このブログにお越し頂き

ありがとうございます。

ヴォイス道のボイストレーナー; 

折笠マリコです。

どうぞ宜しくお願い致します。




まずは、メリークリスマス🎅🎉

ですよね🎄

 


 

 

さてさて

な・なんとラブ 早速、

JCCAからトレーニング事例の

取材を受けましたよ!




その時の記事がこちらダウン

「四肢の力みが抜けコアを使った発声・演奏が可能に!」

http://reset-three.strikingly.com/blog/example-orikasa

 

 

 

 

どんなスポーツでも

楽器演奏するでも

仕事でパフォーマンスを発揮するでも、

 

 

 


無駄な力が入ってしまうと

自分の力がフルに発揮できませんよね。

 

 

 

 

そもそも自分で

力が入ってしまっていることに

気づけていないことも多々

ありますしね。

 

 

 

 

力が入ってしまったな!

と自分で気付けるのは

結構レベル高い段階だと思います。

 

 

 

 

そこで諦めず、この無駄な力を

なんとかしようと思えれば

シメたものです。

行動に移れますからねウインク

 

 

 

 

ほとんどの人が

力を入れてしまう理由として

 

 

 

 

力を入れないと力が出ない

と思っていること。

 

 


当たり前じゃん!

と思われるかもしれませんが

 



 

力を入れるには

力を抜かないと

力は入りません。

 

 

 

 

それを実感してもらうために

私は合気道の力の抜き方の

セミナーで教わった方法を

まず生徒さんにやってもらいます。

 

 

 

 

 

 そして

力を入れようとすれば力が入らず、

力を入れないようにした方が力が入る!

 

 


 

ということを実感してもらうと

皆さん、その後の身体ほぐしを

熱心にやってくれます。


 


 しかし、この

無駄な力を抜くための「脱力」。





何かをがんばってトレーニングしている人

すべての方に共通するほどの

大事なテーマだと思います。




ちなみに「脱力感」では

ないですからね。ウインク

 

 

 

ゴルフやるのでも

テニスやるでもスポーツなんでも

楽器演奏もやたら力が入っちゃって

失敗したり

 

 

 

または力が入りすぎて

腱鞘炎なったり、腰を痛めたり

 

 

 

 

力みを取ることの大切さは

何やるにも共通しているテーマ。

 



そもそもずっと力が入っていては

疲れますしね😅

ここぞという時だけ、

力をサクッと入れられるといい。




だからまず、

自分の脱力レベルを

確認するためにも




身体の力が抜けた状態を

認識することが重要です。





たったの15分ほどで

その身体の状態に

持っていけるのが

ストレッチポールです❣️





その脱力した状態から

意識するべき重要な部分

動きに対して軸となる




体幹部分などを認識して

身体の動きに繋げていきます。





この脱力がなかなかできない場合や

いつまでも緊張が取れない場合、




 

そこには

「自分への信頼感」が関わっていると

私は考えています。

 

 


 

「自分の力を信じる」

ということができないと

なかなか力を抜くことができません。

 

 

 

 

この「自分の力を信じる」

これをできるようになるために

 

 

 

 

みんなトレーニングをしているわけです。

トレーニングをするということが

有効な手段なのです。


 



そして

脱力の大切さと

自分を信じているかどうかが

プロとアマチュアをわけている

と思います。


 

 

まずは自分自身をよく知ること。

そして自分の身体の内側を感じること。





その感覚が育っていくと

自分で自分を調整することが

できるようになります。




 

本当の自信とはそういう

「頼りになる自分」を作ること

だと私は考えます。

 

 


 

何かができる=自信ではありません。

 

 


 

さらに

「自信とは失敗しないこと」でもなく

 

 


 

失敗しても柔軟に対応できる、

それを生かして次に繋げる、

などの思考ができる

そんな自分でいること。

 

 


 

そんな「頼りになる自分」になれば

それが自信となり、

その安心感から無駄な力は

抜けてくると思います。

 

 


 

言葉では簡単です。

難しいこともよくわかってます。ウインク

 



 


 少しづつでも

自分により沿って

自分を成長させていく。

 

 


 

最終的にはどんなトレーニングも

自分でできるようになることが理想です。

 

 


 

自分でやるのが難しいうちは

トレーナーに頼んで、

ただレッスンするのではなく

 

 

 

 

しっかりトレーナーのいうことを覚えて

自分で自分のトレーナーになれるように

レッスンを受けましょう。

 

 



 

まずは自分にとって

「頼りになる自分」になること。

 

 


 

それができるようになれば

他の人にも

「頼りにされる」ようになります。

 

 

  

 

そうなったらもうプロですよね。ラブ

 

 

 

 

まずは自分の内側を感じることから

はじめてみましょう。

 

 



ストレッチポールは

その体の内側の内感覚、

いわゆる「内観力」を引き出すのにも

とても有効な手段ですよ。





体験したい方は

呼吸法ワークショップにご参加ください。

http://voicetao.com/breathe/

新たな年からしっかり自分と

向き合っていきましょう!



 

 

今回も最後までお読み頂き

ありがとうございました。

また宜しくお願い致します。ラブラブ

 

 

 

声の個別カウンセリング

【入会金不要  完全予約制 受講の秘密厳守】ヴォイス道のレッスンは、できるだけ早く上手くなりたい方、またはなかなか上達できなくって困っている方に最適です。身体の状態から調整していくので、喉が痛くならず、長時間話しても・歌っても疲れない、「自分らしい声が確実に出るように」なります。まずは個別カウンセリングから。 個人レッスンメニュー詳細はこちら

 

発声のための呼吸法ワークショップ

声は身体が楽器。身体の状態が声にダイレクトに影響します。自分の楽器(身体)の状態から調整し声を出していく実践ワークショップです。声のコンディションを長く良い状態に保つためのセルフケアとトレーニングが学べます。受講料も安く、ヴォイス道のレッスンの体験としてもオススメです。続けていけば個人レッスンが無料になるポイントも貯まります。 呼吸法ワークショップ詳細はこちら

 

就活生ボイストレーニング

就活生のためのボイストレーニング、場所代のみの学割価格にて開催し就活生を応援します! 早い人では3年生から始めています。ビフォアアフターで違いを実感してください。自分の声を作らないで、自分らしい声を出してアピールしましょう。 就活生ボイトレ詳細はこちら