V-Varen長崎を応援するう゛ぃう゛ぃ猫さんのブログ

V-Varen長崎を応援するう゛ぃう゛ぃ猫さんのブログ

カッとなって思わず作った。後悔はしていない。
ヴィヴィくんに魅了された長崎ファンの記録。
おっくん!かむばーーーっく(涙)

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
 延長になって起こる問題。駐車場問題・・・知らなかった。PK戦までいってたら駐車場難民出るところだったんだ。

 今回は台風が近づいていて試合への影響はあるのかと心配していたけれど影響はほぼなし。そんな中でのキックオフ。先制したのは横浜で獲得したPKを押し込んだ。
 残り時間は充分にあったし、焦らず盛り返してほしいと応援していた。しかしパスが繋がらない。
 スペースに出せば届かないし、足元に出せば飛び出した選手に合わない。後半は攻めの圧力が強まったものの、なかなか結果に結びつかず何とか獲得したPKで追いつく形。
 PKシーンは盛り上がったけれど、両者ともPKでしか得点できず決め手に欠ける展開はもどかしかった。

 90分戦って延長戦に突入。延長戦も珍しい経験だったので盛り上がったと思う。ここまで来たら負けられない。ちょっと変なテンションでまた盛り上がる。PKで追いついた長崎の方が勢いもあったし、やれるんじゃないかという予感もあった。

 クロスがなかなか通らず中も崩せず、得点を得られないなかで最大の見せ場がやってきた。ミヌくんがカットしたボールを自ら持って駆け上がる。右には慶太くん、左には佐藤くん。この3人でカウンターが始まった。この時点で格好良くて感動とテンションがMAXに。
 先ずはミヌくんが慶太くんにパス。パス出しした後も前方へ駆け上がる。次は慶太くんがサイドチェンジ。佐藤くんへパスを出すもこれが合わずサイドを割る。
 せっかく格好が良かったのに、決まらない佐藤くん。やっぱりキャラだなと思い微笑ましくなった。
 結局、決めるべき時に決められずにいた長崎が横浜に決められて負けた。言ってみればそれだけの試合だったけど、延長の迫力ある攻めは良かった。あの感触を忘れないで欲しい。もう癖になるそんな攻めたてる快感がないと観てられないから。


 でも今回の試合の中で一番の感動を与えてくれたのは高杉くんだったと思う。彼が走り続けてくれたおかげで試合が成り立っていたと思うし、何よりカウンターとなれば一番に反応し、先頭を切って走っていく姿は強い意志を感じさせてくれて最高な選手だと思った。
 気持ちが入っているという形容が似合う本当に素晴らしいプレイだった。それだけで来た甲斐があったし、長崎を応援してて良かったと思えた。
 今年の天皇杯は終わったけど、リーグは続くのだからまた気持ちを入れて応援したい。

テーマ:
 高知の動きが良く、長崎はミスで先制されるという絵にかいたようなジャイキリ展開でスタート。
 高知さんは縦への意識が高いだけでなく、ワイドに展開してパスコースを作る動きもやってくる。
 流石は四国リーグ11試合で得失点+56を叩き出してるクラブだけあって。色々と噛み合ったときは恐ろしい破壊力を発揮しそう。
 兎に角、観ていて楽しいクラブで、上位カテゴリのクラブ相手にちゃんと試合してたのが好印象。なので普通にJ2の試合みたいだった。


 長崎はというと、パスミスはおいておいて三浦くんのGK3本連続タッチライン割りは観客も反応してヤジが飛んだんだよな。
 3本目は軸足が変な感じに曲がって見えたけど、何か故障抱えてるとかなければいいけど。キャッチング、パンチングなんかは良かったので飛び出しとキックの精度について磨きをかけて欲しい。
 得点シーンは切り取ってみると良い崩しだったのでこれからも続けて欲しい。

 さて来週のスタメンがどうなるのか。永井くん、梶川くん辺りは休ませた方が良い気もしつつ、途中交代もありなのかと思いもしつつ、まだまだ楽しみたい天皇杯。

テーマ:
 先ずはシュートにいけていない。クロスが全て空振りに終わり永井くんのフラストレーションが貯まる結果に。
 もう2メートル近づいてから蹴る努力が必要かな。蹴り込む場所も真ん中ではなくニアか、ファーかハッキリさせたいところ。
 しかし良く走っているとは思う。それ故に同点に持ち込めたんだと思う。もう10分早く同じようなシーンを作れていたら良かったな。


 ウルトラスは今回はバックスタンドでチャントのレクチャーしてたな。段取りもあったろうにお疲れ様だったと思う。そして改めて感心した。
 出来ることは精一杯やっている彼らはもっと評価されて良いな。
 昇格までの道のりをクラブと供に駆けているのは彼らだけだと思うから。
 クラブハウス募金くらいは頑張って応募するとしよう。

テーマ:
 このドローは評価できないドロー。勝ち点の問題ではなくて試合運びが問題だった。ざっくり言うと清水戦と金沢戦の内容が反対なら良かったのにということ。
 清水戦では佐藤くんが受けてからボールロストしたシーンが目についたが、あれがソンドンくんなら上手く運べただろう。また金沢戦のようにサイドからクロスを入れる試合展開ならソンドンくんではなく佐藤くんが居るべきだった。
 相手とのマッチングや選手の調子などで思うようにいかない部分もあったとは思うが、選手特性考えると逆だったなと。
 それでも勝てるだろうと思ってた。思ってただけに悔しさも大きかった。不器用な長崎だけに気落ちさせないよう周りが盛り上がっていくべきか。
 ここが正念場。夏を制して強い長崎を見せて欲しい。

テーマ:
 まあ負けるよな。鄭大世選手のゴールは分かっていたのにやられたゴールだったかな。あのパターンで得点積み上げてるんだし、フリーにしてはダメだろうな。

 しかし大久保くんのシュートストップは冴えてたな。あれだけ止めてるのに負けるのは全体の問題なんだけどもGKを戦犯にして何も考えない人多そうだな。
 一対一になったシーンなんか最後まで体を【投げたさず】粘ったから守れたゴール。あれはなかなかできなかいやつだと思うけど評価されないんだろうな。
 敢えて【大久保はよくやった】と言いたい。

 むしろ気になったのは佐藤くん。使われ方が間違ってたかな。でも良いところに居るんだよな。本人の責任も3割はあるかな。


 ゲーム全体で言えば前半の攻防でシュート0。やっぱり後半勝負に持ち込んできたかという感想。
 カウンターが上手いクラブなら後半の対処も違ってきたろうに。
 ソンドンくんと中村くんが活かし切れてなかったのが残念。

 しかしながら勝ってほしかったけど・・・まだ敵わないのかというところか。鄭大世選手のゴールだけ防げれば良かったのに。そういう試合だったかな。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス