ポパイ&北斗拳太郎 ダブルタイトルマッチ ポパイ編 by Hiroshi | 東京・港区(赤坂・六本木エリア)の格闘技ジム【ヨハンボススポーツスクール】(ボスジムジャパン)オフィシャルブログ
2012-09-22 20:40:17

ポパイ&北斗拳太郎 ダブルタイトルマッチ ポパイ編 by Hiroshi

テーマ:試合
タイトルマッチが行われるこの日、会場のディファ有明は、観客の歓声と熱気、異様な盛り上りをみせている。

スーパーライト級王者 影日“ポパイ”和徳が三度目の防衛戦に挑む。


この試合、過去最強の影日ポパイが見れる。そう確信していた。

なぜなら彼は視力が0.1しか無いにも関わらずそれを隠し今まで闘っていた。
しかし、4ヶ月前にレーシック手術をし、視力を1.2まで回復させた。

そこに待っていたのは別世界だった。
今までは感覚で避けていた攻撃もハッキリと見てとれる。一番変わったところは距離感が抜群に良くなった点だ。今までは相手に触れられて打ち合いに持っていく、そんな粗暴なスタイルだった。しかし今は違う。相手の攻撃を貰わずに当てる。

この意味がわかった。

自信に満ち溢れた影日"ポパイ"和徳

凜とした表情、雰囲気がある。

相手選手は空手出身、心が強い選手とみた。

しかし、影日ポパイにとってそれはなんの問題にもならない。

影日ポパイの心は不動心。

「望むところだ、ハートで会話をしようぜ!」


選手入場!!

ポパイの神々しい入場テーマ曲が場内を包む。

ざわめく場内

そこにバスターソードを高々と掲げたマッチョメン(ハルク大城)が現れる!

ゆっくりとソードを掲げ歩く男

その後方、スポットライトで照された影日"ポパイ"和徳が現れた。



「すげー!」「なんなんだ!こいつら!」「鉄仮面被ってるよ!?」と場内で歓声があがる。



影日“ポパイ”和徳

今、堂々のリングイン!!

歓声がよりいっそう、大きなものへと変わった。


試合開始のゴングがなる!!


対峙する両雄

で、デカイ!!

体重はスーパーライト級63.5キロと大きいはずはないのだが、ポパイの身体が異様に大きく見える。しかし、それは錯覚ではない。ドライアウトをし1日で体重を10キロ近く戻していたのだ。

圧倒的な威圧感は相手選手を呑み込む。

その威圧感から、高速で影日ポパイの拳が炸裂する!!

ファーストコンタクト!!


度肝を抜かれる相手選手!!

当たれば終わると感じさせる一撃。

相手選手は呑まれる前に自分のペースに引き込む為、連打を繰り出す。

しかし、ポパイはそれを冷静に捌き、強力なカウンターパンチをお見舞いする。たった一発のパンチでざわめく場内、スピードが桁違いだ!!相手は堪らずクリンチ、しかしポパイの強力な首相撲から膝!

強い。

相手選手はポパイのパンチ力とフィジカルに圧倒されていく。相手選手もパンチを必至に振っていくがポパイにはまるで掠りもしない。

ボステクニックという圧倒的なまでの技術がポパイを絶対王者へと昇華させた。

前回の試合から影日ポパイのディフェンス力は桁違いに上がっていた。

レーシック手術恐るべし。

今度はポパイが強烈なローキックを次々とぶつけて行く。

相手選手の足は悲鳴をあげる。

堪らずクリンチにくる相手選手に対してポパイは冷静にムエタイテクニックを見せつけキャンパスに叩きつける。

それならばと相手選手は前蹴りで距離を外しにくるが、そこにドンピシャリのタイミングでワンツーを叩きこむポパイ。

顔面を痛打され意識が上にいく相手選手。

確実に効いている、今度は上から下へ、ローキックを叩き込む。そしてポパイはいきなり上へと攻撃を変えた!

またもや、まともにパンチが相手選手の顔面を捉える!!

そのパンチ力に怯んだ相手選手は堪らずクリンチ。

ポパイはクリンチに戸惑うことなく、お構いなしに攻め続ける。さがることを知らないポパイ。


追い込まれる相手選手。


なんとか食らい付く相手選手。
しかしポパイは必殺のローキック!!!

脳だけではなく足にもダメージを蓄積していく。

前回の試合でも唸りをあげたローキックだ!ポパイのローキックは痛みだけではない。膝の靭帯を破壊するローキック。膝を破壊されては身体はいうことを効かない。本物のローキック。

足に意識がいったその刹那!!


影日ポパイのテンカオが相手選手のレバーに炸裂!!!


苦痛で表情を歪め腰が砕ける相手選手

そこにさらに強烈な膝を叩き込む!!

レフリーが堪らずダウンを宣告

なんとか強い気持ちでファイティングポーズをとる相手選手。見事なスピリットだ!!

しかし、再開と共にポパイの豪腕が唸りをあげ!!一方的にパンチを叩き込む!危ない!!

すると相手陣営から、白いタオルがリングに投げ込まれ試合は終わった。


3ラウンドKO勝利!!


影日“ポパイ”和徳が圧倒的な力をみせつけスーパーライト級タイトル 三度目の防衛を成功させた。

堂々とベルトを巻く影日“ポパイ”和徳

何回でも防衛してやる。

ベルトの価値、団体のレベルをあげるには、ただ防衛するだけではダメだ、他団体に乗り込みビッグネームを倒すことにある。ベルト統一。これからが本当の勝負だ!!

次回はJ-netのタイトルマッチが決まった。
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

次回も応援よろしくお願いいたします。


押忍。

ボスジムジャパンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス