昨日、大阪市西淀川区で行われた

第5回ボランティアエキスポに

口腔健康指導で参加してきました!

 

 

 

歌うこと、声を出すことが健康につながるので

それをきちんと伝えたくて

最近「口腔健康指導士」の資格を取りました。

 

 

年々、声を出すことが健康につながる

ことが注目されていますが

特に近年急速に注目されているのが

『オーラルフレイル(口腔の衰え)』です。

 

年を取ってくると口まわりの筋肉も衰え

食べ物が噛みにくい、むせる、

声が出しにくい…などの問題が起こってきます。

 

年だから仕方がない、

と放っておくとこれが大問題につながることが

分かってきました。

 

 

どんな問題かというと、

・低栄養で全身の筋力低下、

・噛まないことにより脳への刺激が減り認知機能が低下

・唾液の減少で消化機能の低下

・話しにくくなると自信もなくなり、孤立化しさらに悪循環

・口臭の悪化により人との接触を避けるようになる

・表情が乏しくなり見た目の印象も老ける

 

そして進行が進み、要介護の状態になってしまうのです。

 

ですから、衰えを感じ始めたら

仕方ないと放っておかず、

維持・改善することが必要です。

 

 

その改善方法として最も効果があるのが

なんと!

『歌唱』らしいのです。

 

 

昨日のイベントでは

●あなたの口腔フレイル度チェック

●口腔の健康維持のためのボイストレーニング

 

を行いました。

口腔フレイルの知識を知ってもらい、

その後は一緒に口のウォーミングアップ、

そして歌っていただきました。

 

一緒に歌った後はみなさん良い笑顔♪

私まで楽しい気持ちになり、元気をいただきました。

 

ご参加くださったみなさま、

そして同じブースで参加させてくださった西淀病院のみなさま

ありがとうございました!

 

 

お口の被り物はこの日のためにAmazonでゲット

 

 

 

 

 

【オンラインレッスンチケット制開始のお知らせ】

2024年よりオンラインレッスンはチケット制となりました。

チケット制以外に月謝制でのご利用も可能です。

 

オンライン体験レッスンもあります

zoom(45分) ¥3000

お申し込みはこちら★★★

 

 

 

お問い合わせはこちら★★★

ボーカル教室VOICE OF WONDER HP★★

 

 


 

 

 

みなさま

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

 


あなたは旅行に行く派?

それとも掃除、断捨離、衣替え、など家の片づけ派?

はたまた好きなドラマをどっぷり楽しむ派?

 




私は今年はどこにも行かず仕事派ですウインク

といってもやはりGWなので

レッスンに来られる方も少なく、

副業の子ども英語講師の仕事もお休み。

時間に追われることのないこの幸せを

かみしめています照れ

 

そして昨日、

今年はGWもレッスンをしていて

良かったな、と思う出来事がありました。

 

 

 

5年前くらい前まで教室に通われていた生徒さんが、

昨年秋からレッスンを再開されました。

以前は月2回、こちらの教室に通われていたのですが

今は通うのが難しいということで

『月に一度の声のメンテナンスコース』をオンラインで受講されています。

 

 

都合がつく時だけでも教室で受けたいとおっしゃっていたのですが

なかなか時間が取れずオンラインが続いていました。

それが遂にこのGWに教室に来られることが決まり、

昨日そのレッスンがあったのです。

 

 

いやぁ、直にお顔が見れるってやっぱり嬉しいですね。

毎月zoomでお話しているのに

久しぶりに再会したかのように

しばし近況や以前やった課題曲など)の思い出話に話に花が咲きました。

 

 

そしてレッスンでは普段なかなか

細かく見れていなかった

姿勢や呼吸など、『身体の使い方』を

今回はしっかりチェック。

何度も動きを繰り返し、

呼吸のコントロールが安定していきました。

 

ご本人も最近だんだん息が続かなくなったと気にされていたので、

タイミング的にも良かったです。

 

また歌っている時の体の動きも

今回はよく見えたのでその改善もできました。

またビートの感じ方や音色の変化なども普段よりも

細かなニュアンスまで取り組むことができました。

 

 

 

今回このように細かいニュアンスも

お互い共有できたので

今後オンラインに戻ってもその

感覚が活かされることがあると思います。

 

そしてまたチャンスがあれば

対面レッスンを挟んで…と、

うまく使い分けするのがいいですね。

 

 

 

ご感想いただきました

↓↓↓


 

 

 

 

また今回のケースとは反対に

普段は対面レッスンで

忙しい時はオンラインという生徒さんもおられます。

 

その時々に応じて臨機応変に

対応や変化をしていきたいですね。

なにごとも…

 



それではみなさま、引き続きGW後半も

思い思いの過ごし方でお楽しみください♪

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

【オンラインレッスンチケット制開始のお知らせ】

2024年よりオンラインレッスンはチケット制となりました。

チケット制以外に月謝制でのご利用も可能です。

 

オンライン体験レッスンもあります

zoom(45分) ¥3000

お申し込みはこちら★★★

 

 

 

お問い合わせはこちら★★★

ボーカル教室VOICE OF WONDER HP★★

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマ、

「歌の練習を始める時 まず最初にこれをしています♪」

 

 

さてこれとは一体何だと思いますか?

 

毎回ではなく、

新しい曲に取り組む時に

1回だけすることです。

 

 

それは…

 

「歌詞カードを作ること」です♪

 

 

 

パソコンで入力してA4用紙に印刷しています。

なんだ、そんなことか?

と思った方もいるかもしれません。

 

そうですよね。

めちゃくちゃアナログで地味な作業です。

しかしこれがあなどれないんです。

 

 

まず、自分で入力する(または手書き)するところがミソ。

Googleで歌詞を検索して

それを見ながら入力するだけですが

 

同時に歌詞の言い回しや

言葉のチョイス、空気感など

色々気づいたり、感じたりすること

結構あるのです。

 

 

これがもし元々楽譜についている

歌詞カードだったりすると

歌詞の意味がなんとなく入ってくるくらいで

細かいニュアンスなどは

よーく見ないと感じれないと思います。

 

 

なぜ自分で作ると

いろんな気づきがあるのか…

 

それはひとつは手を動かしているから

ではないかと思っています。

 

 

自分の手を動かして、

自分の目で歌詞を追い、

文脈を考えながら、

 

そして入力しながら同時に

そのストーリーや世界観を

無意識にイメージしているのだと思います。

 

 

 

 

これで下地の完成です。

 

(曲を知っておくことは大前提ですのであえて書いてませんが

歌の練習の前に聴き込んでおくことも歌の練習前の準備に入ります)

 

 

 

 

そしてこの歌詞カードは

作って終わりではありません。

 

これからがさらに大活躍するのです。

(いかに活用できるかが上達のカギ!)

 

そう!

歌う時、気を付けるべきポイントを書き込んで

オリジナルのガイドシートにしていきます。

 

 

 

実はこの歌詞カードを作る重要性は

約3年前に受講したボイストレーナーのための

講座で学びました。

 

それまでは歌詞カードは

いわゆる歌詞を確認するためのものと

捉えていました。

 

もちろん個人的に気をつけることなど

多少書き込むことはありましたが

その先生はより細かな点まで

書き込んで使われていました。

 

そしてそれが完成してから

やっと歌の練習を始めるのです。

 

 

長年CMやステージで活躍されている

プロの方でも、しっかり準備することを

大切にしている。

基本的なことを大事にする心を

改めて気づかされた貴重な体験でした。

 

 

 

 

 

人は忘れる生き物です。

一度聞いても(何度聞いてもてへぺろ
その時は覚えていても

時間が経つと忘れてしまいますよね。

 

書いておけば

それを見て何度も練習できるので

結果身体で覚えて身に付きます。

 

 

 

せっかくレッスンしても

その時だけ理解しても

あと忘れてしまうのは大変もったいないですね。

 

ぜひぜひ、

ご自身が「これポイント!」と思うものは

どんどん書き込んでいってくださいね。

 

 

 

ちなみに、

今日私が作成した歌詞カードは

SUPER BEAVER の「儚くない」と

優里さんの「おにごっこ」です。

 

 

 

 

生徒さんの次回の課題曲ですが

知らない曲なのでまず自分自身練習。

 

特にSUPER BEAVER の曲は初体験です。

歌詞も今まで見たことのない言い回しや世界観。

歌ってみるとどんな感じになるかワクワクします。

 

初めてのアーティストの曲は

曲を掴んで覚えるのに

いつも以上に時間がかかりますが

楽しみながらがんばって練習します爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

【オンラインレッスンチケット制開始のお知らせ】

2024年1月よりオンラインレッスンのチケット制を開始します。

チケット制以外に月謝制でのご利用も可能です。

 

オンライン体験レッスンもあります

zoom(45分) ¥3000

お申し込みはこちら★★★

 

 

 

お問い合わせはこちら★★★

ボーカル教室VOICE OF WONDER HP★★

 

 


 

 

 

 

 

 

前回の記事【避難所で簡単にできる『口の健康を保つ方法』】です。

 

 

 

 

 

 

2024年も早や2月ですね。

(ほんとに「あっ!」と言う間)

 

 

課題曲を決める際、

毎年、年の初めだけは

何か新しいことに

チャレンジする良い機会だと思って

「チャレンジ曲」をご提案していますウインク

チャレンジ曲は全ての生徒さん共通

 

 

 

今年はそのチャレンジ曲として

Creepy Nutsの「のびしろ」という曲を選びました。

 

Creepy Nuts(クリーピーナッツ)は、

R-指定とDJ松永の2人によるヒップホップ・ユニット。

私たちのお年頃になると、

ヒップホップやラップと聞くとちょっと

敬遠しがちですが、この曲は

すごく軽快でノリノリになれます。

知らない人はえ、ヒップホップなの?

と思うくらいポップです。

 

なにせ私が「のびしろ」を初めて聴いたのは

NHKのあさイチでしたから(笑)

 

 

 

決めては、ずはりリズムと滑舌!
ラップはビートをきっちり感じれていないと

かっこよく言葉がのりません。

また、言葉のリズムのはまり、

そして言い回しなど、ラップには

学ぶところ、ためになるところ満載です。

歌詞も理解するにつれ心にぐんぐん染みます。

ご興味あればぜひ聴いてみてください

 

 

さて、曲を決めたにも関わらず

年齢層は50代女性が中心。

きっと歌いたいという方は

少ないだろうな…と内心思っていました。

が、なんと予想に反して

多くの生徒さんが「やってみます」と前向きな反応!

 

 

はじめはみなさん必死(笑)

それは当然です。チャレンジ曲ですから。

 

私自身、曲を覚えるのにかなり時間を要しました。

曲の雰囲気を掴むのに数日、

歌詞をはめるのに数日、

それから歌い込んで力が抜けるのに数日。

この手の曲に慣れていなかったので

一気に出来ないと考え少しずつ取り組みました

 

 

しかしみなさん徐々に感覚を掴んで、

新しいフレーズもどんどん歌えるように

なっていきました。

 

そうなると、果然楽しくなってきます。

 

 

そして1ヵ月が経ちました。

どうでしょう。

出だしのサビはもちろん、

ラップパートも、

次々に展開するところも歌えるようになっています。

しかもいい感じに力も抜けてきました。

 

あんなに先が長いと感じていたのに

遂に!遂にみなさん完走できたのです!

 

おめでとうございます~!!

 

 

 

生徒さんの感想です。

「自分では絶対選ばなかった曲」

 

「自分がこんな曲を歌えるようになるとは思わなかった」

 

「歌えるようになると楽しい」

 

「やって良かった」


 

 

 

誰でも

いつでも

 

のびしろしかない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【オンラインレッスンチケット制開始のお知らせ】

2024年1月よりオンラインレッスンのチケット制を開始します。

チケット制以外に月謝制でのご利用も可能です。

 

オンライン体験レッスンもあります

zoom(45分) ¥3000

お申し込みはこちら★★★

 

 

 

お問い合わせはこちら★★★

ボーカル教室VOICE OF WONDER HP★★

 

 


 

 

 

 

 

 

前回の記事【避難所で簡単にできる『口の健康を保つ方法』】です。

 
人前で歌うことが得意という人はあまりいないと思います。
人前で話すことさえ恥ずかしいのに、
歌うなんて!当然と言えば当然です。


レッスンに通われる多くの方が
歌が上手くなりたいというのはもちろん、
人前で上手く歌えるようになりたい、と言われます。
 
 
さて、
歌が上手くなるためには
発声トレーニングや歌の練習をしますね。
 
多くの方が、歌が上手く歌えるようになれば
おのずと人前でも上手く歌えるようになる、
と思いがちですが、
果たしてそうでしょうか。
 
 
残念ながら答えはNOです。

もちろん、トレーニングしていない時と比べれば
ある程度上手く歌えるようになっていると思います。
 
しかし、練習ではもっと上手く歌えていたはずなのに
人前に出ると、緊張して体が固まり、
呼吸が浅くなり、表情も硬くなる。
 
最悪の場合は頭は真っ白に。
 
人前で声のコントロールをすることは非常に難しいです。
 
 
では、どうすれば良いのでしょうか。
 
まず、自分ひとりの時に、
『これくらい歌えるようになりたい』と思える状態まで
自主練習やトレーニングなどで
歌えるようになっておくことが大前提です。

そして、肝心の人前で歌えるようになるには
そのための練習をするのです。
すなわち、『人前で歌う』ことです。
『習う』より『慣れろ』ですね。
 
人前で歌えないのに、できない~
と思うかもしれませんが、
最初はハードルを低くして、
家族や気の置けない友人に頼んで
月に一度付き合ってもらうとか…
 
それも嫌なら、
まず鏡に向かって歌ってみる。
ペットに聴いてもらう…
から始めてもいいですね。
 
そして、慣れることが必要な理由は
『意識』の問題でもあります。
どうしても上手に歌わないと、
とか、ちゃんと歌わないと、
と思ってしまうから、緊張して声が詰まってしまうのです。
 
ですから、人前で歌うと同時に
『ちゃんと歌おうと思わない』
『ひとりで歌っている時のように自然体で』
という意識も習慣にしていきましょう。
 
大抵3回くらい続けると
苦手意識が減り、かなり歌いやすくなると思います。
 
 
『習う』より『慣れろ』ウインク
 
 
 
 
 
【会員様限定イベントのお知らせ】
(過去にレッスン受講された方もご参加できます)
         ↓↓↓
 

 

 

 

 

 

【オンラインレッスンチケット制開始のお知らせ】

2024年1月よりオンラインレッスンのチケット制を開始します。

チケット制以外に月謝制でのご利用も可能です。

 

オンライン体験レッスンもあります

zoom(45分) ¥3000

お申し込みはこちら★★★

 

 

 

お問い合わせはこちら★★★

ボーカル教室VOICE OF WONDER HP★★