三年目の魅惑のリンゴ | ☆ ディズニーシー風景写真 ☆
2018-10-18 17:58:57

三年目の魅惑のリンゴ

テーマ: ┗シー食レポ
ヴィランズが暗躍するシーのハロウィーン。

四年目となる今年、いよいよフィナーレとなりますね。



これまで数々のヴィランズモチーフのフードを食べてきたけれど…

ニューヨーク・デリで毎年いただいてきたサンドウィッチが思い出深い。



一年目は、キャプテン・フック船長をモチーフとしたサンドでしたが、

二年目、三年目、そして四年目は、ウィックドクイーンの魔法のリンゴがモチーフ。

毎年、この赤く輝くビジュアルに引き寄せられるようにデリを訪れていたっけ…。



その魅惑の(毒)リンゴに会えるのも今年が最後ということで、別れを惜しんで食べおさめしてきました。


妖しげなパープルの包みにくるまれていた “生ハムとアップルのサンド”


相変わらず見た目は可愛い。




昨年は“生ハムと紫キャベツのサンド” っていうネーミングでしたか。


二年目、三年目とリニューアルされてきたサンドなので、


ラストイヤーはサンドの中身が変わるかな?と思っていましたが、残念!中身は昨年と同じでしたね。


初年度のようなヴィランズの勢いは衰え、何かフェードアウトしていくような、もの寂しい気がしました。




とは言え、デリのサンドは中身がギッシリ!(そこそこお高いだけのことはあります)



生ハムたっぷり、紫キャベツのマリネ、チーズ、そして角切りのリンゴが隠れているのです。


食べ応えを感じるサンドであることに間違いはないです。




白雪姫は、リンゴを一口かじっただけでその場に崩折れたのだけど、


バクバク食べても尚、ケロリとしていた私たち。


どうやら我々はクイーンの眼中には無いようでしたσ(^_^;)笑




セットにはフレンチフライとドリンクが付いてきます。


 



こちらはセットドリンクに幾らかお代を上乗せしまして、サワーホワイト。


ベリーとビアの相性は、まぁまぁと言ったところ。


 

 


色合いがきれいで美味しそうだったので、デリサラダもいただきました。


これ一品で結構お腹いっぱいになりますね。

 

 



頼まずにはいられなかったベジタブルスープ。


キャベツの甘みが堪らない!


これからの季節、ますますリピートしてしまうことでしょう。

 

 



ちょうど、ヴィランズのショーを終えたダンサーの皆さまが通りを帰られて行くのが見えました。


ショーもしっかり見納めねば!!


 

 

さて、ハロウィーンも残すところあと僅か。


心残りのないように…


そう思いつつも、あれもこれもがいっぱい過ぎて、心残りしそうな予感しかないです(><)



ari-kaz



 

ari-kazさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス