"文章とか得意じゃないので

"文章とか得意じゃないので

あったことをなるべく詳細に書きます"
そんなブログ

ベイビーレイズJAPANの傳谷英里香(でんやえりか)さん
を応援しています

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

ベイビーレイズJAPAN
ワンマンライブ2018 - Break The Limit-
@日比谷野外音楽堂

M00 SE
M01 ベイビーレイズ 
M02 Level.1
M03 走れ、走れ
M04 Pretty Little Baby
M05 ぶっちゃけRock'n はっちゃけRoll
M06 くびったけエンジョイサマー!
M07 夏色パーティー
M08 ベイビーアンビシャス!
 MC1
M09 JUMP
M10 何度でも
M11 涙のち晴れ(slow arrange ver.)
M12 ベイビーレボリューション(medium arrange ver.)
 MC2
M13 SHOW TIME
M14 閃光Believer
M15 ○○○○○
M16 アンチヒーロー
M17 シンデレラじゃいられない
M18 夜明けBrand New Days
M19 僕らはここにいる

EN1 栄光サンライズ
 MC
EN2 スパイラル
EN3 FOREVER MY FRIEND



こんにちは
久々のワンマンライブがあったので久々のブログでございます


さて、日比谷野外音楽堂
ここに来るのももう3回目ですね

開演前showちゃんとたんしおと3人で話してて2人とも新旧の相棒というか、一緒にヲタクして来た仲でなんだか感慨深かったです。

「時代は流れるねぇー」って

1回目はみなさん忘れもしないあの武道館に向けて署名を集めることが発表された日。
ついそのことばかりクローズアップされがちですがライブ自体もものすごい良くて、あの日の新世界→ミチシルベは忘れません。


2回目は去年の4月。
野外3連戦の1公演目
バックバンド有りでセトリもものすごく好きで個人的に去年のライブのベスト3に入ります。


そして3回目
Break the limitと題されたライブは今年に入ってから初のワンマン

さらに5/6というのはベイビーレイズが結成した記念すべき日

そんな日に日比谷野音という思い出のステージでライブということで僕もとても楽しみにしてました。

物販が始まる1時間くらい前に会場入りしたのですがすでにそれなりに集まってていろんな人に挨拶
もうそっからはみんな酒なりお菓子なり持ち寄ってドッタンバッタン大騒ぎですよ笑

天気も良くて最高だったなぁ

日比谷という会場のこともあってかいつも会ってる人達から久々に会う懐かしい人まで新旧様々な虎ガーたちが集っていました


僕は主にケンタやら益若やら、showちゃんゆーやんさんとかそこらへんでひたすら野外フェス感覚で騒いでおりました()楽しい

リハが始まってからは本編でやるのが確定した曲たちのイントロが音漏れしてくると各地でさらに大騒ぎ。
ガンガンにボルテージ上がっていきます
去年の東武もそうでしたが、外の会場はこれが楽しいんですよね本当に


時間はあっという間に過ぎて予定通り開場

今回は3回の中では最もいい席でした
showちゃんと連番


最初はなんかBGM流れてたんですけど途中からナレーションに変わり、なんだこれ?と思ってたらあの懐かしの新アイドルユニットプロジェクトなる動画のナレーション





欲を言えば映像が欲しかったけど懐かしい気持ちになれました

当時の傳谷さんのやる気のなさに改めて草



しかし、開演時間の17:00を過ぎても音声が流れるばかりで始まらない。
一通りの動画のナレーションが進み、

「新しいグループ名は、、、ベイビーレイズ 」

と菊地亜美のナレーションが終わると同時にoverture


かっけえ、、、

overtureなんて「あああああ」のとこまでいつも大人しくしてるんですけど今日ばかりはスタートから高まってしまった笑


真っ白な新衣装に身を包んだメンバーが登場
衣装の雰囲気はなんとなく9nineっぽいなという個人的な感想


一曲目はレイズ

もうね、「どうせうまくいかない」の振りつけのとこででんちゃんニコニコだしね、スタートから最高ですよ

高見さんの2番の「切り込め乗っ取れ」も最高に決まって楽しい

そして2曲目まさかのLevel.1
みなさん待望のLevel.1
しかもちゃんと自己紹介ver.!!!

みんなレベル1レベル1って普段からずーっと言ってるし個人的に特にそうでも曲なのでタカくくってましたけど

なんだこれクソ楽しいwww


なんかもうすでにいろんなヲタクの顔が浮かぶわけですよ笑

Aメロなんて最長で7小節りおりお言ってましたからね、ええ


続いて走れ走れ

なんか去年の日比谷もそうでしたがこの曲のイントロはなんか暗いところからパーっと光が溢れるような感じがして良いですよね

自分基本的にライブは歌詞口ずさみながら観てるんですけど、リコピンが下手の目の前に来たとこでバチっと目合いながら一緒に歌ってる感じ(昔夜明けでもこんなことがあった)が最高でもうニコニコしちゃいましたよねwwwりかちゃん好きwwwww


そしてPLB

まずイントロの段階で真後ろの近藤さんをガン見する私たち

僕は個人的にはこの曲は毎回のライブの序盤の雰囲気作りに大きく貢献してると思うんですよね。
激しいロック曲、シリアスな曲、ポップな曲、バラードといろいろな曲がべビレにはありますがこの曲はその中でも異彩を放ってて海外のライブの雰囲気、対バンライブの雰囲気、そしてワンマンライブ、そんなありとあらゆるシチュエーションにおいて「夜明け」などとはまた違った存在感や一体感が得られる曲だなぁって思うわけです。

林愛夏から放たれる艶やかな歌声で会場が1つになったところで、笑顔が1番、次は ぶっちゃけRock'n はっちゃけRoll

これも楽しく、また懐かしい曲

くびったけエンジョイサマーでは林、大矢の2人が客席へ

これも本当可愛い曲ですよね。一気に会場が夏になります。

近藤さんのヘンテコな掛け声すんのも楽しかったな笑


夏色パーティー

今度は先ほど残ってた3人が客席へ

ほぼこの曲は大矢林の2人で成り立ってるといっても過言ではないくらいソロパートの多い曲ですが2人でわちゃわちゃしながら代わり番こに歌ってる姿が

尊い、、、

そんなことをしてたら2番のサビ?のとこで愛夏さんが下手にやってきて、「限りある夏に」

まさか、、、確かのこの後の歌詞は、、


林愛夏「あーなたとハイタッチ✋(タッチ、タッチ)」


あなたとハイタッチ


そして尊みに満ちた笑顔で手をこちらに差し出す林愛夏さん

無言で右手を差し出す我ら(多分やべえ顔してたと思う)








ありがとうございます本当にありがとうございます林愛夏さん


心も身体も完全に夏になってしまった私たち

次の曲はベイビーアンビシャス
今度はゆとさんの席の方を振り返る我ら笑
この曲も感動的なんですよね、、いろんなドラマがあって
去年もそうでしたが、ここに来るとついいろいろ懐かしんでアウトロでは涙が出てきます

魂燃やして輝き続け
どんな壁でもぶち壊せ
武道館超えたその先も
僕らのストーリー終わらない


本当に僕らの、彼女たちのストーリーが終わらずにここまで続いてることが嬉しくてしょうがないし、これからも続いて欲しいとただただ願うばかりです



さて、ここまでぶっ続けでやってきましたがここでようやくMC

どうやら40分くらいやってたらしい

体感20分以下でしたよ??

これで終わりでも全然文句ないくらい楽しかった笑笑


MC明けは比較的大人しい曲かなと思ったら「聴いてください、JUMP」

やべえよwwwwwwwww


首いてえけどツーバスに合わせてひたすら頭振る我ら
藤野さんのドラム聴きたかったなぁ


続いて、何度でも


エモーショナルに歌い上げるのが聞いてて気持ちいいですよね

傳谷さんの「そうだ」
りおトンの「自分を信じてく」
なんかはホントライブを重ねるごとに凄みが増してってる気がします

そりゃステージに向かってこっちも全力で拳振りかざしますよ


急に聞いたことないスローな前奏が流れたと思ったら涙のち晴れのスローバラードバージョン

これがめちゃめちゃ良かった

歌詞がいいんですよね、
2番の
雨上がりの空に虹かかり
2人で見上げた大丈夫だねって

のとこで傳谷林の2人が寄り添うところがすごく好きなんですけどそこの部分がスローなテンポも相まっていつも以上に心に刺さりました


続いて今度はミディアムなイントロが流れたと思ったらベイビーレボリューションのアレンジバージョン

いつもよりテンポは落としてあるのにメンバーはアツく歌ってるし、最初はミディアムなレボって感じだったんだけどじわじわとエモみが上がってって最後の方なんかかなり激しくなってたなと。

賛否両論ありましたがじわじわ系レボも良いですね。自分は好きです。


ここで再びmc
今度は長めの喋りで傳谷さんから「座ってもいいよ」の指示→全員着席


話題は各々の野音エピソード的な感じで、高見さんが構成が上手くいかなくて終演後にトイレで泣いてたこととか、リコピンが花道走っていったら夏色パーティーのタイミングがズレまくってしまって以後イヤモニが導入された話とか、

あと高見さんが春雨スープをこぼして火傷したって話もありましたね笑笑

大矢「高見が病院行ったあとな、スタッフさんが床ふきながら春雨ってベタベタしてて吹きづらいわぁって」

 
 そして後半は男女別で煽り、 下手から順番にメンバーの名前呼んだり、とかして曲に戻ります

mc開け一曲目はSHOW TIME

もう隣の人と大騒ぎ

もともとそんなに好きな曲でもないのに超楽しかったです笑

あたりも暗くなって来て照明がいい感じにSHOW TIMEな感じを演出してました


続けて閃光Believer
勢いが止まらん笑笑

白い衣装の5人が閃光のように素早く動く様が本当にカッコいい

パステルブルーやキャンパスグリーンの歌詞にちなんで後ろのビジョンが変わってたのも良い演出でした

○○○○○

この辺はもう何回「来たああああ」「うわああああ」「やったああああ!!」ってなったかわからんくらいアツい曲、聴きたい曲が続いてました

もうイントロでmixですよ

林愛夏さんの
「わずかなその積み重ねに ちゃんと意味がある」
も健在でした^_^

高見さんの「ラストオオオオ!!!!」ってサビの掛け声煽るのイケメンすぎるでしょ、、、


アンチヒーロー
この曲は本当にかっこいいねぇ、、、
ギターソロ→Cメロから盛り上がってって落ちサビへ一気に行くあのドラマチックな展開は何度見ても良い
kubotyさんよ毎回曲作ってくれホント

大矢さんの
「こんなものたち懐かしくも大切でもなにも」「捜せアンチヒーロー どこにもないよ もう君はどこにもいないよ」
は振り絞るように歌ってて本当に胸が締め付けられる


いつものアレンジとはちょっと違ったギターのバッキングでのスタートからシンデレラ

林愛夏さんの「全部自分たちにぶつけてください(確かこんな感じのこと言ってた)」
に「まだまだ行くのか。おうよ行くぜ行くぜ!!かかってこいよ!!」って返したくなるような高まり

ライブもいよいよクライマックスです

そして夜明け

いやぁ、すごかった
なんかいつもすごいけど今日は一段とすごかった。
この前の対バンの夜明けでも感じましたけどこの曲流れるとちょっと明らかに雰囲気変わるんですよね。
かつてのレボとかレイズみたいなラストの雰囲気とは違った追い込んで追い込みまくってすげえキツイとこから一個抜けた時みたいな、ランナーズハイみたいな気持ちいい瞬間なんですよね。


間奏になってりおトンがこっちに来て煽って来たので
ギターソロで「うっ!おい!」ってなる直前で飛ぶやつ(文章じゃ伝わりづらいけどあれだよあれ)からの猛烈におい!!って返したらりおトンニッコニコで完全にりおちゃんしゅきしゅき委員会委員長になってしまいました()


そして落ちサビ、
愛夏さんのスーパーエモソロパートに浸っていたら傳谷さんが最下手に

いつもならイェッタイガーは仲間と分かち合いますが、僕もshowくんも一切前から目を逸らさず推しメンに向かって思いっきり「イェッタイガー!」
そしてこっから 林愛夏さんの語りから本編ラストの僕らはここにいる

最近この曲で好きなのが高見さんのラップパートのとこ、溜めて溜めてあそこで一気に発散するの気持ちいんすよね。「過ぎ去った日々全部僕のもの救い出したくてここにいる」でのジャンプも最高

間奏のラララはシンデレラのwow wowとはまた違った一体感ありますよね、
そしてそのみんなのラララに支えられて林愛夏さんが絶唱する
そこで傳谷さんが

「ずっと忘れない」

いやぁ、ホントここのパート傳谷さんでよかったと思うんですよ僕。

メンバー、虎ガーみんなでつないで来たものをまとめるリーダー。
最初はやる気なかったけどみんなの優しさや暖かさに触れて強くなったリーダー、そんないろいろが込められてる気がするんですよねあそこには。


そして本編は終幕


誰かのステキな口上とともにすぐさまアンコールがスタート

なんか時間差になっちゃってアンコールバラバラでここ東京ドームかよwwwwwってなりましたけどそれもまた一興


ENは最高の形で1番聴きたかった曲が来ました

栄光サンライズ

いやぁ、きっと限界ぶっ壊した先にはまだ見ぬ世界が待ってるんですよ。そんなメッセージをfrom自分(メンバー)to the君(ヲタク)に届けてくれるんだからこっちも全力で返しますよ、ええ

そしてイェッタイガーからあの曲は始まるんですよね

そろそろなに言ってんだこいつってなるかもしんないけどあそこからJAPANは始まったんですよ。いろんな戸惑いもあった、そんな変わらないよって思ったけど実は変化しててそれに気づけてない自分もいた。いろんな人がいろんな気持ち抱えてたと思うんですよねあの頃。

晴れだったり雨だったり時にはスコール降ったりする。
そんなそれぞれの航海を乗り越えたらきっと今よりもステキな毎日が待ってる。

様々な不安をあの歌詞に乗せて歌い上げていたのではないかと思います。



そんなふうにいつだったか近藤さんと語ったことを思い出しながらイェッタイガー


さてそんな最高の曲からのMCです

夏にもたくさんライブがあるみたいです。
たのしみだね


もうラストではおなじみになったスパイラル

自分たちで演奏したのもあってなんだかすごく親しみの深い曲に勝手になっていますが笑

後ろのビジョンに歌詞が出てましたねこの曲は

りおトンのCメロのとこ感動するんですよねいつも
東武の時から大好きな曲です


そしてこれで終わりかと思ったら本当の最後FOREVER MY FRIEND

いやーこの終わり方いい!!
最近どんどんFMFが好きになります。
高見さんの間奏のダンスも素敵で

挨拶をして本当におしまい


最後みんな一通り目の前で見れておじさんはもうお腹いっぱいです



彼女たちの全力のパフォーマンスを見て、まだまだ限界はここじゃないと思うしこれからどこまででもいける、こんな幸せな景色をもっと最高の景色をこれからも更新し続けてくれるんじゃないかと、これからの彼女たちがますます楽しみになるそんなライブでした。
これからも己の限界をぶっ壊して行ってくれるんじゃないかととても勇気をもらえました

自分も頑張るぞ!!


いつも通り暑苦しいですがこの辺で






テーマ:

こんにちは

2年ぶりの激しめの胃腸炎がようやく治ってきた私です。

と思ってフリカエールを見たら去年も全く同じ時期に辛いラーメンを食べた影響で胃を悪くしてました。

{E4ACF31F-1133-41C7-84EF-4204CCDE0682}

{5693E465-0079-4FD8-80E3-1E7E2CCBDC14}


さて、6/24の稲毛にて初披露された新曲のリリースイベントが終わりました。


ゆーても、期間も短かったしイベント数はそこまでなかったですが、


初披露されて、次にちゃんと曲聴いたのは7/8,9のアイドル横丁夏祭り

この時にたしか高見がサビ終わりで"オイ!"って入れるの提案したんじゃなかったっけ?

そのおかげかなんだか妙に楽しくなったこの曲。


稲毛の時はあんまりよく聞いてなかったけどどうやら「ナナマルサンバツ」という日テレ系のアニメのEDらしい。
内容は高校生クイズを題材にして彼らの成長を描いたとか描いてないとか(見てないから内容が全くわからない)

そのせいか確かにキャッチーで覚えやすく良いメロディ。
今まであんまりこういう曲はなかったですね。

横丁tifと聞いていても前述した高見さんの"オイ"のおかげもあってか、激しすぎってわけでも静かすぎってわけでもなく見てる人の心をつかみやすい感じの使いやすい良い曲だなと

少なくともバキバキなんかよりはね


作曲は前作c/wも担当された AKIRASTAR氏

そりゃいい曲な訳だ!(よきよき愛好家)


ももクロとかにも提供してるらしいですね。


リードギターは我らが西川ノブユキ氏の師匠にあたる西川進さん

{2F06E2EA-AE9D-465E-A1A1-C44FA3992A9E}



西川進って完全に涼宮ハルヒのGod knowsのイメージだったからテクニカル系なのかと勝手に思ってたけどいろいろ聞いてみると結構ポップギタリストなんだなぁと思う。
音の作り方といいフレーズの構築といい、確かに西川ノブさんの方にもその影響が表れているなぁと感じる。

ベースはIKUOさん
知ってる!あの迷彩みたいな柄のシグネチャー使う人だよね!バイト先の楽器屋で見たよ!!!


{1FBF6469-5918-4494-8E19-21EAD70DC3D9}


なんかすごい人というのしか知らないけどBメロのベースラインとかすごく好きですねうん



話は戻り、そのあと上海遠征など期間が空いたため次のリリイベは7/22の豊洲でした。

前回も豊洲はあったね平日に

{32574B64-C487-48C1-9852-CCF469C64573}

暑かったなこの日笑

ここでc/wのSilence Noncence Sigh 通称SNSが初披露。

そんな略称の通りSNSでのつぶやきだったり感情の変化だったりをテーマにしてる曲

ひとめぼれ以来の大矢曲と言わんばかりに大矢さんの魅力が前面に出てます。

初披露ってこともあって鬼気迫る表情で歌い上げてたのもよかった。

振り付けもカッコ可愛くて個人的に好みです。

音も重厚でかっこいい。


この日は確か全握の後にメンバー1人とポストカードサイン会という流れでしたね。


それぞれ1ループだけ

傳谷さんが
「その服かわいい!」
「あ、てか今日アンビシャやったよ?好きでしょ?」
「ねぇねぇ新曲どう??」

っていう「ねぇ、それぞれ接触一回ぶんでしっかり話したくなるような話題なんだけど???」っていう3つの話題をあの短い接触で立て続けに(こっちの回答ほぼ聞かずに)してきたのは覚えてます。

愛夏さんはこの日も笑ってたな。

ポストカードはまた何か話題が来そうだったところをわざわざ断ち切って「横丁よかった」ってことを伝えたら「ああ、好きな曲(あの感じだと盛り上がれる曲)多かったからでしょ??」っていう返しをされてしまって、ああまだそういう認識なんだ、、、ってなってしまいました笑


ネガティヴに見えるけど結構楽しかったんですよこれはこれでね!




で、六本木は行ってないからその次となるともうリリース週になるわけですね。

8/1
フラゲ日はちょっと色々立て込んでギリギリ滑り込んだTSUTAYA池袋

なんか聞かない場所だなと思ったら最近新しくライブスペースが出来たようです。
イメージとしては渋谷タワレコの地下のcut up studio的な感じ。
もっと狭いけど。

広さは名古屋のmidぐらいですかね。200とか?


時間ギリギリ(てかオーバーしてた)だったので3曲目かなんかから入場。

すごい人で僕1人入れるか入れないかってぐらいにパンパンでした後ろ

この日初披露の涙のち晴れは後半ちょろっと聞けただけだったのでこの日の印象はそこまでないかな。

バキバキを久々に聞いた。



8/2
発売日ラクーアなんていつぶりだよと思ったら僕がファン初めてから(恋パニ以降では)は初でした

その前も暦?JUMP?
詳しくはよく知らないですが

とにかく珍しいね!!


この日はまともに行ったのでちゃんと整番取ってエリア内立ち最前で見ました。


発売日だったので音源は聴いていたのですがとりあえず涙のち晴れがかなり良曲。

爽やかで疾走感あって
かっこいい

なんか勝手にDreamerみたいな曲イメージしてたのでいい意味で期待裏切られた感。


この日は立て続けに新曲3曲をやったんですけどその後のSNSがまたよかった。
なんか最初の時振り付けとか細かいメンバーの表情とかそこまで見てなかったんですけど改めて見るとすごくいいねこれ。

高見さんのダンスがカッコ良い。
なんか気づけば高見の動きばっか追ってました笑
なんだかノンフィクション以来ね、こういうの

大矢さんの歌も豊洲から昨日今日で確実に上手くなってる。
サビの最後伸ばすところが良くなってた。
完全に自分のものにしてて、豊洲よりさらに自信に満ち溢れてたのよかったですね。


〇〇も黙って見てたんですけど、サビの振り付けが1,2,3番どれも微妙に違って時間差だったり、愛夏だけのこって周りだけ動いてたりとか、あと1番Bメロでは大矢さん傳谷さんが肩を入れ替えたり(あの傳谷さんがなかなか男前)、2番はおなじみ拳突き出してるやつ
そんな感じで見所が多くて見てて楽しい曲だなと。

あと地味に好きなのが1番Bメロの「抜け出すには想像力」で高見渡邊が2人でちょっと小生意気に歌うとこ。
結構あの2人の歌の組み合わせって珍しいと思うんですよね。好きです。


その週はそのままTIFだったので、その次の週


大阪に1日前乗りをし、


{BDECC256-B451-41AE-B304-D151C46474E4}


飲み



{F0EA932A-CCCC-4BE7-BCBB-A6573B37D0A8}

飲み



翌日の会場は日本橋のディスクピアとかいうところ。




{F91EE1A6-B557-4C97-9BF6-2F3D14C42A67}



今回は前回ほど甘くはなく、当日ポスターサイン用に購入したB盤に個別券は付いてませんでした、、、ショック


メンバーとはほとんどUSJやらディズニーの話


ポスターサイン1発回って即移動です

{76546A71-73CF-44C1-B87E-7D2F280C0BFD}




名古屋は全握とチェキ

完全にうかれてネタでつけて行ったピアスを見て

大矢「わぁあ!かわええ!」
傳谷「そういうのは違う、キャラじゃない、似合わない」


{11147E2A-69EE-4760-9778-131467632C3C}

Bello^_^



チェキは

ちょっとぐらい(時間差)
ってね

{F3E2EA1F-2226-4D37-A46D-43FE07091139}


なにやってるかわかんなさ加減が素敵。




あ、書き忘れてましたが会場は名古屋パルコです

名古屋パルコのあの緩い空気ね、良いよね。




いさちパパとかとご飯に

{82AFB9C2-4AB0-49EF-82C8-36952E7167EF}

{03270488-B7D4-4194-A6B4-DB691DD2936B}


異色!!
そして味噌カツがうまい!!!



で弾丸リリイベツアー最終日は東京です


朝、豊橋から新幹線を飛ばし向かった先は


{FD0CD026-CB7F-4770-946F-8CCCE19146B0}

お台場 パーレットタウーン!!!


時間なくてギリギリで滑り込んだので最後尾で見てました。(青井さんはちゃっかり最前に行きやがった)
それでも見やすい。


TIFに向けて振り付けを覚えてきてたから楽しいよー


でも比較的ぼーっと見てました。
普通のリリイベだしね

そしたら

傳谷「今日おとなしかったじゃーん」


いや、リリイベですからねぇ!!!!そりゃねぇ!!??



まぁこんなのもなんだか懐かしいですわね(白目)


さて、ここで発表がありました。

9/20 ミニアルバム「The BRJ」発売決定!


ミニアルバム!
これは楽しみ
5曲収録らしいです。

なんかミニアルバムって楽曲派っぽくて好きです。





さて、最終日と言いましたがもう1日ありました!←

最終日は大崎ブライトコア

バキバキの時にも来たね


私はチェキ会だけを1ループ

しかしそれにしてもすげえ人

300人くらいいる、ガチで



こりゃ、前みたいな10kで5枚方式はきつそう、、、(未だに諦めていない人)


撮りました

{A896A10F-61C5-45E9-BD53-435C792F5FCF}


西川さんになりたい。




で、抽選会に行かない私の14thシングルリリイベは終わり。



これで帰って熱出してお腹壊して3日寝込むとこまでがリリイベです!(実話)

毎年ねえ、本当に懲りないよねぇ、
みなさん冷たい飲み物の飲み過ぎ、急な遠征、睡眠不足からのリリイベには気をつけましょう!






とまぁ、バキバキからかなり短いスパンでのリリイベでしたが、楽しかったですね。

おそらくすぐに次のミニアルバムのリリースイベントも始まると思うので今から楽しみでございます。


もちろん東武もね

ツアーやってくれ(涙)



では、長くなりましたがここらへんで






テーマ:

この長文インスタに投稿するのもあれだなと思い、こちらに



2014,2015,1年飛んで2017

1大会ぶり3度目のTOKYO IDOL FESTIVAL

正直横丁が二日間良すぎて越えられるか個人的に不安でしたがそれでも初日から気合の参戦.

我らがベイビーレイズJAPANは1日1ステージなので接触を除き専ヲタの私は基本的にはステージで待機(いろいろグループ回るTIFは2015day1で卒業したんだ、、、)
3日で3試合なのでサッカーワールドカップのグループリーグのような気持ちで臨みました(意味不明)

{872B62C4-7439-4779-860A-BD88D35EEAD0}


初戦はZepp DiverCity HEAT GARAGE
会場の構造をサーチ不足だったのと作戦負けして位置的にはちょっと微妙なとこでしたがまぁ一応最前列、かな??

横丁に引き続き無限大チキパ、懐かしのCPU、楽しいギャンパレp2m.
そんなこんなでトリのべビレです

セトリ的には比較的ゴリゴリな感じで、フツーにまぁそこそこ楽しかったかなという印象.
衣装がバキバキなのがちょっと良かった.
周りも意外と知り合い多かったですね.

疲れたので飯食ってすぐ帰宅.

{9D49592F-9C51-4CF4-9861-90E0E2706E2E}



2日目
2戦目の舞台は因縁のSMILE GARDEN.
前日の反省を踏まえ早めの起動.
ラジオ体操からスタートしました.

{06EB5B1A-5574-49F8-ACF6-7B4871346962}



"Task行きます"ができて満足.

そこからある程度状況を伺いつつ接触へ.
数々の優しい虎ガーさんに救われなんとか接触できました.

ユニフォームの話とか久々にしたな.

メンバーの顔を見て元気が出たので再びスマイルガーデンに舞い戻る.
それにしてもこの日はとにかく暑かった...
べビレの出番が16:00ごろだったので、それまでほぼ炎天下の状態での待機はしんどかった...

気づけばThe Hoopersとかいう男装グループの女ヲタで埋め尽くされ殺伐とした雰囲気の最前ブロック
このHoopersというグループ、カバーの曲をやってたんだけど、最後に歌ってたのがUVERworldのSHAMROCKで"スペシャルな日にしかやらない曲"をこんな形で聴けてなんだか楽しかったです.

はーしりつづけるぅー.


暑さでさすがに頭がおかしくなってきたところで、忌々しいアナウンスからのSE無しでべビレ登場.
最初のフォーメーションを見てもしかして!と思ったら案の定FMF.
なんか妙に高まったよね.
ワールドカップで言えば、大会前にサプライズ招集された選手が2試合目にしてスタメンに入ったみたいな感じ.
相変わらず意味不明だけどそんくらい高まった!()

そしてさらに4曲目には閃光Believer.
この曲は自分が出場停止を食らっていたときの間にリリースされた曲で、生で聴いたのは赤坂以来2度目.
大サビ前の「辿り着いた今この時色褪せない軌跡」という歌詞で2年前のスマイルガーデンで同じ場所で最高の景色見て、そこからいろいろあってメンバーも(勝手に重ねるけど)、自分も乗り越えてまたこうやって最高の景色見れたんだってことを思うと涙が出てしまいました.
忘れられない閃光Believerになりました.

メンバーの笑顔も本当に素敵だった.
まさにあれこそ"スマイル"ガーデンだね.

さすがにフラフラになってたのでBiSHあきらめそのまますぐ帰宅.
.
{17A08208-B34E-42AB-B2E4-DAE5729CA783}

{2D59EEDA-6797-45D5-B54A-637B2E848E1B}
○○○○○のバスが居たよ



泣いても笑っても今日がラスト
3日目.
そんな3戦目に相応しい舞台は HOT STAGE.

{A1ED4C72-32E3-4F25-930C-A46FBC1E9ADD}



SKE48、NGT48、team8さらには乃木坂46までまさに最終日ならではの強力なラインナップということでやはり早めに会場入り.
それでもものすごい人でしたが笑.

松井珠理奈がセンターのSKEなんていつぶりだろうと思いながら懐かしい楽曲達聴いてました.

NGTもいきなり一曲目に参上はやばい笑笑.

大阪春夏秋冬のパフォーマンスが終わったところで特典会が締め切られたとの報告が入ったのでそのまま待機が決定.
横丁でちょっと仲良くなったスパガのヲタさん達と喋りつつ出番を待ちます.

そして出番.
下手ブロック最前最右.
完璧なシチュエーション.

今TIF初のSEからスタートし「TIGER SOUL」.
2014の思い出が蘇る...
あの日のようにかっこよくポニーテールキメた傳谷さんが歌います.
久々に落ちサビでしゃがんだな笑笑.

そして落ち着いた雰囲気を打ち破るようにあの、僕らの大好きなのイントロが!!!!「栄光サンライズ」.
これだ!!!これだよ!!!!!
思わず涙が出る.
自信たっぷりに歌い上げる林愛夏さん.
かっこいい、本当にかっこいい.
こっから始まったんだJAPAN...
これまたいろいろ思い出が頭をよぎります.
終盤の倍速を入れる益若を見てエモみを存分に感じながら、ホランイ

稲毛で初披露された以降、ここ最近の夏フェスを経て一気に仕上がってきた「○○○○○」.
サビ終わりの掛け声が響き渡る.
キャッチーで本当にいい曲.

かなりあったまってるフロアを一気にトップスピードに持っていくように「ベイビーレボリューション」.
14も15もHOTであったレボ.
ここまでアツくさせてくれるメンバーが本当に愛しくなる.

ペースを維持しつつさらに最高潮へ持っていく「シンデレラじゃいられない」.
これは16年の曲.
自分は居なかったけどこの曲が16年のべビレのライブの土台を作ってたと思う.
特に間奏おわりの叫び、あれでメンバーと観客が1つになる.

まだだ、まだいける、そう思った時.
おそらく会場の全員が、いやべビレに熱い想いを注ぐ全ての人が待ち望んで居たであろうあのイントロが流れた.

「夜明けBrand New Days」

また泣いてしまった.
止まらなかった.
信じてくれた.
自分は実際に居合わせることは出来なかったけどメンバーもヲタクもみんな本当に悔しかった去年.
いろんなもの乗り越えて、批判も、称賛も何もかも全て抱きしめてまた続く、終わらない物語が確かにそこにあった.

最終日にこんな素敵な形でこんな素敵な夏のプレゼントを用意してくれたベイビーレイズJAPANにただただ感謝です.
ありがとう.


とまぁ、アツくなってしまいましたが今年もこんな感じでTIF終わりました.
一緒に戦ったさえさん、虎ガー、久々に会えたたくさんのヲタさんありがとうございました.
また来年ももっと素敵な景色が見れますように.


{713214F0-C313-4B6D-B9EC-047816DCA713}

{810C33F8-6DD2-4191-8768-E5163336D2D2}

{1ED5C4CD-9B52-45AD-856E-ACFC795F2E29}

{D750655D-527C-4911-A1DB-6FB411589477}





Ameba人気のブログ