訪問日:2017 / 4

訪問回数:初

 

大好きな福島へラーメンを食べに。

 

最近は福島市内や郡山などに行くことが多くなっていましたが、今回は福島の西側 喜多方へ久しぶりに行ってきました。

 

まず1軒目に向かったのは2014年10月オープンの「ラーメン うめ八」。

 

喜多方も何回か行っていますが、坂内、まこと、あべなど有名どこは押さえてきていますが、源来軒、上海軒など老舗なども押さえたい中、気になる店がこちらのラーメン うめ八。

 

もちろん仲間の評価もよかったということで行きたくなったわけですが、なんと言ってもこちらは坂内食堂出身の超ビッグネーム。

 

 

喜多方という土地柄もあって朝からしっかり営業しています。

 

当日は8:00過ぎの到着で店内満席。

 

老舗感満載な坂内食堂とは打って変わり、喜多方では新しい店というのもあって清潔感があり、カフェっぽい雰囲気も。

 

店員さんも元気で接客もいいですね。

 

 

ラーメンは醤油と塩の2種類で、それにトッピングを追加する感じです。

 

そして今回初だったわけですが、うめ八では裏メニュー的な扱いでガラ油というものが存在し、それを食べてみたかった!

 

というわけで塩ラーメン(650円)ガラ油追加で。

 

 

塩ラーメン ガラ油(650円)

 

 

喜多方ラーメンを食べ歩くと一番有名で人気の坂内食堂自体が結構異端なことに気づきますが、その坂内出身のこちらのルックスは喜多方の王道をいくようなルックス!

 

とは言え、ガラ油を追加してのもあってスープの表層には鶏油と思われる油膜がびっしりと張っており、あっさり、さっぱりな喜多方ラーメンの概念を覆すようなインパクト。

 

 

レンゲでスープをすくうと、鶏油がいかに多いかがよく分かりますね。

 

見た目だけのインパクトだけではなく、この油の効果もあって喜多方ラーメンとは思えないパンチを生んでおり、激ウマ!

 

同行者は醤油を頼んでいましたが、こちらの塩を少し食べて「うま!」と思わず声に出していました。

 

 

麺は喜多方らしい中太の縮れ麺。

 

熟成したプリッとした麺で強めのスープに負けない存在感。

 

まこと、あべなんかも醤油自体のパンチが結構あるラーメンだと思いますが、うめ八は油のパンチで食わせるラーメンですね。

 

デフォルトでチャーシューも3枚乗って650円と良心的な価格で1杯目から大満足でした。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:塩ラーメン ガラ油 87点