『梅は咲いたか 桜はまだかいな』公演報告① | 原真善美(はらまさみ)一人芝居 [東京夜間飛行]

原真善美(はらまさみ)一人芝居 [東京夜間飛行]

原 真善美(はらまさみ)一人芝居【東京夜間飛行】の公演情報、過去の公演情報などです。


テーマ:
公演報告①

2018年3月24日土曜、25日日曜
2日間3ステージ

【登場人物】
●川端 誠二
●川端さくら

●桑原 文二
川端家へ現れる女性たち
●杉田 舞子
●春日 夢子
●春日 梅子

【プロローグ】
画家で画商の川端誠二の屋敷の客間。
庭には梅の花が咲き乱れている。
中央に、桜の木。
まだ、桜が咲く前。

年の差30歳、結婚2年目の夫婦
誠二とさくら。
珍しく夫婦でワインで乾杯した後、
誠二は眠るように息をひきとる。

夫の名前を呼び続ける、妻、さくら。

{21A79DD6-E413-4B2A-B522-077152716A22}

{A0CC69BB-2F32-40C7-9F15-6F799BAB53B9}

{84A6B8FA-E618-44C4-9EA0-4D80B36E2692}

①文二とさくら

川端家 葬儀の日
桑原文二が受付を手伝った後、葬儀の最中に
具合が悪くなった喪主 さくらを助けて、
葬儀場から喪主を屋敷に送り届ける。

その屋敷の中での会話シーン。

{C04674D9-09E6-4F81-8FA7-BA13A2DE027E}

{1A2301DE-0155-489F-8A81-47A1B77D1966}

{6254601A-6152-4EFF-AE9A-DDAECFBF3D43}

{9B4FAB9A-E81E-4690-B2D0-27C9CCC4A522}

実は、この男は香典泥棒だった、、、

{E9BFEB52-03DB-466E-8490-E8E93DA57298}

{AD763BA1-78B5-4E33-A6B4-5105194A6325}

香典泥棒見習いの男は、まだ香典を盗めずに
具合が悪くなった喪主を屋敷に送り届けた
ことを、兄貴に伝えるために電話する。

広いお屋敷の中で、さくらから身を隠す。
香典は喪主さくらが
風呂敷に包んで持ち歩いていたことを
確認し、物のありかはわかっているため
必ず、手に入れて兄貴の元へ帰れると確信
する男。

{C527DB98-BBC9-4F83-B419-8414379E232A}

男を、夫の席に座らせようとする、さくら。
お世話になったお礼に!と、食事をご馳走
したいと告げ、疲れたために、シャワーを浴びてくると言い残し去っていく、喪主のさくら。

すっかり、さくらに惚れられたのだと勘違い
して、うかれる男だった、、、
が‼️
香典が入った風呂敷を見失った男は、
客間内を探し回る

と、そこへ、白いワンピースに身を包み
帽子、サングラス姿の別の女が客間に
現れる。
{0903026C-7DF7-4543-B243-A41E0E630097}


原真善美一人芝居 東京夜間飛行さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ