清澄白河へGO!② | ☆ ディズニーシー風景写真 ☆
新型コロナウイルスに関する情報について

清澄白河へGO!②

清澄白河といえば『清澄庭園』が有名。


入園には予約が必要とかって聞いてるし、コロナ禍だから今回は諦めようって思っていましたら、


入り口に“感染対策での入園ができます”との案内が。(←未練がましく、行ってみた甲斐あり)


せっかくなのでお邪魔させていただくことにしました。

 

 



先ほどカレーパンを頬張った清澄公園のお隣が清澄庭園。


東京都の名勝に指定されていて、池を中心として、その周りを回遊できるタイプのよう。


 

 

 



入り口にてチケットを購入。


さすが都立、150円とはお安い!ウインク

 

 



庭園に足を踏み入れると、それまでの下町情緒はどこへやら…


 



辺りは静けさに包まれ、なんとも心安らぐ雰囲気です。


 



緑が豊かな園内に散策欲も急上昇⤴︎


 

 


仙台石を使った石橋も立派です。


 



眼前が開けるとご覧の景色。


青い空と樹々の緑、そしてそれらを映し出す広大な池。


 



水辺の紫陽花と数寄屋造りの風情が素敵。


 



池の端には石が飛び飛びに置かれていて、足元に気を付けながらの“磯渡り”を楽しめます。







ふと足を止めて下を見やると、エサをくれると思うのか、沢山の亀さんたちが集まってきます。


中には巨大なスッポンもいたりして…あやまって池に落ちでもしたら大惨事となりそうですガーン



 




『古池や かわづ飛び込む 水の音 』の句碑が…。


 



松尾芭蕉とこの庭園に何か縁があるのかと思いきや、特にそういう訳ではないそうな😅


 



菖蒲が咲いていました。


淡い色合いは和みますね。


 



 

 



先の石橋や磯渡りの石なども含め、園内には全国から集められた様々な名石が配置され、それぞれに可愛い名札も立てられています。


 



庭園の外の高層ビルが異質な雰囲気。


都会の中のオアシスであることを実感。


 



池の中にはいくつかの中島も。


 



その中島にも渡って行けるようになっています。

 

 



見事な枝ぶりの松。


どこもかしこも手入れがバッチリ。

 

 



滞在時間は1時間くらいだったでしょうか。


緑豊かな庭園にすっかり癒され、次の場所へと向かいます。





清澄庭園のほど近く、住宅街の中にあったのは…

 




チーズ専門店のお店『チーズのこえ』。


 



美味しいソフトクリームいただきましたキラキラ





こちらは若者に人気の『fukadaso』




築50年のアパート兼倉庫をモダンにリノベーション。


表向きはレトロなままに、お洒落なカフェや雑貨屋、美容サロンなどの複合施設となっているそう。


残念ですが、ちょいと混んでそうだったので今回はスルー。


 



そして、清澄白河の地名が有名になったのは、このブルーボトルコーヒーの日本1号店ができたおかげなんじゃないかと。




清澄白河に行ったなら、是非ともその旗艦店に寄ってみたいと思っていたけれど、そう思うのは私だけじゃないみたい。


あまり写ってないけど店の右側にある空き地に入店待ちの長い列。


ここもスルーするしか…えー



清澄白河…若者に大人気の街でした。


 


清澄白河での居場所が見つからなくなったので、お得意のスカイツリー経由で帰ります。


 



ブルーボトルに行く気満々だったのに、結局ファミマのペットボトルで我慢ショボーン


 

 


この日の走行距離49.88km。


まぁまぁの走行距離かなウインク



ari-kaz