分かりやすくなると思いますが、こちらは冷やしにしても醤油の香りが生きている感じがして、これはうまいですね!

 

G麺7のレギュラーの醤油ダレとブレンドしているとのことです。

 

 

具には細かくカットされたマッシュルームとパセリが入っていて、マッシュの旨味とパセリの苦味がこれまたいいアクセント。

 

毎度ながらキレイに千切りされたきゅうり、にんじん、ネギは具としても成立していますが、後半はスープと一緒に拾う形になって食感のアクセントも出来ます。

 

 

麺はG麺7の自家製麺、細麺でもハリのある麺は冷水で〆ているのもあってコリコリとした食感とともに啜り心地もよく、毎度ながらうまし!!

 

 

途中に別皿で提供される梅酢と昆布のおろしを混ぜて食べると、よりさっぱりと食べられて、これからの暑くなる時期にはぴったり!

 

G麺7の冷やしと言えば、塩が毎年の定番的な感じはしますが、たまに出る醤油の冷やしは塩と比べても勝るとも劣らないクオリティーで今回のも本当にうまかった!

 

熊人はかなり昔に食べて、正直そんなにいい感想ではなかったのですが、最近インスタとかで見てまた気になってますし、自分の経験値も多少は上がっていると思うのでまた近々食べに行ってみたいと思います。

 

こちらの冷し醤油ラーメンは現在発売中ですが、醤油が無くなり次第終了とのことで気になる方はお早目に行った方がよいかと思います。

 

後藤さん、ごちそうさまでした。

 

得点:冷し醤油ラーメン 94点