「龍が如く七」の御紹介 その13 | 「龍が如く7じゃなかったもの」広報

「龍が如く7じゃなかったもの」広報

サイト「龍が如く7じゃなかったもの」では、ゲーム化できるレベルに「龍が如く」の世界観そのままの二次創作脚本を公開中です。
当ブログはそのサイトの広報、および脚本へのコメント欄として運営されております<(_ _)>

サイト「龍が如く7じゃなかったもの」では、
拙作の脚本、「龍が如く七 再生者たち」を
公開しております。



そこから本日ご紹介するのは、

最終章 決着
   (https://www.gussan-nijyumaru.com/cont3/22.html

です。





リクソンから課せられるミッションを
クリアした東城は、
とうとう東都大病院の屋上へと呼び出される。
一方、夏目はリクソンの要求どおり、
ミレニアムタワーの屋上へと向かった。
そんな中、
神室町ヒルズに爆弾が仕掛けられていることを
知らされた秋山は、
伊達、真島、冴島らと共に急行することに。



果たしてリクソンの本意とは?
東城の宿敵たる男の真意とは?
そして、いよいよ明かされる「黒幕」とは
一体何者なのか――。





以上が、「最終章 決着」のあらすじです。



とうとう大詰めですよ!!
広げに広げた話を
一気にまとめてまいります!
真島の兄さんやら冴島やら、

オールスター総出で大活躍します!

そして明かされる数々の謎!
いよいよ姿を現す黒幕!
その黒幕と一騎打ちする桐生ちゃん!
もちろん覆面はつけてません!
(前章のミッション中に破れたんで!)



ただ、「オールスター」と銘打ってますが

実は谷村が一切出てこないんですよね……。

「4」で主役張ってんだから

普通に考えて出すべきなんでしょうが、

マジで使いどころなかった……。

だって「警察関係者」は伊達さんがいるし……。

 

 

 

また、当初は「5」の馬場ちゃんが

出る予定でしたが、

作品として必要ないシーンを切った結果、

出番なくなりました……。

かと言って「冴島組若衆A」の位置に

馬場ちゃんを置くのは、

いくら何でも役不足すぎるので……。

馬場ちゃん好きなのに……ごめんよ……。

 

 

 

あと、もし出せるもんなら

林も出すべきだったのでしょうが、

実は林は

真島にスカウトされて

「OF THE END」に出演している

ということになってるので、

ある意味では出演してます。

この脚本内において

「OF THE END」と「維新」は

ゲーム会社「MAzMA」(マズィーマ)

製作したことになっており、

そのゲーム自体がストーリーに

「出演」しているので。

 

 

 

……あっ!

そういう意味では馬場ちゃんも出演してるな!

ならいいか!

(谷村はほんまごめんな!w)

 

 

 

では、どうぞお楽しみくださいませ<(_ _)>





次回の御紹介は「終幕」です。

 

 

 

 

 

       >> 次ページ 【「龍が如く七」の御紹介 その14】

 

 

 

 

 

※あらすじを最初から読みたいと思ってくださった方は
   【 「龍が如く七」の御紹介 その1 】
↑の文字をクリックなさってくださいませ。
誠にありがとうございます<(_ _)>