心と身体の方向性 | フラワーエッセンスマスター講座 ショップ店主の効果的な選び方・使い方のヒント

フラワーエッセンスマスター講座 ショップ店主の効果的な選び方・使い方のヒント

オンラインショップ店主が綴るフラワーエッセンスマスター講座。
大自然の恵みフラワーエッセンス。
自分で選んで、自分に追い風をおこしてみませんか?
フラワーエッセンス通販:Vivra Vivre(ビブラ ビブレ)

ありがとうございますヒマワリ みゆきです。

ムスコを保育園に送った足で、かかりつけの鍼灸院へ行ってきました。
ここ数日、坐骨神経痛がひどくて…汗


以前紹介した野見山さん によると、坐骨神経痛はお尻の奥の方で、お尻を横切るようなカタチにある梨状筋が緊張して、そのそばを通る太い神経を圧迫することで太もも、ふくらはぎのピリピリするような痛みが起こりやすくなるそうです。


はい、ここでまた身体と心のつながり。


梨状筋の緊張は、脚が外転・外旋することで起こりやすくなります。


いわゆる、ガニ股ってヤツ。


ガニ股のときの心境としては、肩こりを引き起こすような 緊張感はありません。


身体が外向きのときは、心も外を向いてるんです。

本来は、リラックスしてるはず…



ですが、外に向かって緊張するときっていうのも存在します。



例えば…


何かを始めるとき。

いわゆるスタート前、スタートダッシュの状況。



こんな暑い日にナンですが、スピードスケートのスタート前・スタート直後のポーズを思い出してみてください。



坐骨神経痛になりやすいときの状況ってあんな感じです。



思わず隠れたくなるような内に向く緊張とはまったく逆。

意識も身体も外に向いて緊張している状況です。



このところ、記事には書ききれないほどたくさんのことが毎日起こってます。

あんなに、ショップ作業が滞って悩んでいたのが嘘のように、色んなことが流れ始めてます。

まさに、スタート直後の状況。

さすがに、あそこまで露骨にガニ股にはなりませんが…(汗)

少し落ち着いて自分のためだけの時間を取ろうかな?




身体のコリは、心のコリ。

ストレッチしても、マッサージに行っても、なかなか抜けないの!というときには、「心」からアプローチしてみるのも方法です。