警察。 | ボイストレーニング徒然日記 re :

警察。

最近、いろんな生徒さんがいろんな目的をもって私の教室に訪れてくれます音譜


例えば最近入会した生徒さんは漫才をしている女の子なんです。


漫才をする時の声を、何とかしてもっとキャリアUPしたいとの事でレッスン。



基礎の発声練習が少し良い感じになってきたので、技術的な練習もしてみようと思い


45分のレッスンの35分くらい基礎練習をした後、残り10分くらいで


私 : 「そしたら、こないだライブでやったネタの中で

一番大きな声出した場面を先生にやって見せて。」


生徒さん : 「えッ!?・・こないだのライブでですか??・・えっとぉ・・・あせる


私 : 「いや、何でも良いねんで?一番多きな声出した場面有るやろ??それ。」


生徒さん : 「一番大きな声・・・あッひらめき電球 ハイ!行きます!」


私 : 「ん。」


生徒さん : ・・・・・「もう訳解からん誰かケイサツ呼んで警察!」


私 : 「えあせる・・・・それが、一番大きい声出したネタの一部分なの??」


生徒さん : 「ハイ汗・・・」





全く前後の内容が解かりませんが残り10分も無いし、それを聞いて理解する時間も無く・・進めました。




私 : 「え・・仕方無い、嫌やけど・・ホワイトボードに書くわな汗



と言って、ホワイトボードに、このセリフを書いて分析をしてどこを、どうアクセントして


どんなふうに言えば解かりやすいかの説明をしました。



生徒さん : 「もう訳解からん誰か警察よんで警察。」


私 : 「いや・・・もっと母音をしっかりと、けぇーーいーーさあーーつうーー!!って言ってみてみ。」


生徒さん :「 けーーーさーーーつーーー」


私 : 「いや、もっとハッキリと けえーーーいーーさあーーーつうッツ!!」


生徒さん : 「 けえーーーいーーさあーーーつうーー!!! 」


私 : 「そうッ!!それッ!!じゃあさっきのフレーズもう一回!!」


生徒さん : 「もう訳解からんッ!誰か、警察よんで 

               けえーーーいーーさあーーーつうーー!!! 」


私 : 「そうッビックリマークもっとリズミカルに!!アクセント付けて~ッ!!DASH!



生徒さん : 「もう訳解からんッ!誰かーッ!!

      警察よんでえええええええ

      けえええーーいいいーーさあああー

           つうううううーーッ!!! 」


私 : 「良くできました合格 お疲れさま。」





教室は完全な防音をしていて、外には音は漏れません。


しかし・・・・


防音室の入り口にある金属でできた分厚い扉の所は、小さい音でどうしても漏れます。



ドアの外に待合スペースがあって、そこはとても静かです流れ星・・・・


次の時間のレッスンをソファーに座って待っているのは若い男の子・・・・・



漫才師の女の子の生徒さんのレッスンが終わって入れ替えで次の若い男の子が入ってくると


男子生徒さん : 「先生大丈夫でしたか?!」


私 : 「えはてなマーク


男子生徒さん : 「警察って・・・」


私 : 「あああああせるあせる


・・・事の成り行きを話して理解していただけました(笑)


確かに、若い女の子が密閉された空間の防音室の中で「警察呼んで!警察!」って・・目汗


なんなら、先生も「警察呼んで!」って言ってるし、上手くできたら褒めてるし(笑)


意味解からなくって、さぞかし恐かったでしょう。


ホントに、その若い男の子に警察呼ばれてたらどうしよう?(笑)て思いましたコスモス




その後、レッスンで今まで警察呼んだ事ってあるぅ?とその男子生徒さんい質問してみました耳


おっとりした性格の男子生徒さんは、少し沈黙で考えた後・・・


男子生徒さん : 「あ・・・有りますぅ・・・」


から始まる話・・・・・京都の実家は少し田舎っぽい感じの所らしく、ある日ドアを開けると


アライグマだか狸だかが家の前に座っていたんだそうです。


優しい男の子生徒さんは、バケツに水をくんで持ってきてあげると水を飲みました・・


どうしても、おっとりしてて優しい生徒さんは自分でどうしたらいいのか解からなくなり・・警察を呼んだと・・


私 : 「へぇ~・・あせるなんか・・・・コメントしにくい話やなぁ・・・・」


その後警察が来て、裏山の方に追いやってくれたとの事・・まぁ・・・この話にオチは無いけど


私は、もう1つ聞いてみる事にしました。


他には、警察を呼んだことあるぅ??


おっとりした性格の男子生徒さんは、さらにもう少し長い沈黙で考えた後・・・


男子生徒さん : 「・・・・・あ・・・少し違いますけど有りますぅ・・・」


私 : 「えッ!?あせる・・あんの??! 次こそ凶悪犯捕まえた話やんなぁ?!!」


男子生徒さん : 「いや・・・その警察呼んだ後、直ぐの話なんですけど・・」



から始まる話・・・・・ドアを開けると、開けた直ぐ前に犬が座っていました。


しかし、その家の玄関のドアのとは長い階段を上がった踊り場


みたいなところに有るドアらしいのです・・・・・


おかしい目汗・・と思い、どっかに追い返そうとしても座ったまま動かない。。。


ドアの前に座っているので、お出掛けもできない・・・・コスモス


たまりかねた男子生徒くんは、


野良犬だけど、階段をのぼる事ができても降りる事が出来ないのかもハチと考え・・


その野良犬を抱きかかえて・・階段を下りて・・そのまま警察署に連れて行ったらしいです目汗



オチは無いけど、2回もそんな事あるんだなぁ・・と思う私は


私 : 「へぇ~・・あせるなんか・・・・それも変な話やな・・・動物界ではその家に行ったら


              何とかなるって噂になっているんじゃない?(笑)」


男子生徒 : 「そうなんですよ!その話をお父さんにしたら、お父さんが霊能力者の人に相談して・・」


私 : 「えええっ!?あせる



男子生徒 : 「その霊能力者の人から小さい、おはらいの札をいっぱいもらってきて、


         柱とかにお父さんペタペタといっぱい貼っていって


          家の中がそのお札だらけになってる時期があって


            超恐かったんですぅ~。」


私 : 「その話、気持ち悪ぅ~ううううううダウンダウンダウン叫び


男子生徒さん : 「ふふふふ」





予想外のオチが付いた、おっとりした生徒さんの話でした(笑)



警察から始まった話でしたが、


話って意外と聞いてみるもんやなぁ~と思いました。



おしまい。







ボイストレーニング乗岡教室  ボイストレーニング乗岡教室 ここがわたくしの教室。クリックするととびます♪

http://www.k3.dion.ne.jp/~voice45   携帯はコチラからどうぞ !!!!