緊急事態措置等の影響緩和のため月次支援金の給付があります | 神戸市西区の女性税理士 ふじものブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

緊急事態措置等の影響緩和のため月次支援金の給付があります

2021年の4月以降に実施される

緊急事態措置やまん延防止等重点措置の

影響を受けた中小法人や個人事業者さんに

月次支援金の給付が行われます。

 

 

給付対象は、下記に該当する場合です。

 

1. 緊急事態措置、または、まん延防止等重点措置に伴う

飲食店の休業・時短営業、外出自粛の影響をうけていること。

 

2. 2021年の月間売上が、2019年または、2020年の

同月比で50%以上減少していること

 

給付額は、

2019年または2020年の基準月の売上-2021年の対象月の売上

で、

中小法人は、上限が20万円、個人事業主は10万円になっています。

 

すでに申請受付中の一時支援金は、

1~3月のいづれかの月が50%以上減少で

2019年または2020年の対象金額の合計売上-2021年の対象月の売上×3

の給付額でした。

中小法人は、上限が60万円、個人事業者は30万円となっています。

 

一番の大きな違いは、

一時支援金の場合、1回の給付で完了となりますが、

月次支援金は、各月ごとに比較し、該当すれば

月ごとに給付を受けることができます。

 

今回も、事前に登録確認機関で確認を受け、

基本情報を入力、必要書類を添付して、申請となります。

 

概要については、下記をご確認ください。

 

 

税務顧問、起業のご質問はこちらまでラブラブ
神戸市西区の税理士 藤本会計事務所