平成30年5月20日 日曜日 晴れ | 青葉の翳り
2018年05月20日(日)

平成30年5月20日 日曜日 晴れ

テーマ:ザ・ニュー日記

第2回いわて奥州きらめきマラソン
平成30年5月20日開催

9時現在 晴れ 気温 12.3度 湿度 44% 風向 南南西 0.9m/s
.

フル39歳以下男子

.  
記録 2時間55分44秒(グロス)  2時間55分40秒(ネット) 

419-358-???-813-411 (20:41)

415-412-414-358-415 (20:55) (41:36)

416-400-413-420-354 (20:42) (1:02:18)

422-412-408-409-411 (21:02) (1:23:20)

.

???-812-355-407-423 (20:38) (1:43:58)

406-417-403-408-407 (20:40) (2:04:38)

404-406-400-357-413 (20:21) (2:24:59)

416-408-424-416-419 (21:22) (2:46:21)

.

412-512 (9:24) (2:55:44)

  ※最後が1.195km区間。

.

全体平均 4:10/km

年代別順位 23位(エントリー580名、完走456名)

男子総合  51位(エントリー2371名、完走1928名)

.

4時30分頃出発。 滝沢IC~平泉前沢IC。

  移動中、オニギリ2個、アーモンドパン1個食べる。 

5時30分頃 駐車場B着。 ガラガラでN村夫妻のキャンピングカー即発見。隣に駐車し挨拶。

6時00分くらいから、アップがてら会場をウロウロ歩いたり、屋台準備を眺めたり、ストレッチなどする。 

  バナナ1本、ヴァームゼリーを食べる。

7時20分に最後のトイレ並び、7時40分からAブロック待機

8時00分 スタート。

5回目のサブスリー、かつ板橋から自己ベスト更新!(25643→25544)

.

前にも書きましたが、5月の連休中から忙しくレース前の調整ができず、さらには18日に記録的な大雨対応、翌19日は被害状況確認が重なりヘトヘトでした。

管内の被害はちょっとだけだったので、そこは一安心。

雨の降る日が1日遅れていたり、災害復旧案件になっていたら出走自体できなかったので、レース参加できるだけで満足していました。 

という、完全に詰んだ状態だったので、サブスリーはもちろん、自己ベストがなぜ出たのかは全くの謎です。

 ・3月の板橋を走ってフラットコースの想定ができていたこと。

 ・4月までの練習積み上げの貯金がまだ活きていたこと。

 ・前述のとおり全く気負いがなかったこと。

これらの要因を踏まえても、なぜ最後まで走りきれたかは今後考える必要があります。

.

去年の猛暑レースで、給水不足に陥っていたらしくランネットなんかでは批判を受けていたことから、今年は給水16か所、水やスポドリの並ぶ順番表示あり、テーブルの長さも充分すぎるほどにあり、給水ポイント200m前の看板あり、次の給水ポイントまでのkm表示あり、と地方大会でここまでやるか!? という徹底した対策ぶりでした。

それでもランネットでは、食べ物の種類が寂しいなんてレポもありましたが、あんたらはもう荒川マラソンにでも出てろ(笑)

.

.

 1.今回の作戦について

自己ベストはできましたが、ラップはかなり揺らぎがあります。 というのも、今回は当然ながら体内時計が全く機能しないだろうなあということもあり、ペースメーカーを見つけながらくっついていく作戦でした。

(板橋では、キロ4分10秒の体内時計が完全にはまり、全く意識しなくてもイーブンペースで走れた)。

.

んで、1kmごとのラップ以外にも、その「給水まで200m」看板を利用して、おおよそのタイムを計りましたが案の定、全くメチャクチャだったので、自分でペースを作るのは早々に諦めてペースメーカーを探してくっつく作戦に移行した次第です。

.

 2.食事、エイドについて

10日くらい前から朝食、夕食のご飯の量を少しだけ減らして、2日前から逆に少し増やしてみました。

当日は板橋に続き、今回も朝食は少なめ。 8時スタートに合わせて5時から食べました。

あとは、定番のスポーツ羊羹を3つもって、10kmごとに摂取しました。 

給水はパスしようか悩んだ箇所もありましたが、快晴だったので結局は全箇所取りました。 31km地点の羊羹、37km地点のバナナも1つずつ食べました。

これで腹痛は起きなかったし、終盤も板橋ほどに空腹を感じなかったので、食事パターンはこれが合っているかも知れません。

なお、板橋遠征では金曜日より月曜日の体重が増えていましたが、奥州では月曜日の方が減っていました。 奥州レース後に娘の誕生日祝いでBBQやって、肉ばっかで炭水化物が少なかったから?

.

 3.足と腰の痛み。

4月から右足付け根の痛みが出ていたのですが、これがササヒロさんの痛い場所、痛さの様子がピッタリ同じということが判明しました。 

レース中も中盤から、痛みを感じるようになり、このペースを維持していけるのかどうか不安になりました。 

それと、去年からですがフル走っている途中から左足底がまたしても痛くなった。後半はこちらの痛さが増して、お尻の痛みは気にならなくなりました。

レース後は、右のお尻から太もも裏を庇うようなピョコピョコになり、月曜日になっても痛みが引かないのが、今後不安要素です。

左の足底は子供抱っこでバランスが崩れているのかな。 こちらはそのうち固くなったところの皮が剥けてオシマイになるので気にしてないけど。

.

 4.スピードの課題について

これが今回の一番重要なところですね。

25kmくらいからT葉さん、旧姓N君と3つ巴で走りました。 そのおかげで今回は30km以降に4分切りや4分ジャストの区間がありました。

38~39kmくらいからT葉さんに抜かれましたが、ここから巻き返して追いかける力がありませんでした。 仕事の疲労といえばそれまでかも知れませんが、万全の調整ができていたとしても追い上げできたかなというと、ちょっと自信がありません。

特にラスト2.195での9分カットは自分には無理です。

サブスリーへのアプローチは、さまざまありますが、自分はあくまでもキロ4分10秒維持で押していくことだけを考えて練習やレース作戦を組んでいるので、2時間55分を出した現在、ここが上限値です。

今後は、スピード強化に比重を増やすべきといえばそのとおりです。

しかしながら、今回の調整不足の中でもサブスリーできたのは、スピードを無視してずっと4分10秒を意識した長時間走や長距離走を続けてきた貯金が活きたからで、そうした確実性を自分のモノにすることも大事だと思います。 特に次回フルは田沢湖なので、ここ2戦のフラットコースと違う強さを身につけないと。 去年ギリサブスリーできたのは忘れて。

.

.

備忘録はこんなとこでしょうか。

今回は8時くらいでは10度程度で、日陰では寒いくらい。 後半は暑さも感じました。

前半は向かい風が多かったですが、後半は田んぼの水の揺れを見て、追い風になっているところでは、積極的に走ったのがうまくいったかな。

序盤から、少しペースの上げ下げをして、追い抜かれたり追い越したりを繰り返して、それでもずっと一定で走っているペースメーカーを早めに見つけることができたのが大きかったです。

自己ベスト出たし、記念に公認記録証を貰おうかな。 うへへ。

.

.

余談ですが、給水看板が非常に充実していたのに対して、肝心のキロ看板が倒れていたり、なかったり(見つけられなかっただけ?)していたのが残念でした。 周りのランナーのGPS時計がピピっとなる音で、何となく1kmラップを確認したところが何か所からありました。 

誰もがGPS時計持っているわけではないし、キロ看板は目立つように大きいやつを作ってしまえば、来年以降も継続使用できるので是非ともお願いしたいところです。 ってのをアンケートに書こうとして、ゴール後はすっかり失念していました。

ちょっと悔しいのは、応援ナビの速報50位で喜んでいたら、正式には男子総合51位で、記録一覧の1ページからはみ出てしまったことです(笑)

.

2018-05-20_奥州きらめき応援ナビ

.

2018-05-20_奥州きらめきマラソン

ワイムラさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。