稲毛海岸ポタリング | ☆ ディズニーシー風景写真 ☆

稲毛海岸ポタリング

そろそろ紅葉を見に行くような季節ですが…


オリンピックが始まる前の7月上旬にポタポタした時の写真です。

 

 

千葉県の幕張メッセではテコンドーやフェンシング、レスリングなどの競技が行われたようです。




当時、幕張メッセ周辺にはご覧のような囲いが設置され通り抜けできないようになっていて…




人通りは少ないものの、オリンピックムードがひしひしと感じられるエリアとなっていました。

 



そんなメッセ通りを走り抜け稲毛海浜公園へ。




こちらの公園、広さは東京ドーム10個分!


いなげの浜、花のミュージアム、プール、音楽堂、ヨットハーバー、運動場、バーベキュー広場…などなどの総合施設があります。


 


さらにさらに、ちょっと来なかった間に“スモールプラネット キャンプ&グリル”なる施設ができていましたびっくり





ウッド調のシンプルなレセプションセンター。

 




四月にオープンしたそうですが、さっそくの賑わいっぷり。


 



ドームテントは、いま流行りのグランピング施設とな。


 


 



千葉産の新鮮食材のバーベキューが楽しめるのですって。





緑あり、目の前に海もあり…。


自然と大いに戯れることができそう!





海岸の方に行ってみます。


 



いなげの浜にお洒落なウッドデッキ作ってます!


来年春に完成予定。

 




Googleマップで位置確認!





海岸に沿って続く道をチャリチャリ。 


市民が協力して植えたというクロマツの防風林がいい雰囲気。





一旦自転車から降りて、白い砂を踏みしめつつ浜に出てみます。


 



左手奥に工事中のウッドデッキが見えますね。





右手にも穏やかな砂浜が続きます。


いなげの浜は長さ1,200メートル。


日本で最初に作られた人工海浜ですが、令和元年に白い砂浜へとリニューアルされました。



この白砂は何と!オーストラリアの山砂を運んできたらしいです。




気持ちのいい広大な芝生広場。

 

 



磯の松原の景色は最高!


 



いなげの浜のお隣は“検見川(けみがわ)の浜”(長さは1,300メートル)


 

 

 

 


ヨットハーバーがあります。


 

 


夕陽に染まるヨットが映画のワンシーンみたい。


 



いなげの浜とはまた違った趣き。


 



ちょこっと寄り道。





“サーフ・オーシャンテラス”はシーフードのレストラン。


ウェディングパーティーなども行えるみたいです。





一階の“ブリオッシュ ドーレ”さんのクロワッサンやバゲット、マフィンにサンドイッチ…などなどは、とにかくどれも美味しそう!


今回は“季節限定”に惹かれてドリンクを購入。


 


 



淡いオレンジ色に染まってゆく空と海を眺めながら…。



 



この日も暑かった…。


甘酸っぱいシュワシュワがカラダに染みるぅ〜。


 



オブジェ『浜辺の情景』のシルエットも美しい。


 



検見川の浜とオサラバし、最後は“幕張の浜”


幕張の浜へは『美浜大橋』を渡らねばなりません。





この美浜大橋、海浜大通りを走る車が、あまりの夕陽の美しさに、思わず橋の上に車を停めてまで眺め入る夕陽スポット。


 



そんな橋の欄干にはカップルたちの落書きがいっぱい。


きっと夕陽を眺めながらロマンティックな二人の時間を過ごしたことでしょう。





あともう少し待てば、海に沈み行く美しい夕陽を見られたかもしれません。


…が、我が家までの道のり遥か。


あまり暗くなりすぎないうちに帰ります。




この日の走行距離:44.28km(ストラバ計測)


ari-kaz