みなさん、こんにちはたいよう

 

昨日のブログでご紹介した、コバソロさんとのコラボ曲

七穂さんの「小さな恋のうた」はチェックいただけましたか?**yumi**ハート

 

 

また、こちらのコバソロさんとのコラボしている

七穂さんの「LOSER/米津玄師」は770万回を超える再生数に伸びていますsei

 

まだチェックしていない方は是非、この機会にチェックしてみてくださいねsei

 

さて、昨日行われていた西尾先生のワークショップですが

早速感想文をご紹介したいと思います目ハート

 

image

 

2017年度1期生 SSWコース 橋本麗蓮(21)

(感想)

いろいろな曲を西尾先生のエピソードに交えて教えて頂き、

とても興味深く、そして分かりやすく理解できたと思います。

曲作りにおいてこんなことが組み込まれているんだ、

こういう風に私たちの感情は作曲家によってデザインされているんだ

という発見がいくつもあって、随分と視野が広がりました。

全ての曲の解説を聴けなかったのが残念ですが、

また次回も参加させてもらいたく、実り多いものを自分の中にインプットしていきたいです。

(今後の課題)

先生が解説したように丁寧に曲作りすることは、

今まで自分の中ではあまりないことでした。

しかし曲を差別化させたりバリエーション豊かな曲調の曲をたくさん作りたいなら、

構造をしっかり練った計算された曲作りが必須だと思いました。

これからは今日学んだ手法を自分のモノにできるよう曲作りの際に実践していこうと思います!

 

 

 

2018年度2期生 SSWコース 住田瑠菜(22)

(感想)

今まで曲を分析したくても方法が分からなかったけれど、

今日西尾先生に教えてもらい、自分でも少し曲の聴き方が変えられると思った。

曲を作るときに使いたいテクニックも教えてもらえてとても勉強になった。

今まではリズムがそんなにも大事だと認識できていなかったから、

これからはちゃんと意識しようと思う。

(今後の課題)

パクリでもいいからコード進行をちゃんとしたものを使って曲作りたいと思う。

色んなテイストの曲を作れるようになりたい。(いい曲を分析できるようになってから)

 

 

 

image

 

2014年度4期生 Sコース 七穂(20)

(感想)

西尾先生のワークショップに参加することも、

作曲についてのレッスンを受けるのも今回が初めてでした。

実際に頂いた曲を変える時や何か違うと思っていても

今までずっと自分の引き出しがないため悩むことが多かったのですが、

そういう場合に使えるヒントをいくつも学べた気がします

曲の聴き方もコードの見方もこれから変わると思います

勉強不足を痛感しました。これからがんばろうと思います。

(今後の課題)

ダイアトニックコードをしっかりと学ぶ。

今回学んだ視点から色々な曲を聴いてみる。

作曲の練習から始めてみる。(元の曲のコードでメロディーを考えるとか、そのアーティストの癖を探す)

 

 

感想文からは、西尾先生が今まで自身で勉強されて培ってきたノウハウが

生徒さん達に惜しみなく伝えられていることがわかると思いますキラキラ。

 

今まで、yuiさんや絢香さん、家入レオさんなどの

作曲やプロデュースを手掛けてきた西尾先生glasses*

今まで様々な現場を経験して、沢山の曲を手掛けてきていますグー

 

一つのアルバムが13曲だとすると、

その倍の数の曲を用意して、アルバムを作成しなければいいものは作れないと仰っていました。

売れ続けるとなると、本当に沢山の曲を生涯作らなくてはなりません。

 

やはり、メジャーで売れることも大変ですが

売れ続けることの大変さは、西尾先生が身をもって体感してきたことであり

だからこそ、売れ続けるアーティストを輩出するために

どうしたら耳に残るいい音楽を作れるのかという、丁寧な作曲の仕方を

西尾先生が3時間以上かけてお教えくださいました。

 

 

みなさんもまずは、日頃のレッスンの音楽理論をしっかり叩き込んで、

カバーを沢山して行っていきましょう金h肉ハート