みなさん、おはようございます!

 



先日、ブログでご紹介しました

ヴォイス出身アーティストyuiさん

ソニーオーディション秘話などなどが大盛況だったため、

本日もyuiさんのお話をご紹介したいと思います!








今日は音楽塾ヴォイスの塾長である

西尾芳彦先生の著書「ヴォイス理論」より

yuiさんYUI語のエピソード&西尾芳彦先生が才能を確信した出来事をご紹介します!

 

 

 

(著書より一部抜粋)

『最初Aメロだけ一緒に歌って、次のBメロをその場で即興で作るというレッスンをしていたんです。
そうしたら、まだギターもあまりできないころだったのに、すごいぴったりと合うメロディを歌いだしたんです。
僕はびっくりしてしまって「今のメロディは、どうしたんだ?」と思わず聞きました。
でもYUI本人は「歌っていてすごく気持ちが良かったけど、一体なんのことですか?」といった感じで、まだ自覚もありませんでした。
今思い返せば、シンガーソングライターとしての片鱗はヴォイスに通い出した当初からあったんです。
そんなある日、レッスン後の廊下か何かでYUIが「すごく好きなシンガーがいる」とアヴリル・ラヴィーンを歌いだしたんです。
今ではいわゆる「YUI語」って言われる適当な英語だったけど、それまでとはまったく違ったロックな声を出して、
それが抜群によかったんです」 かつて聴いたことのない太く、大きな説得力のある声に「コイツは、すごい」と思い、
西尾先生はレッスンに本格的に取り組み始めたそうです!
 
音楽塾ヴォイス福岡校での西尾先生とのレッスンを経て
メジャーデビューのファーストシングル「feel my soul」が
西尾先生プロデュースとして、のちに出来上がりましたきらり
 
2005年にメジャーデビューを果たしたyuiさんハート
今もこうして活躍し続けているのは、
とても素晴らしいことで、ヴォイスとしても本当にうれしい限りです!
 
yuiさんは、今週の金曜日にFLOWER FLOWERとして初出演します!
今から楽しみですね!花