VSサポート

イベントの告知やご報告など、VSサポートからお伝えしたいことをみんなで更新しています。


テーマ:
こんにちは。そして明けましておめでとうございます。『小さなDarlin』です。
まずは1月11日のステンドグラス教室(午前の部)の話題から・・・
・・・と言っても、先々月…もとい先月の続きですが。
 
↑先月までの結果
では三階、書籍・教養コーナーで御座います。…って何言わせるんですか!
  ・
  ・
(途中のを撮るの、忘れてた...)
  ・
  ・
  ・
 
っと言う訳で(どういう訳だ・・・)、今回はこのあたりで・・・

 
 ・・・それぞれのペースと言うものがあるからか、今回で二段目終了(+α)の人から、三段目を終え四段目に入った人まで・・・
 果たして、自分のは来月で三段目終了…は出来るとして、四段目はどこまで進むのやら・・・
---------------------------------------------------------------------------------
では、MYコーナー「ポリシー無き曲紹介」改め『ポリシー無きカルチャー紹介 第4譜(ナンバーリングはそのまま継続)をお送りいたします。
前回までは音楽の紹介でしたが、今回からは小説とかも紹介します。
 
っと言うわけで、
 今回は、双葉社から発売されたミステリーアンソロジー『新鮮 THEどんでん返し』の解説です。手にした時の心境はまさしく、連邦のMS(ガンダム)の性能を試さんとするシャアの心境でした。
その期待を裏切らず、どの話も見事などんでん返しでした!
 全部語りたい所を我慢して三つだけ解説します。(無論、あとの三つも結構なお手前でした。)
※解説内の伏字 ○○は字数不一致。□□は字数一致です。
 
 ・大山誠一郎「事件をめぐる三つの対話」
地の文を排除し、それぞれの対話文だけで構成された話。
終盤「・・・あれ?」っと思い、トリックが明かされた時「ああ、そういう事か。だから○○なんだ。」っとやられました。
 
 ・水生大海「使い勝手のいい女」
「使い勝手のいい女」こと長尾葉月の一人称で展開される話。
途中 「アガサ=クリスティの『アクロイド殺し』を読んで出直して来い!」的な結末を予想し「って待てよ。『どんでん返し』のテーマでまとめた作品集の一つだぞ!それで終わるはずが・・・」と読み続け・・・
さらに意表突かれたかどうかはお楽しみってところで・・・
 
 ・似鳥 鶏「□□□□ □ □□□□」
タイトルにもトリックを仕掛けられているため、あえて伏字にしました。
自分的には『新鮮 THEどんでん返し』の収録作品の中でトップクラスのどんでん返し振りです。
 〈初読中の自分の心理描写〉 外は雪に覆われて、しかも出た跡も無い。(ついでに周囲の木々に何の形跡も無い。)外部の人間にとっては(まだ家に居ると言う事が無い限り)密室状況だと把握後〈キーワードから→〉「犯人は寒さに慣れていて、吹雪の中、ほふく前進で脱出した。」と考える。
最後の□ページ 「ん?何か引っ掛かる・・・」「あれ?○○か?」「ちょ、ちょい?!何故?!」
〈読み終えたあと〉はぁ・・・ 「某 □音少女探偵の□□□□□ □かと思ったら○○だった。」的イリュージョントリックを軽く越えるイリュージョンを見せ付けられた気分です・・・

---------------------------------------------------------------------------------
 
続きまして、「小さなコント PART6」です。今回はショートコント集です。
 
1.〔不思議な?電話〕
〈プルル、プルル〉
トメ「もしもし?」
電話「あ、母さん?俺だけど。」
トメ「え?もしかして勝也かい?」
勝也?うん、そうだよ。【(・u・)ニヤリ】実は・・・」トメ「あの事故だよね。」
也?「あ?ああ、そうだよ。それで・・・」
トメ「あの件はもう片が付いたから、安心して成仏しておくれ。」
勝也?「・・・・・は?」(・o・)アングリ
トメ「じゃあ、またね。」(カチャリ)
〔孫の〕幸子「ん?誰から?」(←二階から降りてきた)
トメ「おおー、今お前の父さんがね...」幸子「ちょっ、ちょっと!お父さん、事故で死んだよね?」
トメ「ああ、だけどまだ成仏できて無い様でね...一応あの件を報告してあげたけどね。」
幸子「そ、そう・・・(振り込め詐欺じゃあ・・・)まぁ、気をつけてよ・・・」
トメ「??  おう。」
 
勝也?こと詐欺師(本名はどうでもいい)「俺はもう死んでいる!【m9(・・)】…てか。ハハハ...」

2.〔初期の振り込め詐欺 その2〕
   (↑でいいよね?)
〈トゥルルルルル トゥルル・・・〉
藤宮羽衣〈本日風邪気味〉「もしもし、藤宮です。」
電話「あ、お婆ちゃん?あたしだよ♪」
羽衣「(・・・風邪声だから仕方が無いかもしれませんが・・・) …ん?もしかしてXXXXですか?」
〔※XXXXの中身は、この後解ると思います〕
電話「そうだよー、XXXXチャンちゃんだよー。」(^u^)v
羽衣「ちょっと、あなた! 」 電話「!? な?!なに??」
羽衣「ファンの人達、並びに向こうの人達に謝りなさい!」
電話「あ・・・(そういえばそうだ。)」
羽衣「その前に、警察に捕まるかもね。オレオレ詐欺さん?」
電話「ぁ...(ばれてた...)」

3.〔初期の振り込め詐欺 その3〕
〈プルル、プルル〉
高杉伸也(以下Sin)「もしもし。」
電話「あ、俺、俺。」
Sin「古田元監督か?」電話「そっ、代打俺!・・・て、ちがーう!」
Sin「うちは阪神ファンや!他所んとこのファンはお帰りや!」
電話「!? お、おい?」
〈ガチャリ!!〉
Sin「フン!つまらん詐欺電話切ってもーたわ。」
※ちなみに自分はどこも応援してません。ただ、坊主が憎けりゃ...って訳じゃないけど、読売のあのブルジョワ(元)オーナーは嫌いです。

最近は多種多様化してる為(主なパターンとして、パニックを起こさせる。他人に相談させない状況を作る。などなど)、冷静に、ご注意を。
(少し前は『振り込んでください詐欺』に改名したほうがいいのでは・・・、と思ったほど)
 ・・・では雰囲気を少し変えていきます。
 
4.【空気と書いてなんと読む?】
B「おい、こいつ抑えるからハバネロを口に詰めてやれ!」
A「あ、あの冗談ですよね...」
B「『本気』と書いて『マジ』と読む!!」
X「『変態』と書いて『マ○』と読む。」
A&B「お前、空気嫁!!」
X「? ○○○ワイフ?」
A「下ネタをかますな!!」
X「じゃあ からけ?」
A「と書いて『くうき』と読むの!このテボ!!」
                                         〔↑天然ボケです て言うかわざとくさい...〕
B「某モグラ女級の省略振りだな!」
著者「っていうか、お前らが空気読め!」

5.【前口上?】
(ゴロツキに囲まれた)JK「た、助けてください!」
ゴロツキ1(以下ゴ1)「そう叫んでも誰も来ねーよ!大人しくしな!」
ゴ2「アニキ。それヒーロー参上プラグですけど...(っと、プラグを潰してみる・・・)」
〈突然(「ローン・レンジャー」のテーマとしてもおなじみの)『ウィリアム=テルの序曲』が・・・〉
ゴ1「!? マジかよ!!」
    ・
    ・
    ・
ゴ1「・・・あれ?」
斜め向かい宅の人「ウルサイ!!」〔っと、ボールを・・・〕
ゴ3「ぅおわ?」(伏せる)
〔向かい宅(斜め向かい宅の隣)に投げつける!〕
(向かい宅に向かって)ゴ1「単に音楽かけただけかい!!」
〈(ショートなのでここで)ちゃんちゃん!〉JK「終わらせないで...」(TT)
(タイトルはフェイントでした。「『救世主』と書いて『メシア』と読む!」とか期待した?)

5.5(おまけ)『「泥棒」(←読みは「ルパン」)に逃げられ、拍手出来るのは漫画・TVだけ。』

6.【学生漫才?】
GON「はー、なんかたるいわ。」
Sin「オイオイ、顔色悪いで!どないしたん?」
GON「やっぱ体育の時、調子に乗ってオーバーアクションしまくったのがいけなかったようだ。」
Sin「ボケやなー。 無理せんと早よ保健室行って休みや!」
GON「行っても無駄だよ...」
Sin「なんでや?」
GON「だって我が校の保険の先生、XX先生だから...」
〈XXは脳内で好きな(?)お色気担当キャラに変換してください・・・〉
SinGON「HAHAHA!」
(司会の)上原怜奈「あたし、その手のジョーク嫌いだから、ノッチー!座布団2枚取り上げて!」
佐伯 希「はーい。」〔(って、大喜利かよ!)←byディスプレイの前の皆様〕
Sin「個人的な理由で座布団取り上げって・・・馬面司会者かいな!!」
GON「いやいや、ミイラ司会者だ。」
怜奈「最近また変わって今は独身司会者!!さらに1枚持って行って!」
「ほーい!って、座布団無くなったよ!」
怜奈「えー、二人の座布団がすっきり無くなったところで、また会いましょうね!バーイ!」(^_^)ノシ
著者「まだ不定期連載が残ってます。」
怜奈「・・・ごめんなさい。」
 
-----------------------------------------------------------------------------
 
っというわけで、MYコーナー【不定期連載ドラマ 『foget feather(9)』】開始します。
※このドラマはフィクションです。登場する人物、並びに地名・団体等はすべて架空のものです。
 
〔正面玄関 (期末テストの成績表前)〕
高岡遊也「く、くやしー!」
クラスメートB「どうした?千条院に負けたか?」
(今来た)千条院政人「ん?」
(成績表見て)政人「・・・下らんフェイントは止せ。」
遊也「だって、あと一問正解でパーフェクトの500点だぞ!」(498点)
政人(今回は6位)「・・・出っ歯折ろうか?」
クラスメートD「イヤミ(嫌味)だけに!?」[※遊也は出っ歯ではありません。]
 
〔1-A〕
遊也「あ、そういえば来週だよな!」
クラスメートC「なんだ?コミケか?」
遊也「違うよ!政人は知ってるよな!」
政人「・・・何だ?ディペート甲子園は再来週だぞ・・・」
遊也「初耳だぞ。 って政治部のことなんてどうでもいいだろ!」
政人「(ムカ!)・・・・じゃあ何だ?」
遊也「東條学園 野球同好会と倉野高校野球部 括弧 二軍 括弧閉じる との交流試合!」
政人「・・・そっちの方がどうでもいい・・・」
クラスメートB「そうそう、どうせ負けるし。」
遊也「ところが、今回は助っ人呼んだからボロ負けは無いだろ。」
政人「・・・物好きな・・・」
遊也「その物好きの顔を見るためにも今回は観に行こうぜ、政人!(ニヤ☆)」
政人「・・・フン!」
 
【エピソード9 Stand to the victry.】
 
(試合当日〔千条院宅前〕)
〈カチャ〉孝美「あ、遊也さん、おはようございます!」
遊也「おはよ!孝美ちゃん!」
政人「・・・・・・おはよう・・・」
遊也「おう!今日も不景気だな、政人!」政人「・・・フン!」
 
(移動中)
政人「・・・で、何でお前まで付いてくるんだ?」
孝美「内緒! だよねー!」遊也「ねー!」
政人「・・・何か企んでるな?」
遊也「細かい事は気にすんなよ、ブラザー!」
政人「・・・ドッキリでも仕掛ける気か?」
遊也「仮にそうでも大丈夫!某お坊ちゃんじゃないから、『己の不幸を呪うのだな!』的な罠は無いよ!」
孝美「(マニアックな・・・)」←判るお前もな! byディスプレイの前の皆様(?)
 
〔東條学園 購買部}
〈キンコンカンコーン〉←鉄琴っぽいお知らせ音
テンションの高い放送部員『はーい、みんな!一時間後に東條学園 野球同好会 バーザス 倉野高校 第2野球部との交流試合が始まるよ!』
孝美「な、何?!このハイテンション!!」
遊也「最早、東條学園の名物放送部員『水無月かおり』ちゃんだな!」
水無月かおり(以下かおり)『「えー見たくない・・・」? 駄目だよ!そんな事言っては・・メッ!だよ☆』
孝美「・・・なんか、楽しそうな人ね。」遊也「だろ♪」
かおり『今回は我が校の頼れる助っ人・榊原 雄三さんを含む数名の助っ人が参戦!』
周囲の生徒達『「おお。」ー!』
かおり『「紙一重かー?!」by同好会一同 なーんて言わせませんよ!倉野高校!!』
遊也(スピーカに向かって)「いいぞいいぞ!か・お・り!」
政人「・・・〈声援〉送る相手違うと思うな・・・」
かおり『以上、東條学園 名物DJこと「水無月かおり」でした。では、また後で!』
孝美「自分で言っちゃうんだ・・・」
 
 ・・・to be continued...
〈次回予告 by水無月かおり
ここではメタな事言っちゃってもいいよね!
 というわけで、ディスプレイの前のみんなにとって、一時間どころではない待ちを作っちゃいましたねー。
括弧 本編では 括弧閉じ!! 一時間後にマウンドに立つのは綾辻君(同好会 投手1)か?『』か?それとも『あの人』か?
 いよいよ次回『foget feather』エピソード10!【Dodge stadium.(炎の競技場)Ⅰ】!!
タイトル通りの熱い試合が出来るか?! 期待しちゃって下さい!
以上 初期予定では雄三さん達の活躍を教室{検定試験中(最・初期予定では期末テスト中)}の千条院君達に伝える役割だった放送部員こと水無月かおりでした☆
  それじゃ、まったねー☆(^_^)ノシ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

VSサポートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。