ミュージカル「エリザベート」を観ました。

 

古川雄大さんが、いつか「エリザベート」で演じたい、と密かに思っていたという黄泉の帝王トート役。

 

他にもトートを演じたいとおっしゃる役者さんがいらっしゃいますが、私自身は、それほどトートに魅力を感じていなかったので、どうしてかな~、と、あまり盛り上がることもなく迎えた今日の初日。

 

いやあ、納得しました!

 

これまでそれほど多くのトートを見たわけではありませんが、わたしが今まで見たことのない、とても感情豊かなトートがいました!

良く死ぬために良く生きる、に通じるというか。。。。。


「死」でありながら、エリザベートを愛してしまう、そこには感情があるにもかかわらず、無意識のうちに死=無感情、無表情と思い込んでいたのかもしれません。

 

今回の井上芳雄さんのトートを見ていないので、どこまでが演出なのか、彼のオリジナルなのかはわかりませんが、とにかく表情豊か!

冷笑や鋭い目つきだけでなく、優しい笑みをたたえたり、セリフを発していないときの表情やしぐさも見逃せませんでした。

 

シシィに振られて照れ隠しに髪の毛をいじる古川トート。 

シシィに振られてスタスタはける古川トート。

どれも良かった~!

 

カーテンコールであんなにもにこやかな古川さんを見た記憶がありません。

トートという役を楽しんでいるのだなあ、と感じました。

 

いやあ、しかし、こんなことを言ったら元も子もないのですが、古川トートはとにかく美しぎる!

ラスト、白い衣装で登場した時には、その美しさに二階席から思わず笑っちゃいましたよ~~~。

 

美は正義なり!

 

再度登板の成河さん!

初っぱなから場を完全に支配する成河ルキーニでした。

前回とはまた別物!

 

今回から出演の愛希れいかさん!

ちゃぴシシィ、来てくれてありがとう!の気持ちでいっぱいです。

力強く、地声と裏声の境目がなく、ストレスなく聞ける幸せ。

 

8月までの三カ月、どんな進化がみられるのか楽しみです!

 

 舞台映像ダイジェスト

 

はげみになります。おもしろかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村