トップのスピーチプレゼン戦略 理論と実践のボイスイメージ®

スピーチプレゼンコンサルタント森 裕喜子 公式ブログ


【動画情報】
NEW✅東京2020まで毎日新作動画を1本配信!
東京オリンピックパラリンピック開催1000日前からカウントダウン中!
平昌冬季五輪のカウントダウンも実施中!
パワーチャージできる言葉を、パッと見られる超ショート版(15秒~)で!


【名刺でメッセージ掲載中】
✅最新名刺はこちら


伝わるヒント1分動画(50本)
すぐに使えるスピーチプレゼンのhow toが盛りだくさん。実演入りでわかりやすく!
 
VOICE IMAGE 森裕喜子サービス紹介ビデオ  (約3分)


【新サービス】
✅ CEO向け英語プレゼントレーニング 

・日本語的な英語発音を改善して、より明確に言葉を発したい

・海外の聴衆にアピールできるジェスチャーや目線を身に付けたい

・多様性ある外国人社員の心を動かすように伝えたい

詳細のご紹介資料はこちら(A4サイズ1枚)

実際のトレーニング ブログ記事 https://ameblo.jp/voiceimage-judy/entry-12304666306.html

【基本情報】
✅公式HP http://voice-image.com/ 詳しいサービス内容、お客様のお声や事例

✅公式FACEBOOK スピーチプレゼン関連情報を随時アップ

✅著書「スピーチプレゼンは まず3秒黙りなさい」 人前で堂々と話せるようになる「伝え方」の技術    光文社 ¥1,512


どんな本?
→ちょっと立ち読み? 本vieew!
→Amazonレビュー


✅ご依頼、各種お問い合わせはWEBからお願いいたします →Click here  
緊急のご依頼はお電話で 050-5235-3535

【本ブログ掲載内容の転載や転用を禁じます】 ©VOICE IMAGE® 森裕喜子

私のサービスは大きく3つ、「スパルタトレーニング」「コンサルティング」「プロジェクト実施」ですが、

実際には一つ一つ全てが違う種類の仕事です。

それゆえ、平均化したサービスとして言語化しづらいと思っていました。

また、詳しく書くとお客様のコンフィデンシャリティーに関わるため、文章化が難しいのです。


ですが、
スピーチプレゼンをよりよくする何らかのサービスをお求めの方はたくさんいらっしゃるはず。
問題のない範囲で書いてみようと思います。


仕事の中でも一番多種多様なものはトップリーダーのコンサルティングです。

主には、スピーチプレゼン本番の前の準備から当日の現地同行、そして事後の振り返りまで、全般をサポートすること。と言っても、お一人お一人のお仕事内容や状況、スケジュールなどにマ対応できる形態でサポートをいたしますので、ああでもないこうでも、毎回必殺技を生み出して実施するというのが正直なところです。


3〜4年前の実例で、印象に残っているコンサル現場があります。

そのお客様は、2年間の長期トレーニングの後、年間コンサルティング中でした。

「今度全社員の前で話すのですが、まあこんな風なことを言おうかと・・・」

定期ミーティングの場で、雑談のように聞かせてくださいました。


お話を聞いている最中、「そこは、どんな風に思っていらっしゃるんですか?」とたずねたり、
「では、〜〜〜ということかもしれませんね^^」など、

自然な流れで問いかけやひらめきをランダムにお話しました。そんな即興に任せたコミュニケーションをするうちに、

「結構簡単に内容がまとまった。先生に話すとできるんですよね」とお客様が仰いました。

これも長いおつきあいをさせていただいるからこそ、なのですが、

それ以後、コンサルといっても堅苦しくない状況で行う方が良い結果が出ることを覚えました。

 

誰もがすでに言葉を持っている、と私は思います。

そして、スピーチプレゼンで最も大切なことは、その方が持っている言葉をいかに体の外に出すか、そのサポートをどうやって行うか?これが私の役割だと思っています。


超ご多忙のトップがスピーチされる場合、どなたかが原稿を作られるのは有益ですし不可欠です。

それでもやはり私は、その方の中から湧き出てくる言葉を直接引き出して発信してほしいと思います。

なぜならば、それが話して本人が「発信によって生きる」ことであり、

だからこそ、一番聞き手の心に響くからです。


ご自身で生み出した言葉が伝わる形になって聞き手に浸透していく時、
人前で話す行為は、上手な話、綺麗にまとまるスピーチ、というようなレベルを超越した、

本当の意味での「発信」つまり生き方の表現になります。

だから私はお客様の言葉をお客様の体の中から引き出したい。

もちろん、先ほど書いた、コミュニケーションの中から話が生まれる場合ばかりではありません。反対のケース、体の中から言葉を引き出す過程が悩ましいと感じられることもあります。

それでも私は言葉を引き出すため、躊躇はいたしません・・・だから「森先生は怖い」と言われてしまうのかなあと思いますけれど。


自分の意見や思いを自分の声と体で発信した時、
これまでに体験したことのないような、新しい地平線が見えてきます。
だから、私は躊躇しません。


お一人お一人、新しい地平線をご覧になるまでの旅路は違います。
そして、たどり着く先も、当初予想していたところとは違う、予想外のこともあります。


でも、これまでの仕事から言えることは、
やってみて後悔、失敗、それは、ありません。

過程はどうであれ、必ず新しい発見、自分との出会いがあります。

まさに「旅」です。


予測もないものに出会い、経験をし、振り返って見ると、
旅に出なければ出くわすことのなかった発見が、必ず、ある。

スピーチプレゼンは「自分を超える旅」。


まだ見ぬご自身の可能性。
一人でも多くの方に体験していただきたいと思いつつ、日々、仕事をしております。


どうぞお気軽に、トレーニング、コンサルティングに関して、ご相談ください。
お問い合わせ、お待ちしております。

(ふらっと立ち寄った神社の窓から)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

もう街はクリスマス色!

トップリーダーの皆様、日々忙しくお過ごしでいらっしゃることと存じます。

スピーチプレゼンで、う〜ん、ちょっとサポートが欲しいなあ、と思われましたら、

短いスピーチやご登壇でも、

そして初めてのご依頼、お急ぎのご依頼、大歓迎ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。




「ちょっと今すぐ相談したい」「こんな時はどうするんだろう」

そんな時こそ、随時、柔軟な形態でサポートいたします。


以下は実例です。

「トレーニングしたいが、スケジュールが空かなくて・・・」

移動のお車に同席させていただき、次の目的地に到着されるまでの10分間ほど、トレーニングを行いました。

 

「本番直前に発声練習をしたい」

携帯電話でお顔を見せていただきながら、5分間ほど声出しや顔の体操、冒頭の一節の練習をしました。

 

「明日大事なプレゼンがあるんです、今からみてもらえますか」

お呼び出しから20分後に到着。90分のコンサルで、頭の中にあったことを構成にまとめ、最も伝えたいメッセージの言語化も行いました。

 

これらはすでにトレーニングやコンサルティングの実績があるご契約中のお客様ですが、

初めてのご依頼でも、可能な限りサポートを申し上げます。

最近はトップリーダーがご登壇になる機会が富に増えています。

ご講演、シンポジウム、社員へのスピーチ、ミーティングでの一言、あるいは様々な社会的な場所でのご挨拶・・・。

「今度のスピーチ、どうしようか」

「こんなテーマで講演するのは初めてだ」

そんな時にも、ぜひ、当方をお呼び出しください。

 

声に関すること、お話しになる際の立ち居振る舞い、そして内容。いずれか一つだけでも対応できますし、全体的なコーディネートのようなものも対応致します。例えば、内容は社内で作成された資料がある場合は「話し方」だけのアドバイスもいたします。

一回限りのコンサルでも、きっとお力になります。

 

「思い切って頼んで良かった」


トップの方に、そして、周辺スタッフの皆様にそう思っていただけるよう、

日々準備をしてお待ちしております。


短いスピーチでも、トップにとっては全てのご登壇が勝負の場です!

プロの必殺技で、伝わる本番にいたしましょう!


どうぞお気軽にお問い合わせください。


よろしくお願いいたします。



時節柄、どうぞご自愛くださいませ。


森 裕喜子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京2020まで、1000日。
私にできることをやろう、と決めました。
毎日動画を1本、配信します。

最近、1日1日の重さが気になるようになりました。
年齢のせいもあるのだと思いますが、もうこれからの人生の方が短いのです、多分( ̄▽ ̄)=3

仕事を通してオリンピックを目指すアスリートの皆様にお会いする機会があるので、
1000日が、他人事ではない、

私にできること、なに?

やっぱりそれは、仕事です、スピーチプレゼン!

で、具体的にどうする?

一日一日をしっかり生きることに加えて、
自分にできることをやり続ける。
これしかありません。

となると、やっぱり、動画なんです。
自分の声と体で、伝える。

毎週1本、アップしてきたものが50本になり、
文字(・・・このブログです^^;)で書くよりもこっちが得意だ!とわかりました。


決断。
東京2020に向けて、カウントダウンで毎日配信します。

キーワードは、

>自分を強くする言葉を、毎日ひとつ
>スピーチプレゼンに関連性ある内容で
>15秒〜の短いもの

「伝わるスキル1分動画(スパルタ筋トレ)50本とは別のシリーズです!
公式FACEBOOKにて保存しているのですが、
このブログからもご覧になれるように、
時々、まとめてアップしてまいります。


今日は、その「まとめてアップの1回目」です!!

どうぞ、ご覧ください!!

=====

#1000「一歩一歩が一番強い」
18歳清宮くんに刺激を受けました。今まで何してたんだろうな〜と自戒の念を込めた出だしの一本。
初回のため、撮影セッティングが以前の動画のまま。とほほ。



#999「言葉も一点主義」
大きなホワイトボードにテーマを書くセッティングに決めました。
ズバッと一番大事なことを、言いましょう!なのです。



#998「顔じゃなくて目ヂカラ」
目力の強いお客様のお顔が浮かびまして。
目のイラスト・・・ふはは^^;



#997「Be yourself 自分らしくあれ」
いつも仕事で力説していること。スピーチプレゼンにおいてもっとも大事なことです。
自分自身でいるために発信する。スピーチプレゼンする。



====

今日のところはこの辺で。
現状ですと、as of todayで10本、アップ完了しております@公式facebook。
また、まとめてアップいたしますね。



2020、何かが起きる気がする。
それまで、毎日どう生きたのか?刻んでいこうと思います。

ご覧いただいて、元気になったり、何らのヒントになったりでお役に立てば嬉しいです。
共に!2020新たな未来に向けて、発信!発進!!

森 裕喜子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドラフト会議。
清宮くん、すごかったですね!

オファーもすごかったけれど、会見での発言もすごかった!

堂々とした声の出し方、
記者サイドをしっかり見る目線、
淀みない言葉を繰り出す話しぶり、
受け答えのスピードの速さ、
自分の意見をはっきり言語化できる力、
周囲への配慮と敬意の念、
そして、ごくごく自然体・・・・。

なんという18歳・・・。

すごい人がいるものです。
プレーのすごさ、そのままです。

今日の動画でも話しているのですが、ちょっと詳しく書きます。



会見冒頭は、両親への感謝。
きちんと、「まずは」と前置きして、ご両親へ、育ててくれてありがとう。
謙虚さと感謝。お手本のような始まりでした。でも、自然な感じで好感度大。

指名を受けるだろう球団については、
これまでにもすごい選手を輩出してきているから
自分もそれ以上に成長できる環境だと思う、と、コメント!!
普通なら、もうただ
嬉しいです、すごい球団だと思います、で終わりそうですが、
清宮くん、なんて冷静なのでしょう・・。

私が特に聞き入ったのは、
「一つ一つ目の前の課題をクリアして行くことが自分のやり方だ」と話した部分。

ビジネスでもなんでも、結局何かを成し遂げるには、一つ一つ行動していくしかないのだと、
魔法でもなんでもないんだと、
もう、よくわかってますよね、大人の私たち。
でも、それが難しい。
だから、ガツンとやられました。

こう言い切れるのは、
清宮くんがそうやって実際に成長してきたからなのですね。説得力がありました。
18歳でそれを身を以てわかり、実行できている。圧倒されました。
私があなたの年齢の時、何してたんだっけ!!??? と顎が外れそうでした。

圧倒的な18歳は、話すことを時間軸で捉える!スピーチプレゼン的な「離れ業」も忘れていませんでした。
(きっと自然に出たんだと思いますけど、会見全体を分析するとそうなるの)

「大リーガーなりたいという夢があります」
したがって今回の指名はプロで活躍し始めること、夢への第一歩である、と示したのです。

言葉選び。間違えがありません・・・。

事前準備をされていたのかもしれませんが、
記者からどんな質問がいつ、どのタイミングで来るか、わからない、のにですよ、
ここまで場と状況を考慮しつつ、それでいて言いたいことも言い切れる。驚きです。

あのプレーにして、この話ぶりあり、なのだなあ・・・。

一方で、やっぱり18歳^^
シーズン中よりも髪が伸びて大人っぽい雰囲気になっていましたが、チャーミングな笑顔は、そのまま!

偉大な中身と18歳の姿。このギャップの大きさプレゼン的にはインパクト最大です。

・・・すごいなあ・・・。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎週アップしてきた動画、50本目となりました!
皆様にご覧いただいているおかげです。ありがとうございます。

思えば、ある日突然思いつき(!?)で始めたに近いのですが、
私の性に合っているらしく(文字を書くブログよりも^^;)、
森裕喜子ありのままでやっております・・・、ゆえに、このように続いておるわけです。

最近は1分でまとめていますが、
当初は3分程度でした。今見ると、長い・・・^^;

記念すべき50本目だから、何か目新しく!
とも思いましたが、初心に戻って根源的な話にしました。

「スピーチプレゼン、上達するにはどうしたら良いのか?」



答え、ズバリ、その1。

秘訣も魔法もありません!!!

「当たり前のことを愚直に」やっていけば、誰でも伝わるように話せます!!!

( ゚Д゚)

ビジネスでも生き方でも、当たり前のことをきちんと行動することが大切。
スピーチプレゼンも同じです!
できるできない、ではなく、やるかやらないか。

ここで大切なのが、何を「当たり前のこと」とするか。
ただ闇雲に取り組んでも回り道になりかねません。
「正しい基本を知り、体に刻まれるまで繰り返しやり続ける」。
スピーチプレゼンではこれを当たり前として欲しいのです。

基本が大切。
家に例えるならば土台部分にあたります。
ぐらついていたら、どんなに見た目が格好良い家でも、安心して住めません。


ズバリな答え その2。

「本番を経験すること」です。

基本の習得は大切ですが、それだけでは強くなれません。
本番には何が起こるかわかりません。
どんな状況でもベストのパフォーマンスを発揮する。
これが実力です。

基本、準備練習、そして本番。
この3つをぐるぐる回していけば、誰でも成長できます。

さて、ここで課題が持ち上がります。
スピーチプレゼンの本番が少ない、あるいは、無いという現実。
・・・ならば、作りましょう。

(=⌒▽⌒=)

いわゆる「プレゼン」「スピーチ」という枠を頭から取っ払いましょう。
会議中の発言、朝礼での進行や事務連絡。
これら、立派な本番です。
部下や上司、同僚や取引先との会話も本番の心算で当たれば、本番はたくさんあるのです!


そして、ズバリの答え 3つめ。

話すことは「才能」ではありません!

もちろん、最初からものすごく得意、という方、ときどきいらっしゃいます。
自分はそうではない・・・と諦めてはいけません。
「ウサギとカメ」の話を思い出してください!
基本を正しく身につけ、準備をして本番を挑めば、誰でも必ず成長できます。
できないのではなく、やっていないだけ、です。
やり方がわかれば、できるのです。


2つ目の「本番」について、 いつもお客様に申し上げていることがあります。

大きな本番ほど、成長できる。

話す機会が巡ってきたら、積極的に「やります」と言いましょう。
できるかなあ?と感じる大きな本番でも、絶対に断らないでください!
大きな舞台に向けてしっかり準備をして挑むことは
大きく成長するチャンスだからです。

ならばバッチリやりたい!と思われたら・・・ぜひ私を呼んでくださいませ^^
どんな本番でも、サポートいたします!

人間の成長に秘訣なし。
諦めず愚直にやり続けよ。
さらば必ずやスピーチプレゼンの扉は開かれん。

YES!!!!

(b^-゜)

JUST do it.


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)