北斗の膝!! の巻 by Hiroshi | 東京・港区(赤坂・六本木エリア)の格闘技ジム【ヨハンボススポーツスクール】(ボスジムジャパン)オフィシャルブログ
2011-10-16 19:35:21

北斗の膝!! の巻 by Hiroshi

テーマ:試合
北斗 ケンタロウ プロ3戦目




彦一は後輩に言っていた

「今の北斗ケンタロウ、ハッキリ言って強いよ。」

「ランカーレベル?違うね。」


「K-1チャンピオンと闘ってもいい勝負をするだろうね。」








北斗拳太郎は練習の成果を試せることに悦びワクワクしていた。




拳「自分はライオンですよ」


拳「ライオンはウサギをも全力で狩ります。」


拳「今どれぐらいのレベルか確認します。」



一同「な、なにぃ」



彦一「ケンタロウ先輩らしいや」ニャ
※彦一こと松戸の祐介はケンタロウの直属の後輩である。その強さを一番身近に感じてきた男である。…しかし彼が一番憧れている先輩はハルク大城。「な、にゃにぃ!!」



相手選手は数年前アマチュア王者をたった1Rで葬り去った男。キャリアはケンタロウの5倍はあろう。プロ3戦目の男がなかなか口にできる言葉ではない。大器の片鱗を感じさせずにはいられない。



ケンタロウにはその自信を裏付ける血の滲むような努力、厳しいトレーニングがある。

ヘビー級のラオウのような男と試合さながらのスパーリングをこの数ヵ月100ラウンドはこなしてきた。普通の人間ならば首が破壊されるか、逃げ出す程だ。


その力が北斗拳太郎にここまで自信を持たせるのだろう。





時はきた。



闘いといこう。




場内に心地好いアナウンスが響きわたる。


北斗 拳太郎選手ぅ



入場!!



北斗 拳太郎が姿を現す。

デ、デカイ!
見事にビルドアップした身体にジージャンが悲鳴をあげる。


あいつは言っていた、キシェンコのような身体を見せると…モ、モンスター



場内がザワつき震えた。



この日の為に作った新コスチューム。そのクオリティもさることながら、そのビルドアップした身体は本当にミドル級なのか!?


北斗 ケンタロウ


堂々のリングイン!!


リングインとともに会場は大きく揺れた!!



やはり相手選手と並んでも二回りはデカイ。



会場からため息がもれる。

「なんだぁあいつの衣装面白れぇ」「はぁ~色ものかよ 笑」「でもなんかデカくねぇ??」「ただデカいだけじゃね(笑)」


リングにあがり歓声を受ける北斗ケンタロウ!

彦一は言う

「そりゃそやろ、ケンタロウ先輩はこの日の為にキシェンコさんの身体になったんや。身体をいじめぬいて来たんや!今のケンタロウ先輩はモンスターや!!笑ろてた人ら要チェックやで!!」


北斗 拳太郎は試合前にこうも語った


拳「誰が本当のモンスターか知らしめてやりますわ。

動画になってアップしたらモンスターって解説者に連呼して貰いますわ。」


出たな有言実行。
しかし、これはなかなかできることではない。まず解説者の方がモンスターって言ってくれるか微妙だ。そうだ彦一に解説して貰おう。




試合開始のゴング



北斗ケンタロウが緩やかなステップを刻む。


様子をみるのか



そう思った瞬間、線光が走った。「ピカっ!」



その刹那、相手選手の足が弾けて曲がった。



ローキック!!



※ローキックとはボスジムで最も強力な技の一つとして説明される技である。



そう、北斗ケンタロウは絶対にブロックできないローキックを放ったのだ!


相手選手は元ボクサー、ボクサーはローキックに滅法弱い。これはアントニオ猪木VSモハメド・アリの頃から決まってしまっている。


そこから物凄いスピードのパンチを叩きこむ!



{み、見えていない!!



相手選手は目のいい元ボクサーだが、蹴りとパンチを混ぜられ全く攻撃が見えていない。翻弄される相手選手。

相手選手はケンタロウの高速の拳に顎を打ち抜かれ腰から崩れおちる!!



ダウーン!!!!




ほんの一瞬だった!!?その隙をついた。




「脳が、脳が揺れているのか!!?」


レフリーが慌てて割って入る。


ダメージは明らか

根性で立ち上がろうとする相手選手、素晴らしいファイティングスピリットだ。カウンタ8で立ち上がる。


しかし、そこを見逃す拳太郎ではない。


ダッシュ


目にも止まらぬスピードでパンチを撃ち込みにいく。


間違いない「北斗百列拳」だ!!




相手選手は必死で下を向きながらパンチを返す。しかし拳太郎は打ち合いを得意としている。ボクサー相手に全く臆することがない。


打ち合いから凄いキレたフック!


ドンピシャのタイミング!!


ボクサーのテンプルをモロにとらえた。




クラクラ~ドサッ!


ダウン!!!




「やはり脳が、脳が揺れている!!」


レフリーが慌ててカウントをとる。


ダメージは深刻

しかし、根性で立ち上がる相手選手。ふらつきながらなんとか8カウンタで立ち上がる。


しかし、そこを見逃す拳太郎ではない。



物凄いキレのパンチ!そして天を突く上段膝蹴り!!


北斗の膝!!!!!!



顔面を撃ち抜かれ腰から砕け落ちる相手選手。




レフリーが試合を慌てて止めた。





会場は静まりかえる


その圧倒的な北斗拳太郎の強さに


静まりかえった会場が一気に爆発する!!

「超強ぇぇぇ!!北斗拳太郎!」「ただデカイだけじゃねぇのかよ!?!」「これが北斗神拳なのか!!」


そう、北斗拳太郎は色もんのように見えて実力本物!!



1ラウンド2分59秒パーフェクトな1ラウンドKO勝利!



入場も試合も盛り上がりました!見事な1ラウンドKO劇でしたね。関係者の方に声をかけていただく。

アマチュアチャンピオンキラーに完勝。アマチュアで上までいった強さを証明。




お忙しい中、応援して下さった皆様、熱いご声援本当にありがとうございました。


これからも応援よろしくお願いいたします。


会場にいた初見の人間は思ったはずだ「ハァ~第一試合は色もん出てきちゃったか」「まぁ衣装面白れぇし、顔見知りのような感じすっから応援してみっか」





しかし、その予想を遥かに上回った。


みんな北斗ケンタロウに注目だ!!





ボスジムジャパンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス