申し訳ありません。只今PCの方の諸事情により更新が滞っております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006年05月26日(金) 00時01分56秒

交流戦初・ガトームソンがノーヒットノーラン!

テーマ:ヤクルトスワローズ
◆ヤクルト6―0楽天(25日・神宮) プロ野球ヤクルトのリック・ガトームソン投手(29)は25日、神宮球場で行われた楽天5回戦で、プロ野球72人目(83度目)のノーヒットノーランを達成しました。

セ・リーグでは2004年10月4日の阪神・井川慶投手以来33人目(36度)で、交流戦では初の快挙となった。ヤクルトでは1997年9月2日の石井一久投手以来で、前身の国鉄時代を含めて7人目(8度目)。試合はヤクルトが6―0で勝ち、ガトームソン投手は今季4勝目を挙げた。

ガトームソン投手は、力のある直球とスライダーを中心に攻めの投球を展開。1回に失策、5回は四球で走者を許しただけの安定感で、楽天打線を寄せ付けなかった。

 ヤクルト・ガトームソン投手「素晴らしい気分。(達成の瞬間は)体中に鳥肌が立った。どんどんストライクを投げ、有利なカウントに持っていこうと思って投げた。打線が1回に3点を取ってくれたのが大きい。チーム全体の努力が実った」

 ◆リック・ガトームソン 米大リーグ経験はないが、04年シーズンに2Aで5勝4敗25セーブをマーク。マリナーズ傘下の3Aタコマを経て、昨シーズン開幕直後の4月にヤクルトに加入。昨季は8勝5敗。米国生まれでエドモンズコミュニティー短大出身。182センチ、95キロ。右投右打。29歳。

◆ガトームソン投手の投球内容

 ▽投球数139(空振り13、ストライク21、ファウル39、ボール47、打球19)

 ▽三振9

 ▽内野ゴロ7

 ▽内野飛球1

 ▽内野邪飛3

 ▽外野飛球7

 ▽失策1

 ▽四球1

 ヤクルト・古田監督「直球がよかった。7回すぎにベンチも意識しだし、途中粘られてひやひやした。本人はもちろんうれしいだろうけれど、チームとしてもうれしい。こういう勝ち方で勢いがつく」


いくら楽天相手ですがこの記録は出そうと思って出るものではありませんしね。野村監督も何も言えないですね・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2005年12月19日(月) 23時06分40秒

契約更改 12月19日

テーマ:プロ野球

実行委員会が、東京都内で行われ、試合のスピードアップのため、来季から攻守交代は2分15秒以内投手交代は2分45秒以内とする具体的な時間制限を初めて導入することを決めました。セ、パ両リーグ連盟の調べでは、これまでの攻守交代の平均は約2分20―30秒。来年1月25日の12球団監督会議の了承を経て、正式決定する予定だそうです。
またヤクルトの球団呼称を来季から「東京ヤクルトスワローズ」とすることを承認。2軍のサーパス神戸がチーム名から「神戸」を外すことや、オリックスの専用球場を大阪ドームからスカイマークスタジアムに変更することも決まりました。
このほか、根来コミッショナーが野球協約改定委員会の委員長に就任し、来年のオーナー会議議長に中日の白井オーナーを選出しました。
国内レンタル移籍、ポスティングシステム(入札制度)、外国人選手との契約制限などの諸問題は小委員会でたたき台を検討することになったそうです。



ヤクルトの多菊球団社長は、米大リーグメッツから戦力外通告された石井一久投手獲得に乗り出す方針を明らかにしました。同社長は「これから本人と話し合いをしなければ。古田に任せる」と話し、古田新監督を交渉に当たらせる意向を示しました。
石井投手は今季3勝9敗、防御率5・14と振るわず、シーズン終了後にメッツから来季の契約を結ばないと通告され、移籍先は日米を問わず柔軟に探す考えを明らかにしています。


阪神藤本選手が、2度目の契約交渉を保留した。200万円減の年俸4500万円の提示額は前回と同じ。「現状維持は譲れない。次は代理人を使わせてもらう」と、年明けの交渉では初めて代理人を立てる考えを明らかにしました。
2度目の交渉となった久保田投手保留。金銭提示にまで至らず、越年となりました。

5年契約の最終年になる片岡選手現状維持1億8000万円でサイン。

関本選手現状維持3000万円で更改しました。(金額は推定)


オリックスは、新外国人選手としてジェイソン・グラボースキー内野手(29)=192センチ、91キロ、右投げ左打ち=と契約したと発表しました。1年契約。契約金と年俸合わせて60万ドル(約6960万円)
グラボースキー選手は今季米大リーグ、ドジャースで65試合に出場。傘下の3Aラスベガスでは中村紀洋とともにプレーし、打率3割9厘だった。大リーグ通算190試合で打率1割9分6厘、11本塁打。(金額は推定)


正捕手として144試合に出場した横浜相川選手が、前回提示から200万円増の年俸6000万円で契約を更改。選手会長となる来季に向け「優勝争いできるようチームを引っ張りたい」と気持ちを新たにしていました。
また、土肥投手は6600万円、代理人交渉の多村選手は1億円と、ともに前回提示と同額を保留門倉投手も7500万円を保留した。(金額は推定)


日本ハム立石尚行投手は、2度目の契約更改交渉で1500万円増5550万円でサインしました。今季は先発、救援で28試合に投げ、5勝1敗の成績。

6勝4敗江尻投手200万円増2100万円で更改しました。(金額は推定)


ロッテ橋本選手が、2100万円増5000万円で契約を更改しました。
今季は捕手が里崎との併用制で出場は72試合にとどまりましたが、「下位打線でのつなぎの役割や、マスクをかぶったときの投手の防御率などを評価してもらえた」と一発サイン。「来季はまだ達成していないシーズン100試合出場に向けて頑張る」と話しました。(金額は推定)


西武帆足和幸投手が、3度目の契約更改交渉で、前回より300万円増の7000万円の提示を保留しました。今季13勝で、2年連続2けた勝利の帆足投手は「1年通してやったので、簡単に妥協できない」と話した。次回交渉は年明けの予定。(金額は推定)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月18日(日) 22時40分18秒

ロッテ李承ヨプ残留で合意 12月18日

テーマ:プロ野球

31年ぶりに日本一に輝いたロッテが、成田空港着の航空機でハワイでの優勝旅行から帰国しました。

また、韓国の聯合ニュースによると、今季で2年契約が切れた李承ヨプ内野手が、「ロッテに残留することで合意した」と語り、来季もロッテでプレーすることを明らかにしました。仁川国際空港に帰国し、韓国記者団に「1年後には米大リーグに行きたい」と明言。米大リーグ挑戦に向け、もっと守備機会を増やすよう球団側に要求したことも明らかにしました。


ソフトバンク川崎内野手が、ヤフードーム内で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸9000万円でサインしました。
今季は、開幕直後に左脇腹を痛めて5週間ほど戦列を離れた。出場試合数(102)打率(2割7分1厘)盗塁(21)と、すべて昨季の数字を下回った川崎選手は「成績には納得していない。ダウンも覚悟していた。来季は全試合フルイニング出場したい」と奮起を誓いました。(金額は推定)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月17日(土) 22時57分55秒

契約更改 12月17日

テーマ:プロ野球

今季43本塁打を放ってセ・リーグの本塁打王に輝いた広島新井選手が、5000万円増の年俸8800万円で契約更改しました。
新井選手は本塁打のほか打率3割5厘、94打点と打撃3部門でいずれも自己最高の成績を残し、「金額は希望通り。球団も評価してくれた」と満面の笑みでした。
球団からは「来季は黒田と2人でチームを引っ張ってくれ」と言われたというそうで、「期待を感じるし、うれしい。三塁で全試合フルイニング出場を目指す。1試合1試合、魂を込めて頑張りたい」と主力としての自覚を口にしていました。(金額は推定)


ソフトバンク新垣投手は、ヤフードーム内で契約更改交渉に臨み、1300万円増の年俸1億円でサインしました。右腕は大台到達に「目標だった。これからは自覚を持ってプレーしないと」と口元を引き締めていました。
今季は、6月から約1カ月半は不調で戦列を離れましたが、シーズン後半に巻き返して10勝6敗、防御率4・61。新垣は「来年は、1年間ローテーションを守りたい。防御率もことしの杉内のように2点台を目指したい」と目標を掲げました。(金額は推定)

星野投手が、700万円増の年俸7200万円で契約を更改しました。今季は8月まで先発陣の一角を担い、8勝5敗。2度目の交渉で、前回提示より500万円の上積みとなった右腕は「来季の目標は日本一。夏場を乗り切る体力をつけて、自分もその輪の中に入って活躍したい」と誓いました。(金額は推定)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月16日(金) 23時44分09秒

種田17年目で初の大台

テーマ:横浜ベイスターズ

種田内野手が16日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉し3500万円増1億2500万円プラス出来高でサインした。2年連続打率3割など攻守で渋く貢献し、17年目で初の大台に「けがでもう駄目だと思う時期もあった。やっと一流に近づけた」と話しました。

川村投手1800万円増7700万円プラス出来高で更改。

全試合4番先発の佐伯選手現状維持1億3000万円を、村田選手(代理人)は3150万円からの増額提示をそれぞれ保留した。(金額は推定)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月16日(金) 23時42分08秒

仰木彬氏が急死

テーマ:プロ野球

近鉄オリックスの監督を務めて3度のリーグ優勝、1度の日本一に導いた仰木彬(おおぎ・あきら)氏が15日午後4時10分、呼吸不全のため福岡市内の病院で死去しました。70歳。福岡県出身。葬儀・告別式は故人と家族の意向により密葬で行われます。

福岡・東筑高から1954年に西鉄に入団し、1年目から二塁手でレギュラーを獲得。中西太氏、稲尾和久氏らと西鉄の黄金時代を築きました。
1970年から18年間の近鉄コーチを経て1988年に近鉄監督に就任。相手の意表を突く采配は「仰木マジック」と呼ばれ、前年最下位のチームを最終戦(10月19日)まで優勝争いを演じるチームに引き上げました。「10・19」は現在でも語り草となり、翌1989年にはリーグ優勝を果たしました。

1994年から8年間はオリックス監督。「イチロー」の名付け親として知られ、2軍からイチロー外野手を一番打者に抜てき、前人未到の210安打を達成させた。阪神大震災が起きた95年は「がんばろうKOBE」を合言葉にリーグ制覇。翌96年には長嶋茂雄監督が率いる巨人を破って日本一に輝き、被災に沈む神戸市民を勇気づけました。

2004年に野球殿堂入り。今季は近鉄と統合されたオリックスの監督に就任したが、体調不安を理由に一シーズン限りで退き、球団のシニアアドバイザーに就いていました。監督としての通算成績は988勝、815敗、53分け。イチロー外野手をはじめ、野茂英雄投手、田口壮外野手など多くの大リーガーを育て、飾らない人柄は多くの野球ファンに愛されました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月16日(金) 23時36分53秒

イチローが最優秀守備選手

テーマ:メジャーリーグ
米大リーグの公式ホームページ、MLBドットコムオンライン投票で実施している2005年シーズンの表彰選手が15日発表され、マリナーズのイチロー外野手が「最優秀守備選手」に選ばれました。

この表彰は02年から行われていますが、同ホームページによると、これまで最多の330万人以上のファンが投票。イチローは「最優秀守備選手」部門で22・7%の支持を集め、名手として知られるエドモンズ(カージナルス)やA・ジョーンズ(ブレーブス)らを抑えました。イチロー選手は、ゴールドグラブ賞を1年目の01年から5年連続で受賞しています。
このほか、主なものでは「最優秀抑え投手」にリベラ(ヤンキース)「最優秀打者」にオーティズ(レッドソックス)が選ばれました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月14日(水) 23時39分12秒

川相、来季コーチ兼任

テーマ:中日ドラゴンズ

川相選手は、現状維持の年俸5000万円で来季の契約を更改。24年目となる来季は「メンタルアドバイザー」の肩書でコーチを兼任することが決まりました。
今季69試合に出場しており「選手にとって精神的な防波堤になれればいい」と話しました。

中継ぎで10勝3敗の岡本投手500万円減の年俸6500万円の提示を保留しました。

また、秋季キャンプでテストし、採用した前西武の鳥谷部選手の背番号が70に決まったと発表しました。


(金額は推定)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月13日(火) 22時43分24秒

契約更改 12月13日

テーマ:プロ野球

日本ハム小笠原道大内野手(32)が、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉し、5000万円減の年俸3億8000万円でサインしました。
今季6億5000万円だった横浜の佐々木主浩投手が引退し、5億円のソフトバンク・城島健司捕手が米大リーグのマリナーズに移籍などの事情もあり、小笠原選手は大幅ダウンながらも、来年は日本人選手最高年俸となる可能性が高いです。
今季は6年ぶりに打率3割を切り、2割8分2厘と低迷し「奮起して頑張るしかない」と話した。来季中に取得予定のフリーエージェント(FA)権の行使については、「他球団の評価を聞いてみたい気持ちもある」と含みを残した。(金額は推定)


楽天は、前西武ホセ・フェルナンデス内野手(31)=192センチ、100キロ、右投右打=と契約を結んだと発表しました。1年契約で契約金5000万円、年俸2億円プラス出来高。背番号は未定。
フェルナンデス選手は、2003年にロッテに入団し、昨年から西武に移籍。今季は26本塁打を記録するなど、3年通算で打率2割9分3厘、91本塁打をマークした長打力が魅力。「実績のある野村監督の下でプレーできるのを楽しみにしている」と話し、野村監督も「実績もあるし、決まってほっとした」とそれぞれ球団を通じてコメントしました。(金額は推定)

吉岡選手が、2度目の契約交渉に臨み、現状維持の前回提示より100万円アップとなる、年俸7600万円でサインしました。
今季は打率2割8分2厘、10本塁打をマーク。昨年春の右アキレスけん断裂の大けがからの復活を果たした吉岡は「規定打席に到達したことが評価された。苦しい1年だったが、自信になった」と喜びをかみしめていました。(金額は推定)


31年ぶりに日本一に輝いたロッテが、成田空港からハワイへの優勝旅行に出発しました。米国に帰国中のバレンタイン監督も現地で合流する予定。18日に帰国。


広島は、背番号の変更を発表しました。栗原選手が50から5、佐竹選手が36から13に変更。
また新入団選手の背番号も発表され、高校生ドラフト1巡目指名の鈴木選手(遊学館高)は50、大学・社会人ドラフト3巡目指名の梵選手(日産自動車)は32に決まりました。

インディアンスのショーン・ダグラス投手(26)=198センチ、105キロ、右投右打=と契約が成立したと1発表しました。年俸50万ドル(約6000万円)プラス出来高払い1年契約で、背番号は21に決まった。

ダグラス選手は今季メジャー・タイガースで18試合に登板し、16試合に先発。5勝5敗、防御率5・56の成績で、10月にインディアンスに移籍していました。
また今季24セーブを挙げたベイル投手と年俸100万ドル(約1億2000万円)プラス出来高払いで契約を更新した。(金額は推定)


中日は、フリーエージェント(FA)宣言して巨人に移籍した野口茂樹投手(31)の補償選手として、小田幸平捕手(28)の獲得を発表しました。
小田選手は兵庫・市川高から三菱重工神戸を経て1998年に巨人入り。プロ8年目の今季は、正捕手の阿部選手が右肩痛で一塁手にコンバートされたシーズン終盤に先発の一角を担うなど31試合に出場。
小田選手は中日への移籍を了承し、「中日には谷繁さんという日本球界を代表する捕手がいる。少しでも技術を盗んでチームに貢献できたらと思う」とコメントしました。


ソフトバンク大村外野手は、ヤフードーム内で3年契約の2年目の契約更改交渉に臨み、5400万円増1億7000万円プラス出来高払いでサインした。フリーエージェント(FA)で移籍した今季は、打率2割7分、31盗塁をマーク。3度目のゴールデングラブ賞にも輝きました。出来高について「試合数など、クリアしないとマイナスになる“逆出来高”も結んでいる。FA選手はそれだけの結果を出さないと」と話しました。
9年目で最少の59試合の出場にとどまった柴原選手3000万円減の年俸1億2000万円で更改。「来季は一からやり直したい」と巻き返しを誓いました。

吉田選手3600万円減2400万円プラス出来高払いでサインしました。(金額は推定)


西武和田一浩外野手(33)が、所沢市の球団事務所で契約更改交渉を行い、2000万円増の年俸2億7000万円でサインしました。
今季は前半こそ出遅れたが、後半に盛り返し、打率3割2分2厘で初の首位打者に輝きました。4年連続で打率3割をマークし、27本塁打だった和田選手は「チームの成績や打点の少なさ(69打点)を考えると、現状維持かダウン提示もあると思っていた。タイトルが大きかった」と話しなした。(金額は推定)

高木浩選手が、10%減の年俸6840万円で契約を更改した。今季は視力障害で出遅れ、48試合の出場にとどまりました。

自己最多の131試合に出場した赤田選手は、30%増3900万円でサイン。

貝塚選手は2800万円で更改した。(金額は推定)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月13日(火) 22時34分09秒

西武森、デビルレイズと交渉 12月12日

テーマ:メジャーリーグ

デビルレイズは、ポスティングシステム(入札制度)での大リーグ移籍を希望している西武の森慎二投手(31)との独占交渉権を獲得したと発表しました。落札額は明らかにしていません。
西武は既に落札を受諾しており、デビルレイズは来年1月11日まで森と独占交渉を行い、合意すれば移籍が成立します。
デビルレイズにはことし7月半ばまで、野茂英雄投手が所属していました。

森慎二投手「ドラフトにかかるような気分で、わくわくして待っていた。どの球団でも頑張るだけ。目標は高く、ストッパーを任せてもらえたらいいと思う。三振の数でアピールしたい」

ポスティングシステム(入札制度) 所属球団の承認を得て米球界入りを希望する日本球界の選手の交渉権を、大リーグ球団が入札で得るシステム。獲得を望む大リーグ球団からの最高入札額が、日本側に通知されます。日本の所属球団が受諾すれば、最高額で入札した大リーグ球団に30日間の独占交渉権が発生。交渉が合意に達すれば、日本球団への送金などを経て移籍が成立します。


2002年まで米大リーグでプレーした、前オリックスのマック鈴木投手(30)=本名鈴木誠=が、アスレチックスとマイナー契約を結ぶことで合意したと、代理人の団野村氏が明らかにしました。
来春は招待選手としてアスレチックスの大リーグキャンプに参加し、大リーグ昇格を目指します。
鈴木投手は兵庫・滝川二高から米マイナーリーグに参加し、1996年にマリナーズで大リーグデビューを果たしました。その後、ロイヤルズ、ロッキーズ、ブルワーズなどを渡り歩き、6シーズンで16勝31敗の成績を残しました。
03年にオリックスに入団、03、04年で計53試合に登板し、通算5勝15敗1セーブ、防御率7・53。今季は2軍戦で17試合に登板しただけで自由契約になっています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。