【花粉症相談室】                            ~医者がすすめる花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】~

【花粉症相談室】                            ~医者がすすめる花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】~

①医者がすすめる・ポリフェノール乳酸菌発酵食品

②クリニックの花粉症臨床試験で、約90%の花粉症患者が満足

③アトピー・アレルギー・便秘・ダイエット・美肌など生活習慣病にも、おすすめ

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
今年の花粉症「症状重い」43% 気象会社調査

 今春の花粉症について、気象情報会社ウェザーニューズ(東京)が同社携帯電話サイトの利用者らに尋ねたところ、43・3%が「ここ数年の症状と比べ重い」と回答した。

「同じくらい」は39・4%、「軽い」は17・3%だった。前年の記録的猛暑の影響で花粉が大量に飛んだ2011年調査では「重い」43・2%、「同じ」48・7%、「軽い」8・1%。同社は「今シーズンもかなりつらい傾向にある」としている。

 都府県別では、今春の症状が重い人の割合は神奈川県がトップの53・4%で、徳島県51・9%、愛知県51・5%が続いた。上位に関東が目立つ一方、花粉シーズン入りが遅い東北や北陸は下位が多かった。

 症状が出始めた時期は、「3月上旬から」が最多の38・7%。2月下旬までに症状が出た人は計57・6%で、昨春調査での43・3%を上回った。2月上旬に一時的に暖かくなったことで飛散が早まったとみられる。



今回はここまでです。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

なお、私は医療従事者ではありませんので、医療や治療に関するコメントは個人の体験・意見・知識になりますことを予めご了承ください。

ご質問やご相談のご希望の方は、お気軽にお電話ください。
0120-239-007 (365日・8時~22時まで)

【花粉症対策の乳酸菌発酵ポリフェノール】に関心のある方は、こちらをご覧ください。


テーマ:
3月に入って花粉症患者が急増した。来院者は昨年度を大幅に上回るペースで、タッフー同対応にている⊃池袋大谷クリニック(東京・豊島)は10日先まで予約が埋まった状態が続く。

 来院した花粉症患者は2月だけで560人と前年同月を100人以上上回る。大谷義夫院長は「今年は花粉の量が前年よりも多く、重症化してぜんそくになる患者も出ている」と話す。

 環境省によると、東京都心では2月下旬から本格的な飛散が始まり、4月上旬までがピークという。飛散量では昨年の5倍。

今年は花粉に加えて中国からのPM2・5の飛来も懸念材料。

花粉症とPM2・5の関連について、福井大医学部の藤枝重治教授(耳鼻咽喉科)は「PM2・5はアレルギー症状の原因である抗体を作りやすくするため、花粉症を誘発する可能性がある」と指摘する。


今回はここまでです。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

なお、私は医療従事者ではありませんので、医療や治療に関するコメントは個人の体験・意見・知識になりますことを予めご了承ください。


ご質問やご相談のご希望の方は、お気軽にお電話ください。
0120-239-007 (365日・8時~22時まで)

【花粉症対策の乳酸菌発酵ポリフェノール】に関心のある方は、こちらをご覧ください。

今回も、主婦の友社の「健康」4月号の編集部取材記事からです。

重度の花粉症と診断された私が、即座に効果を実感!ステロイド剤を飲む必要もなくなり、毎日ハツラツ!

千葉県 藤田君代(66才)

■ 私が花粉症に悩まされ始めたのは、15年前、引っ越しで生活環境が変わったのがきっかけでした。

毎年2月から5月までが花粉症のピークで、医師によると重度の花粉症とのこと。花粉症を発症してからは、大好きだったお花見も参加できず、とても寂しい思いをしていました。

症状としては、鼻水やくしゃみはもちろん、ひどいときは鼻がつまって息ができず、呼吸困難になきないくらいつらいものでした。

そのため、病院で処方してもらったステロイド剤を、毎日欠かさず服用していたのです。薬に加えて、週に1回通院して注射を打ってもらい、なんとかつらい季節を乗り切ってました。

 しかし、花粉のシーズンが終わり、ステロイド剤を飲まなくなると、その反動か、ものすごく体が悪くなるのです。一日中続くだるさ、倦怠感がひどくて、朝も起き上がれないほどでした。

薬の効果は確かにありましたが、やはりそれだけ強い薬なのだと実感し、薬をやめてみると体調が悪化します。そんな状態が毎年続き、反動が怖くて「もう薬は飲みたくない!」と思ったのです。

■ ほかに何かよい方法はないかと思っていた矢先、友人が花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】をすすめてくれたのです

ちょうど、4年前の花粉が飛び交い始める2月の初めのことでした。

 その日も鼻をズルズルと鳴らしていたので、友人からもらった花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】を試してみました。

すると、なんと15分も経たないうちに、鼻水や目のかゆみがピタリと止まったのです! ゆっくりジワジワ効くという感じではなく、速攻で効果が現れ、本当に驚きました。

 それ以来、「花粉症の症状が始まったな」と感じたら、すぐに花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】をとることにしています。

あんなに悩んでいた重度の花粉症の症状が、その場で嘘のように治まるのです。ものすごい効果を実感したので、今では花粉が飛ぶ時季だけではなく、体調管理の意味でも年中とり続けています。
 
 花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】は自然の素材からできているものなので、薬のように副作用か出ることもなく、安心してとれます。

花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】をとり始めて4年間、一度もステロイドを服用しなくなりましたし、注射も受けていません。毎日ひどかった体のだるさも、すっかりなくなりました。

 今は疲れ知らずで、毎日ハツラツと過ごすことができ、まさに【乳酸菌発酵ポリフェノール】は私の命綱と言っても過言ではないでしょう。

 また、【乳酸菌発酵ポリフェノール】をとり始めて肌が若返りました。シミもなくなって、周囲の人からは「すごく肌がきれいになったね!若返ったわよ」と言われ、嬉しいことずくめです。


今回はここまでです。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

なお、私は医療従事者ではありませんので、医療や治療に関するコメントは個人の体験・意見・知識になりますことを予めご了承ください。


ご質問やご相談のご希望の方は、お気軽にお電話ください。
0120-239-007 (365日・8時~22時まで)

【花粉症対策の乳酸菌発酵ポリフェノール】に関心のある方は、こちらをご覧ください。

今回も、主婦の友社の「健康」4月号の編集部取材記事からです。

マスクや薬が手放せなかった花粉症がピタリと治まり、高かった血圧も下がり、健康的な生活を取り戻せた!

神奈川 綱島賀代子(61才)

■ アレルギー鼻炎とブタクサ花粉

 私は40代前半から更年期障害が始まり、それ以降どんどん体質が変わっていきました。今まで感じたことのなかった鼻のムズムズ感を感じるようになり、40代後半になると、ますます症状が悪化しました。

50代半ばに耳鼻科を受診したところ、アレルギー性鼻炎との診断。検査の結果、花粉症はブタクサ花粉によるものだとわかりました。

アレルギー性鼻炎は年中ですが、症状が一番ひどいのは、やはり花粉の飛ぶ3月から4月です。
朝起きてから夜寝るまで、くしゃみ、鼻水、目のかゆみが止まりませんでした。

 外出時は必ずマスクを着け、市販の鼻炎薬を常に携帯。こまめに点鼻薬をさしたり、自宅にいるときは空気清浄器をフルに活用していましたが、あまり効果がありませんでした。

春先になると、風邪のような症状がずっと続いているような状能で、そのうえ私は昔からの偏頭痛持ちなので、花粉症と頭痛のダブルパンチでなおさらつらかったです。

■即効性のある、花粉症【乳酸発酵ポリフェノール】の情報に感謝!

 3年ほど前、夫が仕事関係の人から花粉症【乳酸発酵ポリフェノール】の情報を聞きつけて、私に「花粉症やアレルギーに効果があるそうだから、試してみないか?」と教えてくれました。

最初は「たぶん効かないだろうな」という疑いの気持ちもありました。ところが、実際に花粉症【乳酸発酵ポリフェノール】をとってみてビックリ。

 10分も経たないうちに効果が現れたのです。

鼻づまりで苦しかった呼吸がスムーズになり、くしゃみ、鼻水が本当にピタリと止まりました。それ以来、花粉症【乳酸発酵ポリフェノール】は私にとって手放せない存在になったのです。

 現在は、朝と夜の食前に花粉症【乳酸発酵ポリフェノール】をとっています。

そのほか、花粉症の症状が出そうになったときや、体調が悪くなってきたと感じたときは、その場でとることにしています。

■ ぶどうの皮と種には、ぶどうの95%のポリフェノールがある

 花粉症【乳酸発酵ポリフェノール】は薬とは違い、ぶどうの種や皮を乳酸菌で発酵させたエキスで、自然のものからできているので、とり続けても安心です。

私が特に気に入ってる点は、「即効性がある」というところです。外出先でも花粉症【乳酸発酵ポリフェノール】さえあれば、体調が回復します。

 さらに嬉しいことに、【乳酸発酵ポリフェノール】をとるうちに、血圧が下がったのです。

以前は最高血圧が150~160mmHg。最低血圧が100~I10mmHgほどで少し高めだったのですが、現在は上は130~140mmHg,下は80~88mmHgまで下がり、正常植をキープしています。

初めは半信半疑でしたが、今ではきっかけをくれた主人に大感謝です。


今回はここまでです。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

なお、私は医療従事者ではありませんので、医療や治療に関するコメントは個人の体験・意見・知識になりますことを予めご了承ください。


ご質問やご相談のご希望の方は、お気軽にお電話ください。
0120-239-007 (365日・8時~22時まで)

【花粉症対策の乳酸菌発酵ポリフェノール】に関心のある方は、こちらをご覧ください。

今回は、主婦の友社の「健康」4月号の編集部取材記事からです。

花粉症はもちろん、アレルギー体質で 年中洪水のように止まらなかった 鼻水が嘘のように出なくなった!

群馬県 本間一郎(66才)

 ■7年前に花粉症に

 私に花粉症の症状が出始めたのは、7年ほど前になります。

 例年、2月から5月にかけて花粉症の症状が出るのはもちろんですが、困ったことに私は1年中、鼻がムズムズしてしまうのです、

もともとアレルギー体質だったため、花粉やハウスダスト、排気ガスなどあらゆるものに敏感になっていたのかもしれません。

 私の場合、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどの症状はありませんでしたが、とにかくすごかったのが鼻水です。

朝起きると、すでに鼻水がダラダラと出ています。そのため常にティッシュペーパーを枕元に置いて生活していました。量にして2日で1箱はなくなってしまうほどのペースです。

 お昼ごろになると鼻水は少しはましになるのですが、私の趣味はゴルフです。朝が早いため、鼻水が気になっていしまい、集中してプレーもできない状態です。

 本来ならば何か対策をするのですが、私は医者も薬も嫌いなたちで、病院には行かずじまい。外出時もマスクをせず、ティッシュを常に携帯して、ダラダラと出てくる鼻水と闘っていました。

 ■花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】との出会い

 花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】のことを知ったのは、2012年10月ごろ。仲のよい友人が以前から花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】を愛用しており、絶対に効果があるからぜひ試してみたらと、強くすすめてくれたのです。

 「本当に効くのかな?」と半信半疑ではありましたが、友人は「長年悩まされていた花粉症がよくなった」と言うので信憑性がありましたし、薬ではないので、とりあえず試してみようか、という気になりました。

 友人が自分の花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】を分けてくれたので、その場でさっそく試してみました。

すると、1時間も経たないうちに、効果が現れたのです。これまでティッシュを大量に使っても止まらなかった鼻水が、まったく出なくなったのです。想像をはるかに超えた効果に、驚きを隠せませんでした。

数時経って再び鼻水が出始めても、花粉症【乳酸菌発酵フェノール】をとるとまたピタリと治まり、鼻がスーツと通る快感を覚えました。

 それ以来、自分で花粉症【乳酸菌発酵ポリフェノール】を購入し、現在は症状がもっともひどい朝だけとることにしています。それだけで1日もちますので、外出時に大量のティッシュを持ち運ぶ必要もなくなりました。

趣味のゴルフでも、早朝からのプレーもなんのその。鼻のムズムズ感がないスッキリした気分でプレーに臨むことができるので、嬉しい限りです。



今回はここまでです。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

なお、私は医療従事者ではありませんので、医療や治療に関するコメントは個人の体験・意見・知識になりますことを予めご了承ください。


ご質問やご相談のご希望の方は、お気軽にお電話ください。
0120-239-007 (365日・8時~22時まで)

【花粉症対策の乳酸菌発酵ポリフェノール】に関心のある方は、こちらをご覧ください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス