信じ頼ってみること―信頼

テーマ:

専門医から「治らない」と言われた

病気を克服し



長い間の被虐体験によって

岩のように固く縮こまった心身を開放し



心の自由を桁外れなスピードで

広げていかれたことは



その都度、適切な人の 適切な助けを

求めたことで実現しました。



こんにちは(^-^)


声楽家、メンタルカウンセラーの

みすぎ絹江です。


*☆*:;;;:*☆*:;;;:





既にその経験を経てきた人には

悩み迷う人が、どの道筋を通って

回復に向かうのかを

明らかに見ることができます。


たとえ、その経験の内容が

ピタッと同じでなかったとしても。



どうしてかと言うと


人が心の自由を失っている時

陥っている心の状況は

驚くほど同じだから。






人の力を借りよう!

頼ってみよう!

訪ねていってみよう!

会ってみよう!




そう心が決まったのは

なんと、昨年の11月のことなんです!!


それから8ヶ月、自分でも信じられないような

猛スピードで

私は、変わってゆきました。





それまでの私は



人に頼らず

自分の苦しみを人にさとられることなく

何とか自分で解決したい!!



という思いに捕らわれていました。




そう思い、念じ、頑張り続けた日々の


なんと辛かったこと


なんと孤独だったこと


そして、報われなかったこと(ノ_-。)






適切な人の力を借りる、という選択肢を

なぜ選ばなかったのか?



それは、その選択肢自体を

持っていなかったからです。





人に頼ることは悪いこと



敗北を認めたこと



それをしちゃあ、おしまいよ



と思っていました(笑)






要するに私は長い長い間


人を信じることが

できなかったのです。



ほぼ50年間…!!!(;゚Д゚)





今になるとわかります。



何より辛かったのは


人間を信じられないことだったのだ、と。


もちろん、信じられない人間の筆頭は


私自身であったことも。


その本当の辛さが理解できたのは

人を信じることを知ってから・・・


という奇妙な真実があります。



人は、その苦しみを乗り越え

解決して初めて


それまでの自分が

どれほど苦しかったのかに気づく。



それは、解放された心が


自由の素晴らしさを


生きていくことの心地よさを


感じることができるようになるから。



心地よさを知らない心は


苦しみに気づけないのです!





私の抱えてきた病気や

悩みや

苦しみ

すべての煩いは



人を信じ

頼ることを知らなかったことから

発していたのだ、と


そんなことにも思い至りました。






必要な時には

人に頼ってください。



信じてみる、という冒険に

出てみてください。


頼る相手は

私じゃなくてもいいです。


そういう選択肢を

誰もが与えられているのだ

という真実に目覚めると


それだけで、その分心は

広がったことになります。


もし、あなたが、この記事を読んで

私を信じ、頼ってみようか?

と思ってくれれば

私は、それはそれは

嬉しい気持ちで

お応えすることができます。




8月末日までの期間限定セッション


【二人でお茶を―Tea for Two】


私 みすぎ絹江と 初対面の方、限定


1時間半、対面でお茶を飲みながら

お話を聴き、あなたのために

私に何ができるかを具体的に

お伝えします。


この1回きりで完結ですので

その後のセッションをお受けになるかどうかは

どうぞご自由にご判断ください。


日時・場所:ご相談の上、お約束します

        都内ホテルラウンジ、カフェなど

             

セッション料:5,000円+税/1時間半

    ※ お茶は割り勘で(^▽^;)お願いします。


お申込み・お問合せは

件名「二人でお茶を」として

silky_misughi@hotmail.com まで

お願いいたします。