Handicraft Works@八潮

ご近所の関内専門さんをお誘いして、今回は二郎ではなく話題の新店へ。

 

2017年4月15日オープンの「Handicraft Works」へ。

 

残念ながら閉店してしまったNOODLE STOCK 鶴おかの2号店。

 

新感覚の油そばを売りとした今最も熱い新店ではないでしょうか。

 

久々に他県だけど「これは行きたい!」って思ったので本日行ってきました。

 

新感覚の油そばももちろん話題ですが、ある事件でも話題となりメディアでも取り上げられたことでも知っている方も多いのではないでしょうか。

 

地理感覚があまりよく分かりませんが、店は静かな住宅街の中にあります。

 

12:00丁度くらいの到着で店内6割ほど。

 

 

正直、もっと混んでいて並びを覚悟してきましたが、意外に空いていました。

 

外観はラーメン店とは思えないオシャレな感じですが、壁を見て分かるとおり、ペンキがかけられており、いたずらされたようです。

 

が、そのいたずらさえもオシャレに見えてしまうのは私だけでしょうかw

 

女性店員さんが入り口付近におられ、入ってきたお客さんを丁寧に捌いています。

 

店内は細長いコの字カウンターにテーブル席がいくつかあって開放感もあってカフェや美容院のような感じです。

 

厨房がめちゃくちゃ広くて何人かの店員さんはインカムを装着していて、こういう部分もラーメン店としては新しい感じがします。

 

入り口入って右手に券売機があります。

 

 

券売機の配置を見て分かるとおり、一番上段は油そばのラインナップ。

 

醤油清湯のラーメンもありますが、他のお客さんを見てもほとんどの方が油そばを注文していました。

 

サイドメニューとして小さい丼ものもありますが、フルサイズメニューとしての丼ものもあるようです。

 

肉が山ほど乗ってくるワイルドモンスターパレットも気になりましたが、1500円という値段はなかなかなのでデフォルトであるクラシックビーフパレット(1000円)を。

 

油そばを注文するとソースを2種類から選ぶよう案内されます。

 

野菜をベースとしたサルサソースのような感覚のモーリョソース、パセリとニンニクを刻んだものをベースとしたチミチュリソースから選べ、私はチミチュリソースを選びました。

 

麺量は以下のように券売機上に案内があります。

 

 

あとはサイドメニューでこんなものも。

 

 

こちらも気になったので鴨そぼろ丼(150円)を注文。

 

程なくして着丼。

 

 

クラシックビーフパレット(1000円)

 

 

もう完全にラーメンという枠を超えて、創作麺料理といったルックス!

 

大量の肉は、この油そばの売りであるシュラスコ。

 

 

粗塩を振ってじっくり焼かれる肉料理でブラジルなど南米ではポピュラーな食べ物。

 

長い串に刺して焼かれるそうですが、こちらでは串に刺さって提供されるわけではないようですね。

 

最近ではラーメンも高級志向になりつつあり、デフォルトが1000円のラーメンも出てきたりしていますが、スープオフの油そばでデフォルト価格が1000円!

 

しかしそれも納得の肉の量、ソーセージも入っていて肉が食べたい人にはもってこいなメニューです。

 

味の方はもっとパワフルな味を想像していましたが、油そばとしては意外に優しい味わい。

 

誤解を恐れず例えると、燦燦斗@東十条の油そばを思い出しました。

 

 

もっちりとした中太麺は菅野製麺製。

 

粘り気のあるような食感は、何かに似ているなあと考えましたが、台湾まぜそばの麺の感覚に似ているなと思いました。

 

肉はそのまま食べてもジューシーで美味しいですが、卓上にあったブラックペッパーをかけて食べるとスパイシーさがアクセントになってよかったです。

 

パイナップルは彩りとしても効果的ですが、肉と一緒に食べることでパイナップルに含まれる分解酵素が脂肪や炭水化物を体内に蓄えずにエネルギーとして消費しやすくするこという効果があるようですが、正直よく分からずw

 

単純に組み合わせとして好きな方にはいいかもですが、私はちょっと苦手w

 

酢豚にパイナップルとかもねw

 

野菜も割と入っているので肉のインパクトが強いですが、さっぱりと食べられる油そばですね。

 

味変アイテムのチミチュリソースはパクチーが練りこまれていますが、ニンニクが結構強く効かせてあるのでパクチーのクセは最小限で味にパンチが出てよかったです。

 

こちらは専門さんが頼んだワイルドモンスターパレット

 

 

肉の量が半端ないですねw

 

 

鴨そぼろ丼は普通に美味しいレベルですね、150円なら全然頼んじゃいますが、後から普通にガーリックライスにすればよかったかなあと思いました。

 

話題性は抜群に高いですし、オシャレな店内やシュラスコが乗る新感覚の油そばというプレミアム感はしっかり感じられますし、これからさらに人気が出るのではないかと思いますね。

 

麺も自家製麺に変更の予定もあるようなので、自家製麺になったらまた行こうかなと思います。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:クラシックビーフパレット 86点 鴨そぼろ丼 81点

 

AD