第2回目は、ボルネード・エアー社編

 

前回の土地柄編から少し時間が空いてしまいました・・・。

担当の山本です。今回はボルネード・エアー社編になります。

 

ボルネード・エアー社(以下ボルネード)は、広大な倉庫、工場、オフィス、ラボで出来ています。

 

倉庫には、膨大な量のボルネード製品が、販売先・商品別に並べられています。また、この倉庫には工場も併設されていて、アメリカ製の商品はここで作られています。アイテム数は100品目以上あり、日本未発売の商品もたくさんあります。

 

オフィスは、アメリカらしく多くのスタッフが個室を持っています。役職によって部屋の大きさの大小はありますが、ゆったりとした空間で仕事をしています。セールス、デザイン、ファイナンス、カスタマーセンター、と部門ごとに分かれて配置されています。

 

ラボですが、ここでは新商品の開発、試作、また世界各国で起きたトラブル等の検証の場になっています。新商品の開発では、近年3Dプリンターを使った試作も積極的に導入しています。

 

そして今回ぜひご紹介したいのが、写真の「連続稼働テスト」です。ボルネードはこれまで販売した商品をすべてこの棚に置き「連続稼働テスト」を行っています。世界各国で販売したすべてのモデルを国ごとに分け、その国の電圧で稼働させています。日本なら100V、台湾なら110V、韓国なら220V、オーストラリアなら240Vのように。

 

 

写真は日本仕様製品の棚です。すべて止まるまで稼働し続けます。多くの製品が一度も止められることなく10年以上動き続けていることには、私も驚きました! 製品を作る際に、ある程度の連続稼働期間は予想がつくそうですが、耐久性を裏付けるためには、やはり「実際に」動かし続けることが一番だそうです。私達代理店が安心して輸入・販売できているのは、このようなボルネードの物づくりに対する姿勢があるからです。

 

海外における商品展開は、各国ごとに大きく異なります。当然のことながら多湿地域のシンガポールやマレーシアでは、加湿器やヒーターを販売していません。導入商品選びは、基本的に各国の販売代理店(日本では弊社)とボルネードで話し合いをしながら、選んでいきます。環境、生活習慣、流行、法律、供給方法は国によって違いますので、お互いの意見を取り入れて、最も合った商品を1点ずつ慎重に選びます。私達も日本の総代理店として責任を持って向き合っています。

 

ちょっと話が堅くなったので、次回はボルネード周辺の環境についてお伝えしたいと思います。