青葉の翳り

侵略国が攻撃の為に支払う損害が、その獲得し得る利益よりも大きいと思わせるに足る抵抗力を一国が保持する時は、中立の維持が可能である。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年11月14日(水)

平成30年11月14日 水曜日 晴れ

テーマ:ザ・ニュー日記

11/12(月)曇り後雨

雨降ってきたので休足。

.

11/13(火)晴れ

早朝、1時間ジョグ。

午前、健康診断。

昼から14日にかけて研修。

.

11/14(水)晴れ

水曜夜練(今年2回目)。

1000*5 (r200)

3分21、30、31秒、800で一度離脱(2分52秒)、3分29秒。

.

.

日、月と休足し、火~水が研修なので珍しく火曜日の早朝に1時間ほど走りました。

健康診断をしてから一泊の研修、帰ってからは別件の説明会と慌ただしい2日間でした。

泊りがけの出張や研修などはあまりない職場だし、普段スーツを着ないので、スーツを着ているだけでも肩が凝ります。 ちなみに、ネクタイは今でも鏡を見なければ絞めることができません。

研修といっても参加する側ではなく、主催事務局の側で、今回は現地へ向かうバス車内や、現地での説明役もしましたので中々疲れました。

若い頃のように参加する側で、眠気に耐えながらひたすらメモやら写真を撮って夜は懇親会で同年代の人たちと騒ぐ、、、というわけにもいかない年齢になってきました。 懇親会は懇親会で、上座の来賓や同業他社の役員にも挨拶しなければならなくなりましたし(いわゆる、接待というやつです)。

水曜夜練には、来年就職を控えている学生も参加していますが、最初は挨拶や名刺の渡し方やら、電話応対など基本的なことも含めて仕事を覚えていくのに精一杯だと思いますが、まあ私のような人間でも何とか社会生活を送れていますので、一つや二つの失敗にはめげずに続けていってもらいたいものです。

.

とまあ、偉そうなことを書いてスミマセン。

今回の水曜夜練は、1000インターバル。 設定次第では800インターバルにしようと思いながら参加。

3分20秒~30秒ということなので、3分30秒なら3本まではついて、4本目は800だけついて、雫石継走を想定することに。

1本目についていったらいきなり3分21秒で、今年ベストを出してしまいました。同時に死亡を予感。

2本目、3本目は案の定、3分30秒まで一気に落ち込むも何とか予定どおり3本目までこなせました。

4本目はもう落ち武者状態でしたので、遅れまくって無理やりついていっても却って怪我のリスクが高まるので800で抜けて、5本目を何とか3分30秒で回して今日も死にました。 

今回も研修疲れ(主に肝臓)がある中で、雫石決戦に向けてどうにかここまで仕上げました。 

あとは天候をお祈りしてH川先生とアンカー勝負です。 3.7kmだから30秒落ちくらいでおさめたいところ。

去年の結果です。

.

.

さて、先日のサーモンマラソンではハーフ40代の部で計測ミスがあったようで、順位がみんな1番違ったようです。 (40代1位が2位になり、以下繰り下がっていたらしい)。

すぐに順位修正され、当初7位のT葉さんが6位入賞となって、"地獄から天国"となったようです。

ちなみに私は、その逆で、6位から7位に転落したことがあります(笑) 

表彰式をずっと待っていたので、アレはつらかった。

T葉さんは、胸チップが外れて公式記録なしというハプニングも経験されていますが、私も一昨年の大田原で途中で靴チップが外れていて、中間点までしか記録が残らないことがありました。 (実際には3時間13分くらいで完走しています)。 妙なところで共通点があるようです(笑)

.

マラソン大会ってのは、大体6位入賞というのが多く7位というのは俗に”とってはいけない順位”と言われ、結果報告や打ち上げの場などでネタにされます。 T葉さんの順位計測ミスの件で、自分の7位を数えてみたらなんと6回もありました。 (8位も2回ある)。

それ以外で10位入賞の大会で11位というのもあるので、私の大会参加ペースを考えれば結構な割合で、”取ってはいけない” コレクターです。

まあ、普通は ”取ってはいけない” 順位にさえ届きませんので、これはこれでソコソコの力があるってことで・・・。

.

.

ああ、そうそう。

12月号ランナーズでは、「俺の坂」コーナーでカズランさんの投稿が掲載されていますが、同号の田沢湖マラソン特集(11ページ)のスタートシーンには私もうつっています。 なんかオールスポーツ写真を引き伸ばしたような荒い画質ですが・・・。 なんでこんな写真なんだろ?

2018年11月11日(日)

平成30年11月11日 日曜日 晴れ

テーマ:ザ・ニュー日記

11/8(木)曇り

田沢湖ラン&5000TTの翌日。

さすがに休足。 全く走れる気なし。

.

11/9(金)曇り後雨

残業、休足。まだ疲労が残る。膝と足裏に痛みあり。

.

11/10(土)雨後曇り

午前、啄木ハーフ+6kmくらい。

ランアプリ27.76km、2:09:53

(ハーフタイム1:38:15、補給1分くらい)

.

11/11(日)快晴

休足。

.

.

土曜日は、大田原前の最後の長距離走でした。 啄木ハーフ+10kmの予定でしたが、ハーフ走り終わったあたりから雨が降ってきたので中断して戻りました。

未だに田沢湖&5000の疲労があって、最初から足が重かったですが何とかキロ4分45秒ペースでおさめました。 ただ、下りでもスピード出せなかったのが気になるところ。

.

土日セットで15kmくらいのペース走を予定していたんですが、日曜日は自分でもわけわからんくらいに疲労があるうえに、なぜか膝小僧が痛く、こりゃもう思い切って休もうと。

快晴なのがもったいなかったですが、休足して二度寝。 いつもより長く寝たはずなのに、体全体重たく、食欲もなかった。 またしても風邪の兆候・・・??

.

.

子供たちを午前中にみたけ運動公園に連れて行きました。 

金、土と天気が悪くて保育園でも外に出られなかったらしいので、大喜びで滑り台で遊んでいました。 昼になっても帰るのを拒否しているのを無理やり家に連れて帰りました。 

車の中で娘が寝てしまったので、息子だけ昼を食べさせてからまたしても三輪車でお出かけしていきました。 そこで娘が起きだして自分が置いて行かれると思ったらしく、全力を尽くしての大泣きでした。 何も食べようとせずにギャン泣きでしたので、食わせるのは諦めて外へ出たんですが、少しも歩こうとせず抱っこ。 なんやねん、お前、、、重いよ(笑)

息子の散歩コースを逆回りすれば、どこかで落ち合うかと思ったんですが、全く出会わずに一周。

実はすでに息子は散歩コースを回ったあと、近所の公園で遊んでいたというオチでした。

そこでも暗くなるまで滑り台やブランコで遊んでいました。 息子は19時過ぎには寝落ち。 私たちは疲れ果てました。

.

.

土曜日は仙人峠マラソンの録画放送がありました。 

いつものように早めに並んでいたのですが、ローカル大会だけあってランナーが中々集まらずに段々と前の方に押されていく感じで、最終的にゲストランナーの後ろに位置どるという実力無視のスタートになってしまいました。 

まあ、その結果としてスタートシーンには映りました。 スタートは。

.

日曜日は、サーモンマラソンがありまして、県内では最後のレースとなる方々も多いので、snsを眺めていても楽しそうでした。 今年は大田原のために見送っていたんですが、来年はどうしようかなあ。 

大田原(つくば)に行くか、日報駅伝の補欠を目指すか、さらに来年は盛岡マラソンへの参加の有無も含めて悩ましいところです。

まあ、来年のことのまえに、まずは大田原ですが、大会プログラムやゼッケン、参加賞などが届きました。

.

2018-11-23_大田原ゼッケン

↑ なぜかAブロック。 うへー、、、マジか、、、。 ほか、winzone(飲んだことないか、1回くらいあるか?)、温泉無料券(使ったことない)、十一味とうがらし(大好き)。 あとは完走すればTシャツ貰えます。

.

2018-11-23_大田原注意事項

↑ スペシャルドリンクの注意事項。 今回は利用しない予定ですが、さすがの厳しい仕様。ちなみに普通の給水所は8か所(水、スポドリのみ)、スポンジが2か所。 

.

2018-11-23_大田原参加者数

↑ 岩手からは17名参加。 

.

正直なところ、現状では3時間は非常に厳しいとしか言えないんですが、あと2週間くらいしっかり調整は続けていきます。

ゲストランナーの女子選手に持ちタイム2時間54分くらいの人がいるので、何とか見つけてついていければなあ。

.

.

それと、日曜日には東日本女子駅伝があり、後半しか見てなかったんですが、アンカーの新谷仁美選手は圧巻でした。

10km区間で約1分30秒差をひっくり返して、区間新記録でチーム優勝させるとか、約5年間の空白期間に何があったのか、女子選手で4kmを12分でぶっ飛ばすとか異次元すぎますわ。

引退期間中に、

・よほどのコソ練していたのか?

・疲労や怪我が治って元からの素質も復活したのか?

いずれにしても現役復帰したときは、30歳という年齢から話題作り的な見方もありましたが、公式で3戦(だったかな?)で全て結果を出して、周囲の意見を全て力業と結果でねじ伏せるのは言葉が出ないですねえ。 

2018年11月07日(水)

平成30年11月7日 水曜日 晴れ

テーマ:ザ・ニュー日記

11/7(水)晴れ

水曜夜練。

運動公園競技場にて5000TT

3分33-39-44-49-46秒(18分31秒)

.

実は今年初の夜練でした。 (火曜夜練は1回だけ)。

知らない方々もいましたが集まったメンバーを確認した時点で、まあ最下位だろうなと。

.

昨日の田沢湖1周の疲労が残る中で、どのくらい走れるか。

フルのスタート直後を想定して、周りに引きずられずに自分のペースを維持することを課題としましたが、案の定引きずられてしまい入りの1kmで試合終了を予感しました。

さすがにタイムトライアルで、序盤を抑え込むのは難しいですね。

.

中身としてはビルドダウン(というか、ズルズル落ちてるだけ)しているし、課題もできていないので失敗に終わりました。

ただ、田沢湖ランの翌日で、かつ、今年はスピード練習を完全に捨てている状態で、18分31秒の結果自体は前向きに受け止めています。

.

.

今年はフルマラソンだけに絞ると決めてずっとボッチ練習していたし、秋になってからは真っ暗な中でしたので、ナイターの照明があって大勢で走るのは楽しかったです。

気温も滝沢駅周辺に比べれば1~2度高くて風もなかったので、アップやダウンを含めて走っているときは寒さを感じませんでした。

.

それにしても、日報駅伝が迫っている中ですので、皆さんの仕上がり具合は素晴らしかったです。

ここからサーモン、花巻トラック、雫石などで仕上げですね。 けっぱれー。 

結果一覧(トライアゲインHP)

周回遅れすることは”想定内”でしたが、まさか3200mで早くも(市役所800ランナーさん、N波君に)抜かれるとは”想定外”でした(笑)

4600m目前でYコージさんにも抜かれたけど、3人周回遅れで済んだのも前向きの材料にしておこう(笑)

.

.

.

あ、あと妹がまたしてもトレイル走ってました、、、

先週、帰省して東根トレイル走って、今度は67kmトレイルとか・・・

田沢湖20~5000TTで音を上げていたら笑われそうですが、私は凡人ですので~。

私の限界は、土曜日31km、日曜日ハーフっすね。 アレはマジで怪我しなくてよかったわ。

2018年11月06日(火)

平成30年11月6日 火曜日 晴れ

テーマ:ザ・ニュー日記

11/2(金)晴れ

夜、県立大トラック。 15周まで4分10秒ペースで限界。

そこからジョグに移行して全部で24km

.

11/3(土)快晴 文化の日

早朝、1時間10分ロード。12km

ランアプリ4:53~6:41、平均5:33

.

11/4(日)快晴

早朝、2時間ロード。21km

ランアプリ4:57~6:02、平均5:42

.

11/5~11/6まで

秋田で研修。

帰りに田沢湖1周。

20.77km、1:31:46 

フル31km地点までジョグでそこからタイム計測。

(32km~42km地点のラップです。)

411-446-418-407-423

420-414-407-417-404

412

.

.

金曜日、トラック75周を4分10秒ペースでやるつもりでしたが、全く動かず15周で限界。

土日の早朝ロードもまるで動かなかった。 まだ400全血の影響あるか? そうだと信じたい。

それにしても寒い。上はTシャツ、ロンティー、ウインドブレーカー。下はロングタイツ、ハーフパンツ。 ほかに耳当て、手袋。 

.

土日は雲一つない快晴で、洗濯や布団干しを盛大にやりました。 日が出ればとても暖かいので、Tシャツとハーフパンツだけで充分なくらいですが、いうまでもなく日中は子守最優先。

県立大のトラックへ連れて行き、息子にボールを蹴りながら(ボールがないと飽きてすぐにやめる)どのくくらい走れるか試してみたら、蛇行したり歩きが入りながらも4周しました。 そのあと三輪車で1周したので、計5周。 

どうにかして、ボールなしで、まっすぐ1レーンだけ1周走らせてタイム取ってみたいものです。

.

娘は階段の上で

「これから、うんどうかいを、はじめまあす」

と宣言したものの、本人は100mも走らずにベンチでオヤツ休憩(笑)。

その後はボールを階段から転がしたり、斜面を上ったりしていました。

.

その後は温泉へ。 息子はトラック以外にも階段などで遊んでいたのに、温泉でも大はしゃぎ。どこからこの元気がくるんだろう。 分けてほしい。

.

.

月曜日から火曜日にかけて、秋田へ研修。

その帰りに田沢湖に寄り道して1周しました。 2周じゃないよ。

まだ道路にkmマーキングが確認できるので、だんだん気分が乗ってきました。

フル31km地点から、タイムを取ってペースを上げました。 ボス坂で本気だしてあとは死亡。

.

今年は27kmリタイヤしてしまったので、タツコ像にも会ってないし、ボス坂にも挑戦していないのでこれで何となくスッキリしました。

晴れて風もなく、紅葉が綺麗で湖も静かで自分の知っている田沢湖とは別世界のようでした。車どおりも少ないのは、観光地としては困るのでしょうが、歩道がほとんどないコースなので車のすれ違いの心配がないのは助かりました。

タツコ像のところだけは、外国からの観光団体でそれなりの賑わいをみせていました。

.

2018-11-06_タツコ像

↑来年は悶絶しながら、横目でチラ見したい。

.

 

2018-11-06_ボス坂

↑仙人峠の直後だからか、そこまで坂!って気はしなかった。

.

2018-11-06_田沢湖1周

↑単純に1周するだけなら啄木ハーフ練習よりも楽なコースかも。 研修疲れ(主に肝臓)でも走れた。

.

.

最初はジョギングのつもりだったのに、ペース上げて足使い果たしてしまった、明日の5000どうしよう(笑)

2018年11月01日(木)

平成30年11月1日 木曜日 晴れ

テーマ:ザ・ニュー日記

10/31(水)晴れ

夜、県立大。筋トレしてから、

400*10 (r100m)

 82-85-83-82-84 - 83-84-84-86-83 秒。

800つないでから1000*1、3分41秒。

タバタ

.

11/1(木)晴れ

夜、県立大周辺30分。2kg重り付き。

.

.

水曜日は、仙人峠後の様子見で400の10本入れましたが、ちょっとどうしようもない感じで全く走れませんでした。

まだ足が重い。火曜日に血を抜いた影響もあるか? 

.

さて、北上マラソンで調子をみてから、大田原マラソンという流れが崩れてしまったので、どのくらいで走ろうか悩むところです。

実際のところ、今はサブスリーを狙うのはちょっと難しいかなという気もしますが、せっかく遠征するからには撃沈しても構わないから3時間でのレースプランは立てようと思っています。

.

それと冬期間のレースもどうしよっかなー、何か探してみよっかなー、なんてボンヤリ考えていますが、既にいわきサンシャインも勝田マラソンも締め切っていました。

じゃあ、来年も板橋走ろうかなあ、、、でも今年たまたま天気に恵まれただけで普段は強風レースらしいしなあ、、、。 

はなももは、公認レースじゃないのが気になる。マラソンランキング対象だから、少なくとも距離は公認基準で測定していると思っていますが。 気にしすぎか? 気にしすぎだな。

まあ、フルにこだわらずフラットなハーフを探して、たまにはフル対策ではなくハーフPB狙いってのもいいかも知れません。

なんだかんだで冬レースは出ないような気もする。 今年は板橋、大田原と遠征したし。 オータム(ハロウィン)ジャンボもいつも通りの結果でしたし、、、。

.

.

.

十月の走行距離

257km

・レース 

 3km

 仙人峠17.2km

・夜練なし

.

.

北上マラソン中止の代わりに自分でフル練習はやったのと、トラックスピード練習も再開したので中々メリハリのついた練習はできたのはいいのですが、やはり森林公園走れないと足ダメージ大きいですね。

来週は5000TTがあるので、何とか仕事の都合をつけてお邪魔したいです。

2018年10月31日(水)

平成30年10月30日 火曜日 雨

テーマ:ザ・ニュー日記

10/27(土)雨後曇り

雨で休足。 妹が東根トレイルのため、今日の夜から29日夜まで帰省。

.

10/28(日)釜石は快晴

仙人峠。1時間10分切りできなかったが、楽しかった。

妹は東根トレイルで2時間。

.

10/29(月)曇り

休足。下半身全部、筋肉痛。

.

10/30(火)雨

残業。 筋肉痛残る。

.

.

2018-10-28_仙人峠比較

ベスト出したH28年との比較。 天候はどちらも晴れ、ほぼ無風。28年の方が5度ほど低い。

最初の5kmの稼ぎを、次の1kmでいきなり食いつぶしちゃってますなー。

そして、狙っていた10kmまでの比較的緩めの上りで稼げなかった・・・。むしろ、6~10km全区間でタイム落としているし・・・。 

しかしながら、激上り区間はほぼ同タイムで走れているのは収穫か。 前を走る人に大橋までは必死に食らいついたからなあ。

あとは、最後の激下り。 ここをもっと攻めるような練習、、、下り坂インターバル? 

最初の5km下りを、抑えた走りでも前回より早かったので、勾配次第かも?

それにしても、下りでやっと18分切るようでは、普通の5kmレースで18分切るのは遠い先ですね。ていうか、できるのか?

.

土曜日は「花巻レディース駅伝」、日曜日は「北上マラソンの系譜」 「大学女子駅伝」

を見ました。

レディース駅伝は小学生の部があるから、いつか子連れで応援がてら行ってみたいですねえ。

天気良ければ楽しそうだなあ。

北上マラソンは、2001年からですか。 まるで走ることに興味なかったころですねえ。 あの頃の自分に昼夜逆転生活してないで走ってろと言いたい。  

私が初めて出たのは平成22年ですが、個人的には今よりもあの頃のコースの方が好きです。 

毎年カズランさんがどこかに映っている(笑) あと当時大学生のK村君もチョットだけ。懐かしい。

.

そして、これ。

2018-10-31_朝日新聞2018-10-31_盛岡タイムス2018-10-31_岩手日報

現時点では、

10月27日開催。

フル(公認取得予定) 7000人、9000円、制限時間6~7時間。

8.5kmファンラン 2500人、4500円、1時間57分(?)。

2.5kmペアラン 500人(250組)、3000円、40分。

予算1億6千万円。(想定どおり募集埋まれば7500万円+補助金、協賛金)。

ボランティア 2000人(内1名ケモノさん・涙)。

.

奥州きらめきでさえフル3000人規模なので、倍以上のフルランナーをきらめきよりも狭いであろう会場と、きらめきよりも難しいであろう道路事情をどうやって規制させていくのか(しかもスタート・ゴール地点が異なるので輸送問題付き)、ちょっと逃げ出したくなるような案件の気がするのですが、地雷レースで炎上にならないことを祈っています。マジで。 

いやいや、後ろ向きなこと言っても仕方ないので、何としても成功してほしいですね。盛岡の名前を冠しているので。

あと8.5kmの制限時間は何なんだろう(笑)

.

仙人峠、東根トレイル、奥羽駅伝と被った日程になってしまいましたが、僕個人としては、

第1希望、6月第3日曜日(再来年以降、笑)
第2希望、11月3日
第3希望、12月第1日曜日(まだ凍結してないやろ、多分)か3月最終日曜日(融けてるやろ、多分。再来年以降)。路面凍結していたら中止のレアレース化(笑)
だと嬉しかった。
花巻ハーフや久慈あまちゃんも第2回目から日程変更したので、ずれてくれると嬉しいなあ。

第3希望は半分冗談ですが、11月3日文化の日固定は前沢マラソンもやっていたのでアリだと思うっす。

2018年10月28日(日)

平成30年10月28日 日曜日 晴れ

テーマ:ザ・ニュー日記

第9回かまいし仙人峠マラソン
平成30年10月28日開催

9現在 晴れ 気温 15.0度 湿度 72.0% 風向 北北東1.0m/s
.
17.2km(峠コース) 39歳以下男子
.  
記録 1時間10分56秒(グロス) 

330-328- ?? -710-344 (17:53)

410-415-429-435-443 (22:13) (40:05)

525-514-510-404-306 (22:58) (1:03:04)

344-326-43 (7:53) (1:10:56)

全体平均 4:07/km

.

部門順位 11位(エントリー108名、完走94名)

男子総合 15位(エントリー376名、完走334名)

.   

走友会バス(大型車)ツアー。

車内でオニギリ2個、ウインナーを食べる。

9時15分くらいからアップ。バナナ食べる。

10時スタート。

.

装備は、ランシャツ。ランパン。股関節サポーター。カーフゲイター。アームウォーマー。帽子。

.

.

仙人峠マラソンにしては珍しく、快晴でしかも暑さを感じるレースでした。

2年前に出したコースベスト1時間10分14秒を更新して、10分切りを狙いましたがダメでした。

5km下って、5km上って、13.5kmまで激上り、ゴールまで激下りのコース。

14秒更新のためには、約8kmの上り区間で踏ん張ってキロ2秒程度削っていく作戦でしたが、その肝心の上りでズルズルでした。

.

序盤5km下りは結構調子よくて、前を走る2人を追いかける展開。 ガンガン飛ばしすぎると衝撃で腹に差し込みが出るので、若干抑えながらも18分切り。

.

折り返してからの5km上りも、前の2人を少しずつ詰めていく走り・・・でしたが、どうも思ったよりタイムが上がらない感じ。

10km通過が40分オーバーで焦る。

.

そこからの激上りで、前の2人のうち1人が落ちてきたのでまずはそれを目標にして走り、大橋行く前に抜く。

もう1人も追いかけ一時的に抜くが、すぐに追い越されて後ろを必死でくっつきながらヘアピンカーブ~大橋へ。

ここで自分は給水を取りましたが、その人は取らず。 差をつけられる。

その差を埋めようとするが、むしろ広がっていくばかり。

.

やっとこさ、第2折り返しでここから激下り。

さっきの人はもう姿は見えず。 ひたすらバンバン走っていくが、やっぱり誰かの背中が見えないのは中々キツイ。

案の定、下りの衝撃で腹に差し込み痛も出てくる。

振り向くことはできないが、後ろから誰かが迫ってきているのを感じるので我慢しつつも、あと1km切ったとこで、やっぱり抜かれてしまう。 

逆にこの人を追っかけることで、最後のひと踏ん張りしてゴール。

.

.

という感じでした。

ベスト出た28年も晴れ、ほぼ無風までは同条件でしたが、9時現在の気温は28年は9度くらい、今年は15度あり、アップしてても明らかに例年にない暑さを感じたので、帽子を着用しました。

ただ、暑さはコースベスト出せなかった敗因ではないと思います。

5~10kmの比較的ゆるめの上りでタイム稼げず、10km通過を40分オーバーして焦って自滅したかなと。

それと、やっぱり最後の3km激下りでタイム稼がなければ70分切りはできないという現実。

上り~激上りで追いつき、追い越せても、必ず最後の激下りで追い抜かれる。 今回も1人抜かれてしまった。

自分なりにストライド必死に伸ばしているつもりなんだけど、、、むしろ、今のピッチのまま必死に回した方がいいのか? 

.

まあ、それはそれとして、田沢湖リタイヤしてから初のレース(滝沢スポフェスもあったけど)で、ラン仲間にも会えて楽しめました。

今回の参加賞は浜千鳥がなくなって残念でしたが、オニギリ2個、Tシャツ、アクエリアス、リストバンド、屋台で使える500円券。

走友会バスツアーは、参加者9人だったので10人乗りハイエースキャビンで快適の旅でした。 

バスじゃなくなったことから格安参加費で、ビール、日本酒、オツマミついてホント最高。 N村弟さん、ありがとうございました。

.

ただ、大会の参加者が減ってきているのが今後に向けて気になるところです。 峠コースエントリー448名、10kmコース276名。 

今まであったお土産系の屋台はなくなってしまったし、釜石ラーメンの行列も少なくなって、まああれなら並んで食べようかなという感じ。(結局並ばずに、もつ煮とタコヤキにしたけど)。

プログラム見ても協賛広告減っていますね。

今年から東根トレイルと被ったのもあるか。 さらに、来年は某マラソンも被るとか被らないとか? これ以上参加者が減ってしまうと存続の危機、、、来年は第10回の記念大会でもあり、私は可能な限り仙人峠優先したいとこですね。

2018年10月26日(金)

平成30年10月26日 金曜日 晴れ

テーマ:ザ・ニュー日記

10/22(月)晴れ

休足。

.

10/23(火)晴れ

残業。

.

10/24(水)雨後晴れ

夜、県立大。筋トレしてから、

1000*3+400*5+1000*2

R:1000mは400m、400mは200m、+のところは600

タイム 

3分36-35-34秒

80-81-83-81-80秒

3分34-32秒 

タバタ

.

10/25(木)晴れ

39歳誕生日。休足。

妻プレゼントの日本酒で、おでん。

.

10/26(金)晴れ

夜、県立大。筋トレしてから、

1000*3(R1分)

3分35-33-36秒。

しばらくジョグしてから、

200*5流し(R200)

37~38秒。

.

.

38歳最後の練習は、今年初の必殺インターバル。

相変わらずやってる途中で絶望感が溢れてくる・・・。今回は、400*5で使い果たし、残り1000*2をもがくイメージ。 

このタイムで走り切れれば5km夢の18分切りなんだけど・・・。

.

誕生日をはさんで、39歳最初の練習はYコージインターバル。

でしたが、途中で太ももに痛み出てきたので3本で中断。 様子見てから200を流して終了。

さすがに必殺インターバル中1日で、再度スピード練習は怪我の元ですね。

.

さて、先日のブログでプリンセス駅伝のことを書きましたが、その後詳細な報道が出てきました。

2区については、

①監督は2度にわたって棄権を申し出ていた。

②審判員には伝わっていた。

③続行を確認したが、選手本人が続行を希望した。かつ2度の連絡の間に残り20m程度になっていてそのまま止められなかった。

ということで、賛否含めて過熱気味の報道(ワイドショー化してきている)になっている現状ですが、先日のブログで監督を無能と批判したのは的外れでした。 

全くもって申し訳ありません。 

当日、テレビを見ていて誰も止めようとしていなかったので、監督が棄権の申請をしていないと思っていました。 

.

この大会では監督は車の伴走ではなくて、所定の場所で待機する決まりで、そこで這っている選手を確認してすぐに棄権の要請をしたそうですから、問題あるのは③になりますね。

なぜ監督が棄権を申し出ているのに、選手の続行意思を優先する? 

ボクシングでいえば、セコンドがタオル投げ込んでいるのでレフェリーが試合続けさせている状況なわけで。

というか、岩谷産業は結局タスキつながってその後も走り切って記録が残っていますが、厳密にいえば監督が止めさせ棄権が(本来であれば)成立しているのだから、その後の記録やチーム順位は参考記録になるのでは? 三井住友のように。

この辺りからすれば、運営側に問題があるように思います。

.

それと2区のハイハイばかり取り上げられていますが、もっと深刻なのは3区の明らかに脱水状態の選手を走らせ続けていることです。

2区は選手の意識だけはハッキリしていますが、3区は意識さえない状態ですから、監督の棄権要請を待たずして止めるだけの明確なルールを作るしかないんじゃないかな。 ハイハイは今後あまりなさそうですが、小鹿状態や蛇行走行は毎年いろんな駅伝で発生していますし。

大会のレベルや区間距離、高低差なんかによりますが、男子実業団レベルになればキロ4分を超えるようならアウトにしてしまうくらいでいいかも知れません。

選手はどんな状況になろうと自らリタイヤを申し出ることは99%ない(100%と断言してもいいくらい)ことは、今回に限らず過去の駅伝を見ても明らかです。 

.

今回の件で宗茂さんがツイートしていますが、引用しますと、

.

今はないですが、九州山口各県のチームが10日間で72区間を競う九州一周駅伝という大会がありました。1チーム24人、1選手最高4回まで出走できます。大会の最初のルールは走者が走れなくなった場合、監督車が次の走者を迎えに行き、走れなくなった場所まで引き返してたすきリレーするというものでした。

.

後にそれを監督と大会審判長の判断で選手をストップさせることができるルールに変更しました。そして「棄権した区間は区間最下位の記録に5分プラスしてレースは成立させる」としました。これが選手を守る最善のように思います。距離の短い女子駅伝なら、2分プラス程度でよいのではないでしょうか。

.

駅伝は距離、コース、天候、時期と大会によって違いますから、基本的なルールと大会に合ったローカルルールがあってもいいと思います。選手のためのルールが必要です。競技人口を保つためにも「駅伝」という競技は必要ですし、長距離選手が最初に目指すのも駅伝が多いと思います。

.

こんな有能なルールがあったとは。 最初の「監督車が次の走者を迎えに行き云々」は現在の交通事情からして難しそうなので、次の「棄権した区間は区間最下位の記録に5分プラスしてレースは成立させる」ってのはリタイヤへの心理的ハードルを監督、選手ともに下げることができると思います。

駅伝必要・不要論はずっと前からあって、今回の件でも騒がれていますが、たとえガラパゴス的競技だとしても、既に日本ではスポーツ文化として根付いているものですし、長距離をやる学生の就職先として実業団があって、駅伝があり、経済効果も高い、雇用の受け皿でもある現実がありますので、駅伝廃止ってのは事実上無理だと思います。

というか、相撲みたいに日本特有のスポーツがあって当然だと思います。 カバディが国技になっているインドだって、「こんなもんインドだけで盛り上がっても世界ではだれも興味ねーし、廃止せーや」なんて思ってないでしょう。知らんけど。

駅伝から個人種目、そして世界を…が多くの長距離選手の通る道です。駅伝は必要ですが、駅伝で潰れてはダメなんです。

.

最後は↑に行きつくのかな。 

駅伝(に限らずスポーツ)で見たいのは、才能ある若者やベテランが猛練習して全力でぶつかっていく戦いであって、小鹿や脱水でタスキ途切れて涙するのではないんですよ。

むしろ九州駅伝ルールのように、タイムペナルティあってもそれを覆すべく、後続区間が一丸となってペナルティを挽回していく方が、小鹿よりも見ていて燃えると思うんですが。

.

繰り返しになりますが、先日のブログでは事実関係がまだ分からない状態で、岩谷産業の監督を批判して申し訳ありません。 

39歳にもなってこんなウッカリ者で恥ずかしい。 日曜日にテレビ見ていたときは極めて不快だったんで、感情のままになってしまいました。

来年は不惑ですが現状は馬齢を重ねただけと笑われそうです。

ただ、2区や3区を感動や美談としている人たちの思考までは、全く理解できないままですが。

2018年10月21日(日)

平成30年10月21日 日曜日 晴れ

テーマ:ザ・ニュー日記

10/19(金)晴れ

休足。

.

10/20(土)晴れ

早朝、3時間ロード。32kmくらい。

 ランアプリ5:07~6:30、平均5:41

.

10/21(日)晴れ

早朝、2時間30分ロード。26kmくらい。

 ランアプリ5:11~6:09、平均5:48

.

.

先週105周からの状態確認で、平日はスピード練習したので、休日はロング&今までトラックばかりだったからアップダウン練習。

日が短く朝6時くらいでないと森林公園走れないので、仕方なくロードという面もありますが、二日続けての長時間ロードはかなり足腰や関節への負担が大きいですね。 疲労の持ち越しも大きい。

ていうか、

12日、105周

15日と17日、スピード

20日と21日、ロング

ちょっとやりすぎか。

それと右足の内くるぶしが赤くなっていて痛い。 

次は仙人峠だし、11月の大事な駅伝(雫石継走のこと)も控えているし、故障リスト入りしないように気をつけます。

.

土曜日は走ってから、保育園で使っているシーツ類も含めて洗濯。 晴れてるんだけど雨降るらしいのでランドリー持っていったんですが、この日は結局秋晴れ。 布団干せたじゃんチクショー。

午前は買い物して、それから子供たちを散歩。 

日曜日は走ってから、今度こそ布団干しと掃除。 二日ロングの後で階段上ったり、布団持ち上げたりするのがキツイ(笑)

その後、森林公園へ散歩行ったり、公園で遊んだり。 下りを三輪車で走られるとキツイし、娘を肩車するのもキツイ(笑)

.

.

さて、日曜日はプリンセス駅伝を見ていましたが去年に続いて今年もアクシデント続きでした。 なんか呪われているんですかね。

というよりも、駅伝(というかスポーツ全体)における安全管理や運営の在り方といったものが気になりました。 選手にアクシデントがあったときに中止させる権限があるのは、監督のみ? 

2区のハイハイにしても3区の熱中症(?)にしても、その場にいた役員が監督に連絡を入れて直ちにやめさせることはできない? 

(「続けますか?止めさせますか?」ではなく、「明らかに危険なので止めさせます」という権限のことです。)

.

2区の場合は、這っている時点で何故続けさせているのか理解できません。 故障明けで走ったということなので、怪我が治りきっていないのか再発したのか、別の場所がイッたのか。 

実業団に入るくらいの素材なんだから、上手に育てていけば日本を背負って立つ可能性があるのに、200m以上ハイハイさせて膝へ大ダメージを与え続けて選手生命を断ち切らせる恐れを無視した監督は無能としか思えません。 野口を育てたとかそれがなんだというのでしょう。 

選手の意識はハッキリしている状態だから本人は続けると言うのに決まっている。そこを止めて批判を受けとめるのが監督だろうに。

社員が明らかに失敗しているのに、仕事を続けさせている上司って存在価値あんの?

.

3区の場合は、選手生命どころか命の危険がある状態ですので、折り返し点を勘違いして逆走したり歩いたり、折り返しコーンを回れずにまた戻ったりしている時点で、既に情報が監督に入っているんでしょうから、そこで何で止めるよう連絡しないのか。 

選手の意識自体がない状態ですので、監督への続行確認ではなく、その場の役員判断で中止させることができる体制づくり、、、言うのは簡単でも具体的なルール作りは難しいところですが、そこは偉い立場で金貰っている人たちが責任もって考えろよ、ってところです。

.

こういうのが美談になってしまうのが本気で嫌い。虫唾が走る。 美談になってしまうから、止め時を逃してしまうことにもつながる。 ほんとに死人が出なきゃ分らんのかな。 そこまで馬鹿かな。 感動したとか呟いている連中や監督自身が、膝壊して車いす生活になるくらいハイハイするか、脱水状態でフルマラソンでも走ってろ。

.

.

.

(10/26 追記)

その後の報道で、2区の件で岩谷産業の監督は、棄権を二度に渡って要請していたものの、審判員が選手にたずねたところ、選手が続行の意思を示していたため止められなかった。

ということが分かりました。

これが事実なら運営に相当の問題があるかと思いますが、監督を無能と批判したのは間違いでした。

当日、テレビを見ていたときは選手が這っているのを続けていたので、審判員が監督からの指示を待っている状態で、監督が棄権申請していないと思っていました。

申し訳ありません。

2018年10月18日(木)

平成30年10月18日 木曜日 曇り

テーマ:ザ・ニュー日記

10/15(月)曇り

夜、県立大。筋トレしてから、

400*5 (R1分)

 84-81-80-82-79 秒。

 800つないで、

1000*1 3分34秒。

 200つないで、

400*1 78秒。

タバタ。

.

10/16(火)晴れ

早朝、森林公園1時間散歩

.

10/17(水)晴れ

夜、県立大。筋トレしてから、

3000m 3:43-43-43(11分10秒)

 400つないで、

400*1 75秒。

.

10/18(木)晴れ

休足。

.

.

先週金曜日の105周からの状態確認の週でした。

タイムはいつもどおりでしたが、本数はこなせない感じです。 また、400では太ももの前側(大腿四頭筋?)が痛い。

これ以上やるとアキレス腱と股関節の爆弾に着火されそうな予感。

水曜日の3000は(真っ暗なので)ラップだけ押して時計見ないで走ったら、3分43秒/kmでビックリ。 そのあとの400も今年ベストでまたまたビックリ。

.

疲労はあるものの、42kmやった翌週にこれだけ走れるとは思いませんでした。 啄木2周もいいですが、ダメージを残さず、日の短い季節でも使え、車の心配もなく、補給もやりやすく、痛みとかトラブルの際に中断しやすいメリットのあるトラック長距離練習は来年度の練習計画にうまく組み込みたいです。

100周はアレですが、75周なら平日練習にも組み込めるかも知れません。 

.

来年の田沢湖リベンジまであと11ヶ月しかないので、大田原の結果と内容も踏まえて、来年のフル練習計画を立て直す材料になれかと思います。

.

.

さて、木曜日は、クローズアップ現代にて大迫選手が生出演でした。 短い時間でも上手にインタビューがまとめられていて面白かったです。

オレゴンプロジェクトは練習非公開なので、ネットでも断片的な情報や噂くらいで放送でもそこは同じでしたが、印象に残ったのは100や200の練習を組み込むということでした。 あと筋トレやってる映像。 マラソンランナーとしては高重量の負荷をかけているみたいですね。 水中トレッドミルもやってましたが、これはさすがに参考にできん。

走っている姿はテレビやネットで見ますが、こうしてインタビューの姿を見るのは中々ないものです。横顔を見ると頬がずいぶんこけている(=しぼりこんだ)のが印象的でした。 それと受け答えは、自分の伝えたいことを結構早口で話す感じ。 

出演者が女王増田さんで、マラソンだと小ネタ面白いけど今回は増田さんばかり話されたら困るなあと少し心配でしたが、(釘刺されたのか(笑))控えめでした。 武田真一さんもマラソン何回か経験者だからか、質問なんかもうまく進行できていましたね。 まあ、元からうまいか(笑)

.

.

それと毎週木曜日はBS日テレで「サブ4」もあって、その中の体幹チェック。

http://www.bs4.jp/sabu4_2/onair/03.html

見ながら一緒にやってみましたが、7項目21点満点のうち⑤アクティブSLRができません。0点です。

④ショルダーモビリティについては、右手が上のときは余裕で両手を組めますが、左手が上になるとまるでダメです。 これは1点なのか2点なのか?

その他5項目は何の苦も無くできるので、15点は確定で④の評価次第で16~17点。

⑤の太ももの硬さは昔からで前屈が大の苦手。 股割もできない。

その代わり股関節は柔らかいです。

https://www.cosme.net/diet/article/I0007066

↑の②番(胡坐みたいなやつ)は楽勝でそのまま前屈できます。 不思議。

.

それにしても、サブフォーシーズン2になって編集がやたら上手くなって面白いです。シーズン1は合宿や総集編を何回繰り返すんだよとウンザリしたものでした。 録画したけど早送りばっかりしてたなー。 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス