菅直人副総理兼財務相は28日の閣議後会見で、6月4~5日に韓国・釜山で開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議について、「ギリシャの財政危機に端を発した欧州の(信用不安)問題が大きな議題になる。金融規制改革や(ユーロ安など)為替の問題も議論の中心になると予想している」と述べ、市場安定化の取り組みが主要議題になるとの見通しを示した。
 さらに、菅財務相は「G20ではリーマン・ショック以降の経済動向を確認しながら、(金融危機後の非常時の財政金融政策を正常に戻す)出口戦略など、その後の展開についての議論もある」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
【特集】ギリシャ債務危機現地リポート~債務危機 そこに生きる人々~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

江本氏の比例公認決定=国民新(時事通信)
少し「不良」の方が長寿? ヒケツは「笑い」と「乳酸菌」(J-CASTニュース)
史上最年少・小6プロ囲碁棋士、ほろ苦デビュー(読売新聞)
ワクチン接種、25日にも完了=家畜処分地「国も費用負担を」(時事通信)
補修工事の社長書類送検=女性重傷、ビル壁崩落―警視庁(時事通信)
AD
 医療法人「徳洲会」は17日、宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)で、3月3日に病気腎移植手術を受けた福岡県の50代男性が今月16日に死亡したと発表した。
 死因は不整脈とみられる。男性は移植後2回拒絶反応を起こしていたが、移植と死因との関係は不明という。徳洲会は「今後も臨床研究を続けていく」としている。 

【関連ニュース】
病気腎移植3年半ぶり再開=徳洲会病院、臨床研究で

廃棄物不法輸出未遂で初摘発=リサイクル業者を再逮捕-大阪府警(時事通信)
<トヨタ社長>「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)
大阪・平野で不審火(産経新聞)
口蹄疫で対策本部…牛殺処分徹底・農家支援など(読売新聞)
<振り落とし殺人>2容疑者を逮捕 京都府警(毎日新聞)
 捕鯨の様子を隠し撮りするなどして波紋を広げた映画「ザ・コーブ」の舞台となったのが、400年以上のクジラ漁の歴史を持つ和歌山県太地町だ。その太地町の住民を対象に、毛髪中のメチル水銀濃度を調べる調査が初めて行われ、その結果が発表された。

 それによると、クジラを食べない他の地域と比べて、太地町住民の毛髪には、平均して4倍以上の水銀が含まれていることが明らかになった。だが、調査を行った研究機関では「病的な疑義は低いのではないかと考えられた」と説明している。

■ハクジラ類はメチル水銀蓄積が多い?

 国際的な非難を浴びている「調査捕鯨」は、ミンククジラやシロナガスクジラなどの、大型の「ヒゲクジラ類」が中心だが、太地町で行っている沿岸捕鯨は、イルカや、マッコウクジラなどの小型の「ハクジラ類」が対象だ。ヒゲクジラ類はオキアミやプランクトンを主に食べるのに対し、ハクジラ類が食べるのは魚類。ハクジラ類は、魚類に蓄積されたメチル水銀を体内の取り込んでしまうこともあり、「ザ・コーブ」でも、イルカ肉に含まれる水銀濃度の高さについて問題視している。

 調査は国立水俣病総合研究センター(国水研)が、太地町から依頼される形で実施。09年6月~8月(夏季)と10年2月(冬季)の2回にわたって、延べ1137人から毛髪を採取して分析した。その結果、夏季調査での男性のメチル水銀濃度の平均値は11.0ppmで、女性は6.63ppm。国水研が00年から04年にかけて全国14地域で行った調査では、男性の平均値が2.47ppm、女性が1.64ppmだったので、単純に割り算をしただけでも、太地町の町民の水銀濃度は、全国平均と比べて男性は4.5倍で、女性は4.0倍だということになる。

■「問題なし」としているわけではない

 WHOが1990年に発表した調査報告によると、50ppmという数値が、神経症状が出る可能性がある下限値だとされる。調査対象者の3.1%にあたる32人が、この数値を超えていた。

 前出の全国調査では、男性の水銀濃度が高い方から並べて5%にあたる数値が7.2ppmだった。今回の調査でも、165人の毛髪から7.2ppm以上が検出され、そのうち同意を得られた人に対しては、専門医が運動機能などを測定し、診断を行った。

 その結果、国水研が出した結論は、

  「太地町住民の毛髪水銀濃度は、国内14地域と比べると顕著に高く、それがクジラやイルカの摂取と関連することが示唆された。しかし、今回の健康調査の範囲内では、メチル水銀中毒の可能性を疑わせる者は認められなかった」

 というもの。いわば、「クジラやイルカを多く食べている分、水銀濃度が明らかに高いが、実害は出ていない」といったところだ。

 ただし、前出のWHOの報告によると、妊娠している女性の毛髪水銀値が10~20ppmの場合でも、胎児に障害が表れる危険性が5%あるとされる。今回の調査結果では、調査対象者に妊娠している女性が含まれているかどうかは明らかにされていない。

 国水研でも、決して「問題なし」としている訳ではないようで、

  「毛髪水銀濃度の非常に高い者を認めるため、健康影響の調査の継続が必要」

と、継続的に調査が必要だとの立場だ。


■関連記事
イルカ漁の町で「水銀検査」 米「隠し撮り映画」がきっかけ? : 2009/10/19
「隠し撮り」アカデミー賞映画ベースに 「反イルカ漁」テレビ番組も決定? : 2010/03/09
クジラ在庫 「ダブつき」の真相 : 2006/09/14
捜査一課最後のデカ「落としの金七」を知っているか? : 2010/05/06
<できコツ36>「出る杭」でも打たれない人間関係を作ろう : 2010/02/23

もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
中韓、日本近海で行動活発化 鈍い官邸につけ込む(産経新聞)
「首相発言軽すぎる」=普天間未決着なら進退問う-改革・舛添氏(時事通信)
【from Editor】そんな組織は解散すべし(産経新聞)
演奏家宅からコントラバスなど5300万円相当盗まれる 東京・三鷹(産経新聞)