• 06 Dec
    • あそび・場所を選ぶ

      こんにちは。コブタコーチこと小川優です。本日は、松江市にあるニチイキッズまつえ上乃木保育園さんにて、1・2歳児クラスを指導させて頂きました。繰り返す。体が覚える。虹タルを通り、ベンチに腹這いになり、登っていくあそび(写真右)ある女の子が、ずっーーと夢中になってあそんでいた場所。最初は、体をモゾモゾして、ぎこちない動きで登っていく。何回か繰り返していくうちに、ベンチの横を手で握り、引っ張り、だんだんスムーズに登れ出す。指導が終わる頃には、「見て!!」と言いながら、スイスイ登る。あそび・場所を選べる乳児のプログラムでは、子ども達、一人一人が自由にあそび(場所)を選べるように環境(しかけ)を創ります。30分の指導の中で、どこのあそび・場所を選ぶかは子ども達の自由。色々な場所であそぶ子もいれば、今日の女の子のように1つの場所であそぶ子もいる。もちろん色々な場所であそぶ方が、色々な動きが経験できるのは確か。でも、もっと大事なのは、子ども自身が、どこにオモロイを感じているか。オモロイを感じた場所で、オモロイという感覚を大事に、心が満たせれるまで、あそび込む。今日の女の子は、1つの場所でオモロさを感じ、何回も何回も繰り返す。じゃあ、次回の指導の時は?また同じ場所でオモロイを感じるのか。それとも違う場所なのか。はたまた色々な場所であそぶのか。あそび・場所を自由に選べる環境だからこそ、見えてくるオモロさ。そんな楽しみもコブタコーチに与えてくれた女の子でした♪やってみたいの心と体を育むコブタコーチのリーベ式運動あそび●コブタコーチプロフィール●リーベプログラム紹介●保育士研修のご案内●お客様の声●お問い合せ●facebook●Instagram2014年より、島根県を中心にリーベ式運動あそび(乳幼児運動あそび指導)をスタート。「楽しいの先に育ちがある」楽しい!オモロイ!で心と心が響き合う指導を実践中。のべ2万人以上の子どもを指導。2017年度契約園数 16園(松江市・安来市・江津市)リーベ運動あそび公式PVリーベ公式ホームページはこちらから リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動中【リーベ・京都】アフロコーチ(代表 阪田隼也)おやまコーチ(藤本真志)【グイードベル・静岡県】お茶コーチ(高橋亮佑)

      6
      2
      1
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 大人の意識でからだが育つ。保護者講演会でお話しさせて頂きました。

      こんにちは。コブタコーチこと小川優です。先週の土曜日、みつき田和山第2保育園さんにて、保護者さんを対象に講演会をさせて頂きました。●リーベ式運動あそびとは?●子ども達に本気で感動した話●今日から出来る「体づくり」をテーマにお話しさせて頂きました。事前のアンケートで▼家庭で出来る運動あそびを教えてほしい。▼公園や図書館以外に一緒にできる遊びはないですか。▼幼児期の子どもにとって必要な体の動かし方を教えてほしい。などなどの声を頂いていました。この声って、すごくリアルです。たぶん多くの親御さんが聞きたい事なんです。実際、よう聞かれます。今回もあそびのネタは、最後の最後にちょろっとだけ紹介させて頂きました。ホンマにちょろっとだけ。それよりも日常に運動、体が育つ事はイッパイ潜んでいる。大人の捉え方や意識の向け方で、子どもの体は育ちますよ。という、お話をさせて頂きました。日常を大事にする▼コブタコーチは、家でお子さんとどんな事してあそぶんですか?こんな仕事をしているので、これもよう聞かれます。我が子に対して、何か特別な事をしているのではないか。すごく体が育つ事をしているんではないか。おもしろい事いっぱいしているんやろうな。と思われているようです。実際、何も特別な事はしてません。正確に言えば、そこを気にしなくなりました。実は、僕も昔は特別な事を求めていた時期がありました。我が子の体が、育ってほしいという想いで。講演会を聞いて下さった保護者さんと、まったく同じ。でも、それは続かなかったんです。そんな時に、運動って、何か特別な事をする事なんか。運動って日常にイッパイ潜んでんちゃうか。大人の意識の向け方次第やで。というのを教えて頂きました。月に何回か特別な日があれば、それはそれで最高。でも、体を育てるという視点に立てば、毎日出来る事の方が育つに決まっている。でも、毎日毎日、特別な事は出来ない。僕は出来なかったんです。何か特別な事を始めなくても、日常の中に体が育つ事ってイッパイ潜んでる。大人が少し視点を変えたり、意識を向ける事で、子どもが「からだを使う場面」が増えます。そんな事を書いているブログ記事です。「こども時間?おとな時間?」日常に潜む運動とは?からだを育てるという視点から見るだけで、ちょっと子どもを待てたり、許せちゃったりもするんです。※指導依頼、講演会依頼のお問合せはこちらから。やってみたいの心と体を育むコブタコーチのリーベ式運動あそび●コブタコーチプロフィール●リーベプログラム紹介●保育士研修のご案内●お客様の声●お問い合せ●facebook●Instagram2014年より、島根県を中心にリーベ式運動あそび(乳幼児運動あそび指導)をスタート。「楽しいの先に育ちがある」楽しい!オモロイ!で心と心が響き合う指導を実践中。のべ2万人以上の子どもを指導。2017年度契約園数 16園(松江市・安来市・江津市)リーベ運動あそび公式PVリーベ公式ホームページはこちらから リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動中【リーベ・京都】アフロコーチ(代表 阪田隼也)おやまコーチ(藤本真志)【グイードベル・静岡県】お茶コーチ(高橋亮佑)

      12
      1
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 子どもも大人もイッショ

      こんにちは。コブタコーチこと小川優です。今週の火曜日、安来市役所健康福祉部子ども未来課さんにて、子育て支援の指導をさせて頂きました。ある2歳の男の子。その子は、写真奥に見える緑のマットの上でお母さんといました。初めての環境で不安なんかな~。安心を感じたら、動き出すかな~。この子の安心を感じる入り口は、どこなんやろな~。と思いながら、遠くで見守ったり、近づいて触れてみたりと矢印を向けていました。僕が近づいても、平気な男の子。不安要素が、僕ではないことに僕が安心。笑緑のマットの上で、30分ぐらい過ごした男の子。お母さんとあそんで、まわりの友達の姿を見て、少しずつ安心し、別の器具であそび出しました。「お~動き出したな~」と思い、近づき、「見てたで」と、ひと言伝えました。ここは、安心してあそんでいいんやで。を伝えたくて。子どもも大人もイッショ指導が終わり、そのやりとりを見ておられて職員さんから、「見てたで」この一言で、お母さんも安心するんですよ。と教えて頂きました。親子の活動では、子どもはもちろん、親さんにも楽しんでほしいと思っています。楽しい=安心ならば、親さんの安心も大切。実は、子ども以上に大人の方が、不安や心配を感じている部分もある。大人は経験値がイッパイあるから。そして、子どもが大好きだから。子どもに向けた一言が、親にも響く。そんな新たな気付きをもらえた良き時間でした。やってみたいの心と体を育むコブタコーチのリーベ式運動あそび●コブタコーチプロフィール●リーベプログラム紹介●保育士研修のご案内●お客様の声●お問い合せ●facebook●Instagram2014年より、乳幼児運動あそび指導をスタート。のべ2万人以上の子どもを指導。2017年度契約園数 17園(松江市・安来市・江津市)リーベ運動あそび公式PVリーベ公式ホームページはこちらから リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動中【リーベ・京都】アフロコーチ(代表 阪田隼也)おやまコーチ(藤本真志)【グイードベル・静岡県】お茶コーチ(高橋亮佑)

      6
      2
      テーマ:
  • 10 Nov
    • 子どもを信じて見守る

      こんにちは。コブタコーチこと小川優です。先日、江津市のぞみ保育園さんにて2才児クラスを指導していた時の一コマ。なかなか動き出す事の出来ない男の子。先生にくっついてみたり、壁際に座っていたり。何かに不安を感じてんのかな~まだ心が安心してないんかな~何に興味をしめすんかな~などと思いながら、間接的な矢印を向けていました。出来るなら、あそんでほしいという気持ちは、もちろんあり。でも、あそんでいないのには、何か理由が絶対ある。動いているから〇動いていないから×そんな捉え方ではなくです。その日は、ゴムリングをハンドルに見立てて車に乗るというイメージのあそびをしていまいた。その男の子に、忘れてないで。安心してあそんでいいで。が伝わればと思い、その子の側にゴムリングを1つ置きました。それから少し経つと、ゴムリングを触り出し、ゴムリングを持ちながら、歩き出し、ゴムリングを入れていたカゴの近くに行き、もう1個ゴムリングを手に取り、と少しずつ、少しずつ、心が動き、体が動き始める男の子。ええぞ~と思うコブタコーチ。その時です。車に乗りたい女の子。でも、他の子が乗っていてハンドルがカゴの中に1個もない。どうしようと困っていました。この子、どうするんやろな~と見守る事に。子どもがどう感じて、行動するのか。この姿を見るのも楽しみの1つなんです。見守っていると、あの男の子が、フラ~と女の子に近づいてきました。次の瞬間。男の子が、「はい」と言って、女の子に1つゴムリングを渡してくれました。子どもを信じて見守るついつい大人は、先回りして色々と教えてしまいがち。その方が、スムーズに進むし、自分も楽だから。もちろん、それが必要な場面もいっぱいあります。色々教えたいというのは、子どもに対しての優しさの表れでもあるから。どっちがいいとか悪いとかではなく、両方大事。その時その時で、どっちを選択するのか。今回は、見守る事を選択。そうする事で、男の子の優しい気持ちに出会えました。女の子は、男の子の優しさを感じたはず。もし大人が、困っている女の子に手を差し伸べてたら見る事の出来なかった姿。多分、女の子も困っている間に色々と考え、感じていたはず。でも、大人が手を差し伸べる事で、また違った姿が見えていたのも事実。ようは、バランス。両輪が大事って事です。その後、男の子に「ハンドル貸してくれて、ありがとうな。」と伝えました。そこから、その男の子は夢中になってあそび出しました。本当に何がキッカケになるか分からない。だから、オモロイんです。リーベ運動あそび公式PVリーベ公式ホームページはこちらから リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動中【リーベ・京都】アフロコーチ(代表 阪田隼也)おやまコーチ(藤本真志)【グイードベル・静岡県】お茶コーチ(高橋亮佑)やってみたいの心と体を育むコブタコーチのリーベ式運動あそび・ コブタコーチプロフィール・ リーベプログラム紹介・ 保育士研修のご案内・ お客様の声・ お問い合せ2014年より、乳幼児運動あそび指導をスタート。のべ2万人以上の子どもを指導。2017年度契約園数 16園(松江市・安来市・江津市)

      8
      テーマ:
  • 02 Nov
    • 子どものレールに乗っかる

      こんにちは。コブタコーチこと小川優です。一昨日、みつき保育園さんの4才児クラスを指導していた時の一コマ。「小人さん、みんなが仲良しな所、見たいんやって。見せてくれる?」と聞くと、「うん!いいよ~!!」と、2人で仲良く手を繋いで小人さんの上をジャンプ。コーンが小人で、ゴム紐が手を繋いでいるというイメージあそび。2人組で一緒に動く。一緒にやる人の気持ちを考えて動く。子ども達の行動で、子ども達の心がいっぱい見えて、オモロイんです。これについては、また違う機会にブログ書きますね。いっぱいジャンプをしてあそんだ後、「小人さんの上、もう通れへんねんて。どうする?」と聞いてみる。僕の準備していたレールでは、「下、くぐる!」と返ってきて、「じゃあ、下くぐろか!」の流れ。しかし、子ども達から返ってきた声は、「小人さんお腹すいてるし、果物あげる!!」子どものレールに乗っかる完全に僕が思っていたレールと、まったく違うレール。実は、7月の運動あそびで小人さんに果物届けに行ったんです。子ども達の心には、このあそびが楽しくて、残ってるんやなと実感。とは言え、今日は果物(ボール)は持ってきておらず・・・でも、子ども達は果物届けに行く気満々。子ども達の心は完全に動きまくってる。この瞬間をおもしろがりたい。「今日、コブタコーチ果物持ってきてへんわ~。どうしよう・・・」と言うと、「じゃあ、作る!!!!!」と子ども達。もー最高です。オモロすぎです。無いものは作ろうという事で、みんなでエア料理。包丁で切ってます。笑そして、作った果物を小人さんにお届けに。お互いの事を見ながら、届けてる姿。ホッコリします。下をくぐる。今日、僕の目的としていた動き。その目的に向かうレールが違っただけ。大人のレールで向かうのか。子どものレールで向かうのか。どっちがいいとかではなく、両方必要。でも子どものレールには、オモロイがいっぱい詰まってます。なぜなら、子ども達の心から湧き出てきたものだから。リーベ運動あそび公式PVリーベ公式ホームページはこちらから リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動中【リーベ・京都】アフロコーチ(代表 阪田隼也)おやまコーチ(藤本真志)【グイードベル・静岡県】お茶コーチ(高橋亮佑)やってみたいの心と体を育むコブタコーチのリーベ式運動あそび・ コブタコーチプロフィール・ リーベプログラム紹介・ 保育士研修のご案内・ お客様の声・ お問い合せ2014年より、乳幼児運動あそび指導をスタート。のべ2万人以上の子どもを指導。2017年度契約園数 16園(松江市・安来市・江津市)

      7
      テーマ:
  • 24 Oct
    • 何をするかより誰とするか。親子ふれあいあそびの感想を頂きました。

      こんにちは。コブタコーチこと小川優です。10月6日に、松江市内小学校2年生の親子活動に講師として呼んで頂きました。昨日、感想を頂きましたので、一部ご紹介します。●タオル1枚で、楽しみながら運動ができて、自然に笑顔になれて、ステキな時間を過ごすことができました。子どもも大人も大満足の時間でした。●特別なおもちゃではなくてタオルであんなにワイワイと遊ぶことが出来てビックリ!楽しかったです。家でもやってみようと思いました。●つい本気になってしまい、疲れました。なかなか全力で子どもと遊ぶことはないので楽しかったです。●ふだん動けない分、たくさん動けて楽しかった。子どもと一緒に体を動かすことはなかなかないのでいい機会だった。子どもも楽しそうにしていて嬉しかった。その他にもたくさんの嬉しい声を頂きました。本当にありがとうございます。お父さん、お母さんの全力で楽しむ姿。キャーキャー言いながら、大笑いする姿。もしかしたら、普段なかなか見れない姿。だからこそ子ども達には、お父さん、お母さんのこんな姿をいっぱい、いっぱい肌で感じてほしい。何をするかよりも誰とするか。その誰が子ども達にとって特別な存在の人だから。親子ふれあいあそびプログラムリーベ運動あそび公式PVリーベ公式ホームページはこちらから リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動中【リーベ・京都】アフロコーチ(代表 阪田隼也)おやまコーチ(藤本真志)【グイードベル・静岡県】お茶コーチ(高橋亮佑)やってみたいの心と体を育むコブタコーチのリーベ式運動あそび・ コブタコーチプロフィール・ リーベプログラム紹介・ 保育士研修のご案内・ お客様の声・ お問い合せ2014年より、乳幼児運動あそび指導をスタート。のべ2万人以上の子どもを指導。2017年度契約園数 17園(松江市・安来市・江津市)

      7
      テーマ:
  • 20 Oct
    • 優しさや思いやり。そのスタートは自分自身

      こんにちは。コブタコーチこと小川優です。昨日の夕食後の出来事。昨晩は、仕事を終え、帰宅したのが19時半過ぎ。夕食を終えたのが、20時過ぎでした。僕の夕食が終わると、「父ちゃん羽子板しよう」と4才の長男が言ってきた。この羽子板、長男が去年?保育園で作ってきたもの。子ども達の寝る時間も近かったので、15分間と時間を決めスタート。始めて10分ほど経った時に2才の長女が近寄ってくる。「リカちゃんはアンパンマン(右)がいい!!」と長男が使っている羽子板をほしがる長女。アンパンマン好きの長男。長男が使っているものが良く見える長女。こらケンカが始まるな~と思った僕。次の瞬間の長男の一言が嬉しかった。「使っていいよ!アユトはこっち使うし!!」と言って、妹にアンパンマンの羽子板を渡してくれました。自分の心が満たされると周りに降り注ぐ「人に優しい子に育ってほしい」「思いやりのある子になってほしい」と思う大人は大勢いるはず。優しさや思いやり。それは自分ではない他の誰かの気持ちを感じる事。自分ではない人に気持ちを向ける事。その為に、まず1番に満たされないといけないのは誰か。間違いなく、自分自身。「人に優しくしなさい」「思いやりを持ちなさい」言って、教える事も大切。でも、その子自身の心が満たされれば、自然と降り注いでいくものでもある。昨晩、長男の心は、満たされていた。だから、長女に優しさが降り注いだ。長男のひと言から、そんな事を感じ、考えさせてもらえた嬉しい夜でした。完全に親の勝手な判断ですが。その後、僕がお風呂に入ってると「父ちゃん、お風呂上がったらパンツどれ履く?」と僕のパンツを準備してくれる長男。笑なんと、僕にも優しさが降り注いできましたとさ。リーベ運動あそび公式PVリーベ公式ホームページはこちらから リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動中【リーベ・京都】アフロコーチ(代表 阪田隼也)おやまコーチ(藤本真志)【グイードベル・静岡県】お茶コーチ(高橋亮佑)やってみたいの心と体を育むコブタコーチのリーベ式運動あそび・ コブタコーチプロフィール・ リーベプログラム紹介・ 保育士研修のご案内・ お客様の声・ お問い合せ2014年より、乳幼児運動あそび指導をスタート。のべ2万人以上の子どもを指導。2017年度契約園数 17園(松江市・安来市・江津市)

      5
      テーマ:
  • 17 Oct
    • ハプニングをおもしろがる

      こんにちは。コブタコーチこと小川優です。今日は、しらゆり第3保育園の3歳児クラスを指導。ハプニングをおもしろがるお腹ペコペコな動物さんに果物を届けよう。小鳥とダンスをしたり、魚になって泳いだり、そんなこんなしてるうちに動物さんの所に到着。いよいよ動物さんに会える。「動物さん呼んでくるし、目つぶって待っといて~」と言うと。ワクワク、ドキドキ、待っている子ども達。薄目をして、見ている子どももチラホラ。笑「顔上げていいよ~」と言った次の瞬間。「ワァ!!!!!!!!!!」と言って、立ち上がる子ども達。立ち上がったと思ったら、そのまま動き出す子ども達。笑ちょっとしたハプニング。でも、この瞬間が大好きです。いやいやルール説明してないし、何するか分かってないやん…その通りです。笑「今は聞く時!」言いたくなる気持ち。よ~く分かります。ホンマに聞いてほしいときもありますもんね。どこをどのタイミングでおもしろがるかが大切。ようはバランス。でもハプニングには、オモロイが詰まってる事が多々あり。何にも説明してないのに動き出してる子ども達。何の迷いもなく興味のある事に動き出せる。そこに指示待ちの姿は一切なし。大人で想像して見てください。何の説明もなく、さぁどうそ!って1番どうしていいか分からないですよね。でも子どもは、動き出せるんです。こんな子ども達、最高です。この瞬間、子ども達の心は物凄く動いてる。興味のある事に一直線。だから、そこを大事にする。ルールは後でも十分、伝える事が出来る。この瞬間、動いている子ども達の気持ちは「今」しかないですもんね。指導をしていると、色々と起きるハプニング。それを誰の目線で捉えるかが重要。これからも、ハプニングを「おもしろがれる」指導者、大人でありたいです。リーベ式運動あそび公式PV リーベ公式ホームページはこちらから リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動中【リーベ・京都】アフロコーチ(代表 阪田隼也)おやまコーチ(藤本真志)【グイードベル・静岡県】お茶コーチ(高橋亮佑)

      2
      2
      テーマ:
  • 05 Sep
    • 動くのが不安な子に安心を伝える3つのアプローチ

      前回のブログで書いた【乳児のおもろい=安心】今回は、不安な子に安心を伝える為に、僕が行った3つのアプローチ(関わり方)を紹介。先生に頼る前回のブログでも書いたように、まずは、おもいっきり先生に頼らせてもらいました。初めての環境で不安たっぷりの女の子。その環境の中で、安心できる場所といえば、やっぱり、普段から一緒に過ごしている先生の居る場所。まずは、その場所で安心してほしいなと。言葉ではなく、姿で伝える先生に頼って、僕は何をしていたか。他の子ども達と全力であそんでいました。もちろん、不安な女の子に目をかけながら。女の子に対して、この場所、安心してあそんでいいんやで。この時間、安心して過ごしていいんやで。を伝えたくて。言葉ではなく、姿で。言葉で「楽しいで」「オモロイで」よりも楽しそうな姿、面白そうな姿で導く方が伝わるなと思ってます。さりげなく触れる他の子ども達と全力であそびながら、不安な女の子の近くを通る時は、さりげなく頭をポンポンと。「忘れてないよ~」「コーチしっかり見てるよ~」「この場にいてくれて、ありがとう」の想いを込めて。初めは、あえて女の子の視野に入らない、後ろ側からポンポンとしてみたり、表情がほぐれ、少しづつ動き出して来たら、横からしたりと。その時の子どもの様子を見ながら、どの距離感で伝えるのがいいのかなと探りながら。今回、この3つが僕が実践した関わり方。不安な子に対して、直接的に関わったというよりも先生や子ども達の力に頼り、間接的に伝えるという関わり方。もちろん、違う関わり方があって当然やし、これが100%正解だとも思ってません。十人十色子ども一人一人それぞれ違う存在ですもんね。今回は、僕が実践した関わり方を紹介しましたが、これはある意味、小手先の技術の部分。それよりも、もっともっと大事にしたい考え方。何をするかより、誰がするか。何を言うかより、誰が言うか。これからも、この誰をどんどん高めていきたいと思ってます!!-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      4
      テーマ:
  • 09 Aug
    • 乳児の運動あそびのおもろいって?

      楽しいの種類その場だけの「楽しい」とすっと心に残り続ける「楽しい」リーベでは後者の「楽しい」を「おもろい」と呼んでいます。子どもはもちろん、園の先生方にとってもそして保護者さんにとってもおもろい時間にしたいんです。乳児の運動あそびのおもろいって?ある園で今年度2回目の指導をさせて頂きました。対象は2歳児クラスの乳児さん。7月に1回目の指導を行った時に、初めての環境が不安で(もちろん当たり前)…男の人が苦手で…先生に抱っこされ、30分泣いていた女の子。2回目の指導はどうやろな~と。その日も、先生に抱っこされ、泣きながら、遊戯室に入ってきました。今、ここで僕が近づくのは逆効果やなと思い、しっかり先生に頼らせて頂きました。指導が始まり、いつ近づこうかな。何がきっかけになるかな。どのタイミングで心が動くかな。と考えながら、目をかけてました。すると時間が経つにつれ、涙が止まり、少しづつ表情がほぐれ、先生と一緒にあそびだし、いい笑顔で、自らあそぶ女の子。今や!!と思い、近づき、手を出すと、最高の笑顔でタッチ。もうホンマにホンマに嬉しかったです。【乳児のおもろい=安心】いつも一緒に過ごしてる友達の楽しそうな姿に安心いつも一緒に過ごしている先生の笑顔や優しさに安心この場所、安心して、あそべるな。この時間、安心して、過ごせるな。そして、安心できる友達や先生がいるな。この安心こそが、乳児の運動あそびの最大のポイント。乳児のおもろい=安心だなと肌で感じた瞬間でした。長くなってしまったので、不安な子に安心を伝える為に行ったアプローチについては、次回のブログで書きますね♪-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      3
      1
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 「おもろい」で動く!子どもの「こころ」と「からだ」

      楽しいの種類その場だけの「楽しい」とすっと心に残り続ける「楽しい」リーベでは後者の「楽しい」を「おもろい」と呼んでいます。子どもはもちろん、園の先生方にとってもそして保護者さんにとってもおもろい時間にしたいんです。「おもろい」を実感したエピソードある園での朝の出来事。7月は、今年度2回目の指導(1回目は4月に実施)園に到着し、道具を遊戯室に運び入れていると、集まってくる子ども達。指導で使用しているマット(赤)を見るなり、「あっ!リンゴだ!」と言って、いきなり食べ始める子ども達。次に青のマットを見ると「ブドウだ!」と食べ始める子ども達。この子ども達の姿を見て、「楽しい」が心に残ってんな!「おもろい」を感じてくれてんな!!と指導前から嬉しくなりました。ずっと心に残り続ける実は、1回目の指導(4月)の時にマットを果物に見立てて、食べる(フリ)というあそびをしたんです。これは、ブドウを食べているシーン。必死に食べてます(笑)たった1回(このあそびは、ほんの数分)あそんだ事を、3ヶ月経った7月になっても、しっかり覚えてくれている。朝、パッ!とマットを見ただけで、心が動き、体が動いた子ども達。この子たちにとって、これはただのマットではなく、まぎれもなく果物になってました。その後「小人さん連れてきた?」「今日も小人さんとあそべる?」と聞いてくれる子ども達。自分自身が主人公になった、あそびの世界が、子ども達の心にしっかりと残っている。何かおもしろい事して!の受け身ではなく、早くおもしろい事をしたい!の自発的な姿。「おもろい」最高!!!-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      4
      テーマ:
  • 30 Jun
    • 「おもろい」の共有

      先日、みつき保育園&みつき乳児保育園さんの保護者さんが普段、子ども達が行ってる運動あそびを体験してくださりました。心に残り続ける「楽しい」を「おもろい」と呼ぶ楽しいの種類その場だけの「楽しい」すっと心に残り続ける「楽しい」リーベでは後者の「楽しい」を「おもろい」と呼んでいます。子どもはもちろん、園の先生方にとってもそして保護者さんにとってもおもろい時間にしたいんです。今回は、リーベの「おもろい」を保護者さんに体験・体感してもらえる絶好の機会だったわけなんです。体験の様子写真からも伝わる、保護者さんの素敵な笑顔。途中、しんどくて遠くを見つめる姿もチラホラ。笑そんな姿も、また子どもの力を感じられるおもろい姿。また、体験会が終わった後に参加して下さった保護者さんが「ずっーーーと笑ってました」という感想を言って下さったり。おもろいの共有今回の体験会を通して、「普段、子ども達はこんな事をしてるんだ!」「クジラ。小人。イメージの世界。そういう事だったんだ!」「コブタコーチって、こんな人なんだ!」というのを体験してもらう中で伝えさせて頂きました。ある保護者さんから「リーベがあった日に子どもがクジラさんとあそんだ!と嬉しそうに教えてくれるんですが、全然なんの事か分からなかったが体験して、話がつながりました」と言って頂けました。体験し、話が繋がった事で、子ども達を指導した日には、運動あそびの話が、家庭で1つの話題になれればいいな~と。「おもろい」を親子で共有してもらえたらなと。これが僕の目指す子どもも大人も楽しい!嬉しい!幸せ!!を感じれる運動あそびの1つの形だなと感じました。これからも子どもも「おもろい」保育士さんも「おもろい」そして、保護者さんも「おもろい」みんなに「おもろい」を感じてもらえるように頑張るのみです!!その為には、まず自分自身が「おもろい」ですね。どんだけ「おもろい」言うね~ん。笑-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      2
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 保育士さんが新たな子どもの姿を発見できる理由

      リーベの運動あそびを体験して下さった保育士さんの感想から保育士さんは「なぜ」新しい発見が出来たのか?まず何よりも保育士さん自身が運動あそびの時間を「楽しい」と思ってくれた事。感想の中にある「楽しい雰囲気」その雰囲気を作るのに、子ども達と僕だけでは物足りないんです。大人の姿は子どもにうつる大人が笑顔なら子どもも笑顔になる!大人がワクワクしてたら子どももワクワクする!と信じて指導しています。何より、その大人の姿で子ども達は安心するんちゃうかなと。安心は楽しいに繋がる大きなポイント。運動あそびの時間が子どももコーチも保育士さんも安心できる場所であり、自然と笑顔溢れる時間にしたいと思っています。保育士さんも自由に行動リーベの運動あそびでは子ども達を並ばせる。順番を待たせる。何か技術的な補助をする。この必要なしなんです。保育士さんも自由に行動してOK。例えば◎子どもと一緒に動くもOK!◎気になる事にじっくり寄り添うのもOK!◎クラス全体、子ども達を客観的に見るのもOK!◎子どものように無邪気にあそんで、気分リフレッシュもOK!などなど、その時に先生方の想い・ねらいで自由に行動を選んでもらってOKなんです。「楽しい雰囲気の中で自由な行動を選ぶ」保育士さんにとって、そんな時間である事が、子どもの新しい姿を発見できるに繋がると思っています。今日は何して楽しもうかな~♪リーベの時間が子どもだけではなく、大人もワクワクする時間になれればと思っています。なせなら大人の姿は子どもにうつると信じているから。-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      2
      テーマ:
  • 02 Jun
    • 心に残る。心に響く。

      たった1回、40分、のあそびでも子ども達の心に残り、そして響く。そんな事を実感し、めちゃめちゃ嬉しかったエピソード。この日が、年間2回目の指導だった、4才クラスの子ども達。4月に行った1回目のあそびは?眠たそ~うにしている小人さんを寝かしつけ(リーベではコーンを小人に見立ててあそんでいます)小人がぐっすり眠ったら、その上をジャンプ!!これが4月に行った1回目のあそびでした。そして、今週が2回目の指導。1回目の指導から、1ヶ月。今回も、小人さんとあそぶために、ジャングルで果物食べたり、動物とあそんだり、カミナリからおへそ守ったり、していると小人さんの島に到着。さぁ!小人さんの登場!たぁ~ぷりの期待感で、目隠しをして小人さんを待つ子ども達。この間に僕は20本程度のコーンをバラバラに立てて(今回は小人が起きているイメージで)環境設定。僕の「いいよ~」の一声で、子ども達が顔を上げ、次の瞬間、、、一斉にコーン(小人)の所に走りよる子ども達。どうしたんや!と思うボク。笑何が始まるんやろ~と見ていると、なんと小人の寝かしつけがスタート。前回の寝かしつけが、心に残り、自らやってみたい!の気持ちで動き出した子ども達。僕が何か言ったわけでも、こうしてほしいと伝えたわけでもなく、です。なんなら、この日は寝かしつけをする予定ありませんでした。笑何より子ども達自身が安心した顔で、小人を寝かしつけている姿は、最高にかわいく、愛しかったな~心に残る。心に響く。子ども達が誰かに何かを言われたから、指示されたから、行動した。ではなく、「自らやってみたい!こうしたい!」の気持ちで動いた瞬間。4月に行った、たった1回の指導が、子どもの心に残り、そして響き、子ども達の体と心が勝手に動き出した瞬間。リーベの考える「楽しい」とはその場だけの「楽しい」ではなく、ずっと子ども達の心に残っていく、そんな「楽しい」を伝えたい。その先に自ら動く子どもの姿が待っているから!!後者の「楽しい」を子ども達の姿から見れた瞬間でした(#^^#)-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      3
      テーマ:
  • 23 May
    • ひとりひとりが輝く場所がある

      指導中にある友達を応援する時間。先日の指導中のエピソードやや表情の硬い年長さんの女の子。この日が、年長さんになり、2回目の指導。自信を持って動けるときもあれば、不安そうな表情の時も。不安そうな表情の時間の方が、正直長かったです。年長さんになり、運動あそびの内容が少し発展したのが原因かな~と。自信を持って動いているのは、年中さんで経験した動きだから。ひとりひとりが輝く場所があるその女の子が運動あそびの時間で最高に表情がよくなった瞬間。頑張っている友達を必死に応援している時。その女の子の表情、姿を見て、胸が熱くなりました。運動あそびの時間。運動の時間。だから輝くのは、動いている時だけ。ではないんです!!なかなか表情が晴れなくても、自ら動き出せなくても、彼女は運動あそびの時間、すごく輝いていました。動きで輝く子もいれば、応援で輝く子もいる。イメージで輝く子や友達への優しさでも。子ども達ひとりひとりが、しっかり輝く場所がある。だから、ひとりひとりが輝く事のできる場所でありたい。そして、ひとりひとりの輝く瞬間をキャッチできる存在でありたいと。ちなみに彼女の表情や動きは、これから確実によくなると確信しています。なぜなら、経験したことのある動きは、自信を持って、自ら動き出せているから。繰り返しが安心を生み安心が自信を生む。だから、僕が出来る事は、彼女は信じて待つのみです(#^^#)-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      5
      テーマ:
  • 09 May
    • おもしろいが続く

      先日の指導中のエピソードその日のメインあそびは、クジラさんのお腹イタ治し。クジラに見立てたフープをくぐって薬を届けるあそびです。クジラの島に到着するまでに、たっぷりイメージの世界であそんだ子ども達。いよいよクジラの待つ島に到着!!が……「今日、せっかくあそびに来たんだけど、クジラさんお腹が…イタいんだって…」「どうしよう…」と発問すると、「体に優しいものを届ける!!」と言う子ども達。体に優しいものっていう発想がおもしろい!!「体に優しいものって何?」と聞くと、「キャベツとキノコとスープ!!」と答えてくれる男の子。最高に面白い!!そんなやり取りをしているうちに、「クジラさんに届ける弁当作るわ!!」と言うなり、弁当作りを始める子ども達。もちろんイメージの世界で。もう最高!!やっぱり子どものイメージ力・発想力は偉大ですね。おもしろいが続く先日、京都で開催されたリーベ研修会の話題の中に、◆その場だけのおもしろいか◆ずっと続くおもしろいかという話題がありました。おもしろいにも色々と種類がありますもんね。ずっと続くおもしろさは、自分がその中に入りこめているか。イメージの世界に入り込んで、あそんでるからこそ、聞ける子ども達の面白い声。自分達で考えて、感じて、それを表現してくれる。これがずっと続くおもしろいかなと、勝手に思うコブタコーチでした。クジラさんに【自家製・体にいい弁当】を届けている最中に「だんだん良くなってきてる」とさりげなく小声で言っている子。「弁当冷めてきたし、あったかくしよう」とレンジであっためている子。(よく見てますね。笑)しっかり自分がその世界に入り込んで、あそんでいる子ども達でした。-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      3
      テーマ:
  • 02 May
    • 子どもも嬉しい!大人も嬉しい! ~大人の運動あそびから感じた事~

      「大人も運動あそびで体を動かす事ができますか?」この先生の有難いひと言がきっかけで、先日、保護者さんに普段子ども達が行っている運動あそびを体験して頂けました。体験の様子子どもも嬉しい!大人も嬉しい!「大人って、みんなの前で認めてもらえる機会って、なかなかないですよね」園長先生が体験後に言っておられた言葉。今回の大人の運動あそびでは、リーベが大事にしている【3つの仕掛け】を体験を通してお伝えしました。リーベ独自の【3つの仕掛け】はこちらからイメージあそび編http://ameblo.jp/volador2014/entry-12254170327.htmlどの子も否定されることなく認められる言葉掛け編http://ameblo.jp/volador2014/entry-12258360275.html全員が時間いっぱい動き続ける展開編http://ameblo.jp/volador2014/entry-12262437855.html大人の方も子どもと同じでイメージの世界であそぶからこその認められる姿が多くありました。それを全体の前で認めた時の、保護者さんの少し照れくさそうだけど、嬉しそうな顔。この反応は子どもも大人も同じ。笑誰かに認められるこれは子どものみならず、誰しもが嬉しいもの。だからこそ、自分が今できる運動あそびを通して、運動が得意な子も、そうでない子も、運動あそびの時間が、誰しもが認められる時間であり続けたいと強く思いました。運動あそびを体験して下さった保護者さんの声(一部紹介)本当に嬉しすぎる感想ありがとうございました(#^^#)-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      4
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 心響き合い。子どもも大人もハッピーに!!

      「子ども 楽しい」をキーワードに、有難いことに様々な分野でご活躍されている方とお会いし、色々な話を聞く事ができている4月。【みんなに楽しんでもらいたい!幸せになってもらいたい!】様々な分野の方にお会いしているのですが、口を揃えたかのように、皆さんが必ず言う言葉。まず自分自身が楽しく!隣の人を楽しく!子ども達を楽しく!親さんも楽しく!同じ空間にいる人を楽しく!みんなが幸せに!!トレンタの理念心響き合い。子どもも大人もハッピーに!!運動あそびを通して、子ども達はもちろん、その子ども達に関わるすべての大人(保育士さんや保護者さん)にも「運動って楽しい!」「体を動かすって気持ちいい!」を知ってほしい。感じてもらえるきっかけになりたい。その想いが強く、熱くなる今日この頃。「みんなの楽しいが集まると、物凄いパワーになる!!!」-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      1
      テーマ:
  • 12 Apr
    • あそべない子はいない

      先日、島根県・鳥取県を中心にバルーンアートパフォーマーとして活躍されている高島智さんとお会いしてきまいた。さとさんの実体験をもとにした本当に色々な話を聞かせて頂き、なるほど~。そうだよな~。と共感と学びだらけの時間。その中で、すごく響いた一言。「あそべない子はいない」子どもにとって、あそびは生活そのもの。そんなあそびを、子どもと一緒にできたら、関係は劇的に変わる。この子は、いったい何がしたいのか…なんて、悩むこともある。そういう子どもと、心からあそぶと、一気に心の距離が近づく。「子どもと一緒にできたら」「心からあそぶと」これ、すごく重要。そして、すごく共感。子どもを育てるのは環境。大人もその1つ。誰よりも自分が1番楽しむんや。僕が1番に心掛けている事。すごく洗練されたプログラムでも、それを指導する人が、そのプログラムを楽しめなかったら、きっと子ども達と響き合うことはない。指導する自分自身が、おもろいな~最高やな~と心から思えるからこそ,子ども達と響き合える。何をするかは、もちろん大切。でも1番大切なのは、だれがするかですね。楽しむ姿はうつる子ども→子ども子ども→大人そして、大人→子供今日もしっかり楽しみました!!!-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      4
      テーマ:
  • 04 Apr
    • 子ども達が輝く姿になるのは、なぜ? ~全員が時間いっぱい動き続ける展開編~

      先日、指導を見学して下さった【岡山県 理学療法士 松本康佑さん】の感想。その中の一文。「体を動かしているというより、無意識に動いているという感覚でした」最高に嬉しすぎる言葉。子ども達の全力で動いている姿が輝いている笑顔がこのような感想に繋がったんだな~と。子ども達が輝く姿になるのは、なぜ?それはリーベ式独自の【3つの仕掛け】があるからです!!今回は、最後の3つ目の仕掛けを紹介。1つ目の仕掛け~イメージあそび編~        ↓↓↓↓↓↓↓↓http://ameblo.jp/volador2014/entry-12254170327.html2つ目の仕掛け~どの子も否定されることなく認められる言葉掛け編~        ↓↓↓↓↓↓↓↓http://ameblo.jp/volador2014/entry-12258360275.html仕掛け③全員が時間いっぱい動き続ける展開運動の時間なのに順番待ちばかり…子ども達は集中力が切れ、ふざけてしまいがち。そうなると保育士さんは注意したり、怒る事が多くなってしまいます。子どもも大人も楽しい運動の時間のはずなのに…「動き続ける」子ども達リーベ式運動あそびのプログラムは、全員で一斉に動くプログラム。全力で動き続けるので、「認める」指導に徹することができます。もちろん体力もアップ!!また保育士の方も行動が自由に選択でき、子どもと共に運動あそびの時間を楽しむことができます。また、客観的に子ども達を見る事ができたり、気になる子と向き合い気持ちを共有しながら楽しむこともできるんです。~保育士の方から頂いた感想(一部抜粋)~一緒に動き、笑い合いながら、リーベの時間を楽しい時間にして下さっている先生方には本当に感謝感謝です。最後まで全力で動き続けた結果。笑最高の姿!!!!-------------------------------------------------リーベ式運動あそび指導者のブログ紹介それぞれが熱い想いを持って活動しています【リーベ代表】アフロコーチ(阪田隼也) http://liebe-japan.com/blog/おやまコーチ(藤本真志)http://ameblo.jp/liebe-oyama/【静岡県】おちゃコーチ(高橋亮祐)http://ryosuke-takahashi04.net/リーベ公式HPhttp://liebe-japan.com/

      3
      テーマ:
AD

プロフィール

コブタコーチ

性別:
男性
誕生日:
1986年10月13日
血液型:
B型
お住まいの地域:
島根県
自己紹介:
trenta(トレンタ) 代表 小川 優 コーチ名 こぶたコーチ 【経歴】...

続きを見る >

読者になる

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。