『なりきりじゃくちゅう 鳥獣花木図屏風 巨大ぬりえワークショップ』フライヤーデザイン | デザイン事務所「Vol.」

デザイン事務所「Vol.」

グラフィックデザイナーで2児の母。
CDジャケット、DVDジャケットの
アートワークを中心に雑誌・書籍
ブランディング・TV番組・広告・ロゴから
あなたの名刺・年賀状まで。


三笠宮彬子女王殿下(!!!!!!!!)が総裁を務められる心游舎が
『なりきりじゃくちゅう』の特別なワークショップを開催します。
なんとこの背筋の伸びるワークショップのフライヤーデザインをさせていただきました!



感激…緊張しました^^

度々「和樂」の誌面に登場される彬子女王殿下、
もう大ファンです
和の可憐さを凝縮したような女王殿下
憧れてしまいます。



そしてワークショップの内容、すごいです。
福島にて巨大獣花木図屏風のぬりえを岩絵の具で塗り、神社に奉納します。
詳しくは、下記の詳細をご覧ください↓

=========================

「気分はもう若冲!」
東日本大震災復興支援特別展として福島県立美術館で開催される「若冲が来てくれました プライスコレクション 江戸絵画の美と生命」展。それに合わせて、伊藤若沖の名作『鳥獣花木図屏風』の巨大ぬりえワークショップを開催します。
ワークショップを企画したのは、三笠宮彬子女王殿下が総裁を務められる心游舎(しんゆうしゃ)。講師は日本画家の神戸智行氏が担当し、横約3メートル、縦約1メートルの大きな大きなぬりえに岩絵の具で色をぬっていきます。
ぬりえをした後は、実際に若冲の鳥獣花木図屏風を鑑賞。自分たちがぬった絵との違いをくらべてみましょう。また、ぬりえは屏風に仕立て、福島の震災復興を祈願して、福島市の福島稲荷神社に奉納します。

開催日時:2013年9月16日(月祝) 
     午後13時スタート16時終了予定 
開催場所:福島県立美術館実習室 
     福島市森合字西養山1番地福島県立美術館内
講師:神戸智行氏(日本画家)
特別講師:彬子女王殿下

対象:小学生20~30名
  (※先着順 ※小学生以下で参加を希望される方は
   お問い合わせください)
申し込み&問い合わせ:
   福島県立美術館Tel.024-531-5511・5512
  (※美術館総合受付でも、直接お申し込みいただけます)
主催:福島県立美術館 
企画:心游舎 
協力:小学館和樂編集部

※参加の際は公共の交通機関をご利用ください。

=========================

心游舎
http://shinyusha.jp/