皆さん、こんにちはかお花
 
今日はあいにくの雨ですが、
3月に入りだいぶ気温も上がってきましたねsozai
生徒さんの中にはインフルエンザで欠席の方もまだいますので
気を抜かず、体調管理は徹底して行いましょう!flower*
 
パフォーマンスレッスンに向けて、
皆さん、準備をし始めているころだと思いますが、
今日も引き続き、2月の課題曲の感想文をご紹介いたします!手紙
 
今日は2013年度3期生の鍛冶 愛耶香さですアコギ
 
{E9CF2AE6-3EC3-4125-8357-5E3865BD2B15}
 
2013年度3期生 鍛冶 愛耶香 「Hotel California」

 

「Hotel California」は架空のホテルであり、

一時的に休息をとるため「Hotel California」に泊まった主人公は快適な日々を過ごす。

しかし、墜落した客に嫌気がさしホテルを去ろうとしたときには、

決して出ていくことができなくなってしまうという歌詞の曲です。

 

隠喩、暗喩が非常に多く、

「Hotel California」が何を指しているのか、

聴く人によって変わってくると思います。

 

この曲を選んだ最も大きな理由は、

印象的なギターの旋律を表現したかったからだったものの、

実際に録音してみると自分の技術の至らなさを痛感しました。

 

また、この曲の歌詞を元に書いたstoryも大いにダメ出しをされてしまったので、

ギターの技術を向上させるだけでなく、storyもより一層勉強していきます。

 
 

今回のレコーディングを通して、

曲のストーリーを考える大切さを学んだ鍛冶さんハート

次回はより曲への理解を深めて書かれたストーリーを期待します!
これからも音楽への想いを大切に頑張りましょうね!アコギ
貴重なご感想、ありがとうございました!にこはーと